サックス譜面種別 曲集

■「一曲集中!!」

曲集

在では様々な曲集が販売されていますよね、皆さんも何冊かは買ったことがあると思います。

楽器を初めて間がない頃は曲集を吹くにも大変だと思いますが、ある程度楽器が吹けるようになってくると、曲集をパラパラと吹き通して終わりになってしまう事が多くなってませんか?

曲集のメリットは沢山の曲が入っていることですが、逆に本当に練習したくなる曲が少なくて、結果的に数曲吹いて本棚に眠ってしまうことが多いようです。

また、曲集では難しい調 たとえば#7つとかは転調して簡単な調に変更されていたりするため調の偏りができてしまうこともあります。
#7個や#4個ばかりの曲集は、皆さん敬遠して買いませんからね 笑

「一曲集中!!」

の譜面シリーズをつくるキッカケは、レッスンを20年近くしている中で、楽器を始めた人の練習スパイラルを楽しく解決できればとの思いがあります。

楽器を始めた初期段階は、とにかく音をだすことも精一杯で、ロングトーン・タンギング・・と、基礎練習に時間を割かなければなりません。でもこの時期はほんとに楽しいものですよね!

次の段階は、ある程度音もでるようになり、簡単な曲を練習し始めます。頭では「こうしたい!!」と思っていても、まだまだ楽器が言うことをきいてくれません、まさにじゃじゃ馬な状態です。

ようやく全音域がでるようになり、曲集などにチャレンジします。
曲を吹くことがこんなに楽しいんだと
気づきます。曲集の好きな曲を練習して、レパートリーも増えていきます。

楽器暦も長くなってくると、簡単な曲はすぐに吹けるようになります、
しかしイマイチ上手く吹けない・・・頭で想像しているサックスの演奏にならない・・基礎が足りていないのでは・・・どうやって練習すれば・・・

 

こで、ある程度楽しみながら基礎力も上げてもらうために、この「一曲集中!!」シリーズをはじめるに至りました。

題材の曲を練習するにあたり、必要なテクニック・練習メニュー・ワンポイントアドバイス・ノーマル譜面・変化音色つき譜面等をセットにしてみました。
音源は私自身が演奏したものをyoutubeで公開していますので、それを参考に練習していただければと思います。また通常譜面は繰り返し記号で一番・二番・・・と同じところを演奏しますが、この譜面は実際に演奏している流れで譜面を作っていますので、繰り返し記号は使っていません、ですから同じメロディーがどう変化していくのか参考にしていただければと思います。
譜面概要1譜面概要2譜面概要3
た譜面には同じ曲に「BASIC」と「ADVANCE」が御座います。
詳しくは「ベーシックとアドバンスとは」をご覧ください。

サックス奏者 藤本匡光がお贈りする、サックス・エアロフォン情報ブログとナンヤカンヤ雑多なページです。