テナーサックス オットーリンク

サックスマウスピースにも当りとはずれが・・

ある程度サックスを経験されている方はご存知だとおもいますが、
サックスのマウスピースにも当り・はずれ があります。

ただここには非常に興味深い傾向もあったりします。。
そこがまた選定のむずかしい所なんですが。。。

一時一世風靡した デュコフ のマウスピースを例にとりますと、
現状ではなかなか アタリ に出会うことは少なくなってます。
僕自身もディコフは何本も買っていた時代がありますが、いま思えば
アタリ ではなかったと思います。

なぜ アタリ ではなかったか・・・ 結局アタリを吹いた事が
無かったので、アタリが分からなかったわけです。。

あるときにディコフを使っていた某海外のサックス奏者の方に
「俺のデュコフは凄くいいんだよーー 吹いて見たいかー?」と
言われて、うんうんうんうんうんうん 吹きたい!! といって
吹かせていただきました。
吹いてみた瞬間びっくりしました。。。

自分の思っていたデュコフ像とは全くの
別物で、息の入りといい 音色といい 素晴らしいマウスピースでした。

そして本人に話を聞いてみると、やはり凄く沢山のデュコフを試したけど
これ以上のものは今まで出会っていない。。といってました。
冗談で「売ってよ~」っていったら「$1000でもうらないよー」って・・
まあほんとに$1000現金渡したら多分彼は売っていたとおもうけど 笑
でもそれくらいレアなんだと思います。

でもね でもね そのマウスピースの作りは、見た目は左右対称ではなく 見るからに
左右ズレてたんですよね。。。でもめっちゃいい。。。

実際にビンテージと呼ばれるデュコフは高値で取引されていますよね、
昔のデュコフには 鉛 が入っていたりするわけで・・体には良くない・・
けど音色はいい・・・音色的に素材として鉛はいいらしいけど、現在の法律では製造できないし。。。
アタリ ハズレ の差が大きい有名メーカーとしては
メタルでは デュコフ オットーリンク が代表的だと思います。
しかし愛用者の多いのも事実です。
つくりが粗い ということは裏を返すと 一本一本の個性が強い・・
と考える事も出来なくはないわけで??。
困った話です・・・・。。。

某日本メーカーのメタルマウスピースは非常に精度が高く、
ほとんど吹き比べて見てもスゴイハズレ はありません。

設計制度・工作機械精度の高さ と 出荷時の検品の
厳しさ がそうさせているのでしょうね。

しかしそれがいいのか悪いのか どのマウスピースも横並びで個性が出にくい という評判にも繋がっています。。
この相反した理屈があるので 結局吹き比べて選ばないと
その人に合ったマウスピースを選べない。。わけですね。。
———————————
今まで自分がマウスピース選びで得たこと
他人のマウスピースはよく聞こえる!!
マウスピースが悪いのか、自分の対応能力がないのか考えなきゃ。。
(後の祭り なんだけどね w)
試奏して「全然今までとちがうーー」ってすぐ「これくださいー」は駄目。。
そりゃ・・今使ってるのと別の種類のマウスピースやねんから・・
全然ちゃんうよ。。
以上全部僕の失敗談です。。。
———————————

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

お気軽にコメントをどうぞ!!