『ブランドイメージ崩れるからだめ~~』

寝言

年相応ってなんやろ…とか、特に服など身につけるものを選ぶ際に、引き出しの少ないわたしとしてはネットで検索してみるんやけど、たとえば『50代のパンツ』などと調べると、メンズファッション雑誌のカッコいい外国人が華麗にパンツをはいたサイトがヒットするわけで…

んなもん、かっちょええ外国人モデルが穿いてるパンツを、ワシみたいに日本人の太ったおっさんが穿くのでは全然ちゃうやろがぃっっっ!!!!!! と、悲しい心の叫びをあげるわけでして

まあ最近ではコロナ禍でふとっちゃった『おデブデビュー』のひとが増えたせいか、ファッション業界でも大きなサイズ人口を無視できなくなったようで、各所で『ぽっちゃり男子のファッション特集』とか、単刀直入に『デブのおしゃれ』みたいな記事をよく見るようになった。

でも、昔とある人気ブランド(そこは大きなサイズは作っていない)のデザイナーに『大きいサイズも作ってよ~~』って言ったら『ブランドイメージ崩れるからだめ~~』って言われた笑 正直なところどこのブランドも本音はそうだよね笑 でもオウチ時間が増えてフアッション業界も苦境が続いているらしいので、ぽっちゃりユーザーも無視できなくなってきたのかもしれん。まあ、それは個人的には大歓迎やけどな笑

靴なんかは身体が太ってても、特段足のサイズが大きくなるわけ違うので、普通の人とは何ら変わらずに選べるけど、ジャケットなんかはあるサイズ以上は追加料金がかかったりするんですよね。『そら、生地余計に使うから自業自得やろっっっ』はい、そのとおりだと思います笑 生地の追加料金とかは金額にしたらそれほどではないので『デブ税』として納得して支払うことにも慣れてますけど、たとえば時計のブレスベルトなんかは太ってて手首が太いと、デフォルトのコマ数+追加コマが必要で数万円単位で余計に支払いが必要になる場合もあります…さすがにそれは金額的に激痛を伴います笑
結局は出費的にも・健康的にもある程度痩せたほうがええに決まっとるわな…


ついでやからココ1年の私のダイエットの成果を発表する

トップへ戻る
テキストのコピーはできません悪しからず・・
タイトルとURLをコピーしました