サックス教室 音楽理論 鍵盤図

コードネームの理解への道 5 実践編 2

さて前回まではルート音は全て C で考えてきました。
今回はルート音を別の音で考えて見ましょう。

基本は前回までのルート音 C の考え方なので、しっかり
理解したうえで、今回の章を読んでください。

では実際に見てみましょう。

border

まず CM7 コードで復習してみましょう。

CM7

見えない枠組みを書いてみますよ。

C
M7

ということなので、3 5 テンション は書かれてません。

書かれて無いということは

C
P5
無し
M3
M7

ということで C と E と G と B が入ってるということに
なります。

こういうことになりますね。

border

では ルート音 を D にして

DM7

ならどうしましょうか?

まず見えない枠組みを書いてみますよ。

D
M7

ということなので、3 5 テンション は書かれてません。

書かれて無いということは

D
P5
無し
M3
M7

要するに ルート音 が変わった以外は全て同じですよね、
ルート音 が変わったということは

D から見た Major 3rd の音

D から見た Perfect 5th の音

D から見た Major 7th の音

になるわけです。

では D から見た・・・を考えなければならないですよね。
例えば D から見た Major 3rd は Dから 半音で4つ上だから・・・・
とか 考えても勿論答えはわかりますが、合理的ではありませんよね。。

そこで D からの ドレミファソラシド の音階(メジャースケール)を考えます。

Major 3rd は ルート音 から距離でいうとメジャースケールでは3番目「ミ」の位置に着ますよね。
ルート音 を ド として考えると、すべての調のメジャースケールを ドレミ・・・と考えればすぐにわかります。

ド = C と考えるのではなく ここでは D からのメジャースケール(ドレミファソラシド)を考えるので
今回は D を ド として考える考え方です。これを 移動ド(唱法) といいます。

border
最初に先ほどの C を ド としてピアノの鍵盤では

border
次に D を ド としてピアノの鍵盤を考えると

となります。

こう考えると

DM7    は

D から見た Major 3rd の音  → F#

D から見た Perfect 5th の音  → A

D から見た Major 7th の音  → C#

となりますよね、これで構成音がわかりました。

各キーのメジャースケールを覚えることで、そのキーの ドレミファソラシド が
分かれば 前に話した下記のことを適応すればいいわけです。

任意のキーで ドレミ・・・を考えた場合

ド  と ド    P1

ド  と レ    M2

ド  と ミ     M3

ド  と ファ   P4

ド  と ソ    P5

ド  と ラ    M6

ド  と シ    M7

ド  と オクターブ上のド  P8

ですから ルート音 をまず ド としてメジャースケールを考える
度数は簡単に考えることが出来ます。

調
ファ
度数
P1
M2
M3
P4
P5
M6
M7
P8
C
C
D
E
F
G
A
B
C
C#
C#
D#
F(E#)
F#
G#
A#
C(B#)
C#
D
D
E
F#
G
A
B
C#
D
Eb
Eb
F
G
Ab
Bb
C
D
Eb
E
E
F#
G#
A
B
C#
D#
E
F
F
G
A
Bb
C
D
E
F
F#
F#
G#
A#
B
C#
D#
F(E#)
F#
G
G
A
B
C
D
E
F#
G
Ab
Ab
Bb
C
Db
Eb
F
G
Ab
A
A
B
C#
D
E
F#
G#
A
Bb
Bb
C
D
Eb
F
G
A
Bb
B
B
C#
D#
E
F#
G#
A#
B

border
ということで、 メジャースケール は必須ですよね、勿論慣れてくれば
コードの構成音などは覚えてしまうので、最初の頃の考え方として応用してください。

次回は問題をといて見ましょうーborder

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

お気軽にコメントをどうぞ!!