■ベーシックとアドバンス

譜面種別___basic

BASIC譜面は主に初心者~初級者をターゲットに構成してみました。
細かな装飾音や技法は記譜せずに、曲の基本メロディーをしっかりと練習してもらうことを第一目標としています。
YOUTUBEにアップロードされた演奏をきいて練習してみてくださいね。
曲のサイズは原曲と同じですので、カラオケボックスで選曲していただけ一緒に演奏できますよ。

に付随したスケールの練習エチュードやワンポイントレッスンが付属します。
譜面概要1譜面概要2

曲譜面は色付き譜面モノクロ譜面の二種類同梱しています。
譜面概要3

色付き譜面

の譜面では変化音の音符を着色してありますので、カラープリンタで出力してもらうと変化音が一目でわかります!!
難しい調性の楽曲もこの譜面で間違わないように練習してくださいね。

またあえてダイナミクス記号や(「f」や「pp」等)クレシェンド・デクレシェンドは記入しませんでした、曲のダイナミクスは譜面に指示されていると結構足かせになり、結局無視して吹いてしまう人が多いからなんです・・
で、ここで一努力!!YOUTUBEにアップロードされた演奏をきいて自身で気づいたところに書き込みをしてください。
自分で聞きながら書き込むこの作業は非常に重要で、今後装飾技法を学ぶまでに
聞く耳」を作る重要な行程となりますからね。さらにいえば「自分はここはこうしてみよう!!」ってのも有りです。
一番ダメなのは「なにも考えないで思いつきで吹くこと」ですから、計画的に!!
更にいうと例えば四分音符の中でクレシェンドしているところも有りますので、
気付き」をどんどん書き込んで譜面を汚してください!!
「サックスの演奏は北島三郎さんのダイナミクスを意識してみよう!!」ですかね 笑

た譜面は一番・二番・・と全く同じ演奏をするわけではないので、繰り返し記号は使わずに
最初から最後まで連続した譜面にしています。市販の譜面だとページ数の関係でこんな事はできないのですが、
そこは気にしなくて良いので、同じメロディーが一番と二番で変化している部分も注意深く観察してください。
これもゆくゆく必要となるメロディフェイクの指針となると思っています。

モノクロ譜面

付き譜面で演奏できるようになったら、今度は普通の譜面で吹いて見ましょう。
間違えやすいところは蛍光ペンなどで目立たせるなど工夫してください。
譜面は書き込みで汚してもいいですけど、くれぐれも ド とか レ とか階名は書いたらだめですよ!! 笑

区切り線

 

譜面種別___ADVANCE

準備中

サックス奏者 藤本匡光がお贈りする、サックス・エアロフォン情報ブログとナンヤカンヤ雑多なページです。