平均律と純正律

レッスンをしているときに、純正律の話になったんだけど、
純正律は、もともとピタゴラス音律での周波数決定方法に基づいた
響き・・というか、細かい説明は難しい。

昔の理論書では、5度圏の説明が螺旋状になってて、ある基音(ド)から
音を重ねていって、12番目に来るオクターブ上の基音(・ド)は、元の基音の
周波数の2倍よりも若干高くなると説明されてたような。
ピタゴラスのコンマと言われてたと思う。

まあ ややこしい説明はやめよ 笑
純正律は、音の響きを最優先とした音律 とでも簡単に言いますね 笑

よく、平均律と純正律で比べられるのが
ルートと長3度 の響き です。いわいる ド と ミ の関係です。

早速、聞いてみましょうか。ちょっと長めに鳴らすので、静かなところでスピーカーで聞いてくださいね・・・
ってなかなかそんな環境で聞けないよね 🙁
聴覚検査みたいな音ですけど 笑

  1. まず基音として 440hz A音 がなります。
  2. 次に、平均律で長3度上の 554.357Hz  C# を鳴らしてみます。(※小数点第4位以下四捨五入)
  3. 変わって、純正律 で 550Hz  C# を鳴らしてみます。
  4. 最後は平均律と純正律のC#を「これくらいずれているんだ」的に、一緒にならしてみます。


わかりましたかね?? 純正律で長3度を鳴らした時は、あまり濁りを感じなかったのではないでしょうか。

「響きがいいなら、平均律より純正律がいいやん」と思いますよね。
ところが純正律で「転調」を作ったとすると、新たな基音に対しての、響き重視の音列を
再形成しなければならなくなります。
平均律のピアノで説明するのも変だけど、純正律に対応させようとピアノを作ったなら、例えばCの鍵盤だけでも
数えきれない鍵盤が必要になります。

今日の話は、まあネタとして程度でいいですよ 笑
サックス教室 フイテマス 藤本匡光

お気軽にコメントをどうぞ!!