コードネームの理解への道 2 コードとは

この章をお読みになるまえに今一度前章の
コードネームの理解への道 1  音程と度数 を
マスターしてください。これを曖昧なまま進めても
すぐに頓挫してしまいますから、頑張ってください!!

border
はコードとはそもそもどういう基本で作られているのかを
知りましょうー!!

ポピュラー・ジャズ理論においては コード の構成音は基本4音で考えます。
では基本の 4和音 のつくりを学びましょう。

まず今回も C音 を基本に、その上に3つの音を重ねて「4和音」をつくってみます。

早速鍵盤図を見てください。

基本となる音(今回は C音)のことを ルート と呼びます。日本語だと
根音 といいまして、まさに 根っこの音 ということになります。
基本和音では ルート からみた 3度 5度 7度 の音を足します。

この図では

ルート   C音
3度   E音
5度   G音
7度   B音

です。さてここで前章コードネームの理解への道 1  音程と度数
お話したように、3度 にも minor 3rd と Major 3rd があるように、
それぞれ音には ちゃんとした 度数表記 があるわけですから、
コードネームはこれらの情報も全て表記されているんです。

この図の音をちゃんと表記すると

ルート   C音 は (根音なので度数は省略)
3度   E音 は Major 3rd

5度   G音 は Perfect 5th
7度   B音 は Major 7th

となるわけです。ようするにコードネームの情報としては
Cを基準にC音から見た Major 3rd と Perfect 5th と Major 7th の
音で和音を作ってくださいーー ということがかかれています。

答えからいうと このコードネーム表記は
CM7 もしくは C△7 と表記されます。

なんで2種類もあるねん・・・と思うかもしれませんが、両方読み方は
シーメジャーセブン(ス) です。 記号 である以上 簡略記号化 を進めると
この2種類のように同じ意味でも書きやすいものを使います。

基本が分かれば 記号化 はすぐに理解できますから、ここでは深く考えなくて
大丈夫でしょう。

では 次章では コードネーム表記法則 を学びましょう 

border

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

コードネームの理解への道 1  音程と度数

コードネームには 例えば C7  Cm7  Cmaj7 など数字と
略号が使われます。これは 音程 を学ぶ事で理解できてきます。
そもそも 音程 とは? これは以前にもお話しましたが → コチラ
ある音 と ある音 との隔たりのことを言います。単位は 度 になります。
ポピュラー音楽の世界では 英音名 を使いますから、まず英音名を
理解しましょう。 → コチラborder
は早速音程の 度数 についてのお話です。

ここはコードネームなどを理解する上で一番基礎となり重要な部分なので、しっかりと理解してくださいね。

ここでは視覚的に一番分かり易いピアノの鍵盤図を用います。
基準(スタート地点)は C として、Cとそれぞれの音との 度数 を表していきます。

基準音(スタート地点)を C とした場合の
それぞれの音までの度数。

黒鍵にあたる音の異名同音※1 は #表記 ♭表記 を両方記しておきますが略号は主要表記のみ記入します。

比べる音
Cからの
半音数
度数
(日本表記)
度数
(英表記)
略号
C
0
完全1度

Perfect 1st

P1
C#
1
増1度
augment 1st
m2
Db
1
短2度
minor 2nd
D
2
長2度
Major 2nd
M2
D#
3
増2度
augment 2nd
m3
Eb
3
短3度
minor 3rd
E
4
長3度
Majorr 3rd
M3
F
5
完全4度
Perfect 4th
P4
F#
6
増4度
augment 4th
-5 又は ♭5
Gb
6
減5度
diminish 5th
G
7
完全5度
Perfect 5th
P5
G#
8
増5度
augment 5th
+5 又は #5
Ab
8
短6度
minor 6th
m6
A
9
長6度
Major 6th
M6
A#
10
増6度
augment 6th
m7
Bb
10
短7度
minor 7thr
B
11
長7度
Major 7th
M7
C(オクターブ上)
12
完全8度
Perfect 8th
P8

 

※1 異名同音とは同じ高さの音を#であらわすか、♭で表すかで名前は違うけど音は同じ
いう意味です。
例えば 鍵盤図の黒鍵の C# と D♭ は同じ音ですが、読み方は違ってきます。

このように考えると C も B# と書くことも出来ますし、D♭♭(ディー ダブルフラット)
などと書くことも出来ます。

理論上は厳密に区別される場合が多いのですが(調号との兼ね合い等で)、まぁ最初はそんなに難しく考えなくて大丈夫です。ある程度理論の勉強が進めば理由が分かってくるはずですからね。

さて度数は表にあるように 完全 とつくもの 長・短    増・減
という表記があります。

このセットはまず覚えてください。Cから見た場合にメジャースケールの音
(要するにドレミファソラシド)をそれぞれ見てみると。

ド (C) と ド (C)    完全1度

ド (C) と レ (D)   2度

ド (C) と ミ (E)    3度

ド (C) と ファ (F)   完全4度

ド (C) と ソ (G)     完全5度

ド (C) と ラ (A)   6度

ド (C) と シ (B)   7度

ド (C) と オクターブ上のド (C) 完全8度

まずはこの関係を覚えてください。

長 の付くものから見て半音下になると 短 (半音上は 増)

完全 と付くものから半音下は 減 半音上は 増

ということになるだけなので、よく考えたらそんなに難しくはないんですよー。

何で 完全 とかつくかというと、音と音との協和具合でついてます、要するに
完全という音程は一緒に鳴らしても にごり がなく完全協和音程だから・・・とか
理由はあるんですがね。
※厳密には平均律では多少ズレが生じます。←今は分からないと思いますが、気にしなくていいです。
border

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

音名とは

名というのは ドレミ とか CDE とそれぞれの音の呼び方の事なんですが、
音名は各言語によって違ってきます。

ここでは代表的な 英音名 ドイツ音名 日本音名 イタリア音名 を
紹介します。

英音名
C
D
E
F
G
A
B
シー
ディー
イー
エフ
ジー
エー
ビー
ドイツ音名
C
D
E
F
G
A
H
ツェー
デー
エー
エフ
ゲー
アー
ハー
イタリア音名
Do
Re
Mi
Fa
Sol
La
Si
ファ
ソル
日本音名

ポピュラー音楽では 英音名 を使います。そしてクラシック系や吹奏楽では
ドイツ音名を使います。
日本の教育現場ではイタリア音名なんですよねー ソル だけは ソ といいますけどね。
各音名に#や♭がつくと呼び方も多少変化します。
英音名の場合は C# シーシャープ とそのまま読みますが
ドイツ音名では C# は Cis チス となります。
日本音名では C# は 嬰ハ(えい ハ)となります。

まあポピュラーでは英音名を覚えれば大丈夫です。ただ吹奏楽からの
出身者が多いので B♭ を ベー とドイツ音名で呼ぶこともよくありますけどね。

昔の業界用語でギャランティーの話をするときに ツェー万 とか デー万 とか
いうのはドイツ音名ですね 笑 ツェー万 は 1万 デー万 は 2万 ・・ということです。

border

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光