OMENS OF LOVE

“OMENS OF LOVE”  といえば、僕がまだ高校生だったころ、The SQUAREのヒット曲ですね
吹奏楽編曲バージョンもヒットして、いまの若い吹奏楽部の人たちも、この曲と宝島は
知ってたりします。

僕も、高校の同級生でエレクトーンやってたO君が熱狂的なSQUAREファンで、
今から29年も前 😯 ・・高校3年5月の文化祭にSQUAREのコピーバンドで参加しよう!!と
誘われて、バンドを結成しました。

思えばあれが私の初バンド経験ですね。ドラムとベースは、当時としては珍しかった
打ち込みオタクのS君が参加してくれて、レジスターみたいなシーケンサー
ローランドMC500を駆使してドラムとベースのリズムトラックを作ってくれた。

ギターはツインギターで、キーボードも2名、O君はマニュピレータみたいな 笑
んで、僕もサックスだけだと演奏できない曲があるので、当時ウインドシンセといえば、
ヤマハのWX7、音源はTX802というのが王道で、WXはなんとか親に買ってもらったけど、
TX802は確か20万円ほどで高校生には手が出ない・・・と困っていると、高校のOBの方が
TX802を二台もってて、一台を貸してくれた。

一応、高校の文化祭のメインステージでトリに立つには予選があったんだけど、見事予選1位に 😆
他のバンドからは「ドラムとベースの打ち込みはずるい」と言われたらしいけど、高校生が
あの時代に、ライブで打ち込み同期で演奏したことの方が、今となっては驚きではある:lol:

前置きが長くなったけど、その時演奏したのも”OMENS OF LOVE” でした。
で、まあ、そんなノスタルジーもありこの曲をエアロフォンで演奏してみました。
今回の使用音色は、内蔵音源じゃなくて、PC経由でソフトシンセを使っています。

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

何を検索しとんねん!!

ここのページに来ていただいている方の多くは検索エンジンからお越しの方ですが
どんな事を知りたいのか と検索キーワード統計をみたりしてます
月に、のべ数万人の方にご覧いただいているようで、とても嬉しい限りです!!

しかし!!! 検索キーワードを見るに、たまに意図せずこのページに来た人もいるようです・・ 😛

最近の検索キーワードホームラン賞は
こちら!!


春休みの小学生かっっっ!! 😛  😛  😛

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

大惨事の投薬

我が家の高齢ネコ ちょこさん17歳 幸いこれまで大病をすることなく過ごして来ました

しかしなんか土曜日にトイレに何度も行くし、トイレに籠ってたので心配になって観察した
ところ、排尿がうまくいっていない様子でした。
ネットであれやこれや調べてみると、どうやら膀胱炎の症状です。
翌日は比較的調子良く排尿していたので、経過観察することにしましたが、また昨日に
なって頻尿のご様子で、近所の動物病院に連れて行きました。

これまで動物病院には数回程度しか来たことのないチョコさんは、まさに借りてきた猫
診察台の上では置物のようになってました 😆
とても良い先生で、事細かに問診・触診してくださり、やはり膀胱炎の疑いが濃いという
ことで、抗生物質の錠剤を処方していただきました。

さて・・問題はここからでした・・・チョコも私も錠剤の投薬には慣れてなかった・・

最初は投薬を安易に考えててました・・

大好物のオヤッに5mm程の錠剤を忍ばせて与えてみました・・

バレて逃走

スーパーで鶏肉を買ってきて茹で、肉に切り込みを入れて錠剤を埋めてみた

バレて逃走

ここまで既に2錠を無駄に・・・動物病院では保険が無いので、薬も高いのですよチョコさん・・ 😐

以上、難易度の低い方法ではダメそうで・・・

口を開けて舌の奥に錠剤を入れる作戦に変更

私が失敗して錠剤が舌先に落ちてしまい、大惨事・・・
ネットでこの投薬方法の注意点に
「舌の付け根あたりに確実に錠剤を置く事、失敗すると猫が泡を噴く」と書いてあった
ネコは苦いものが口に入ると、反射的に大量の唾液が分泌されるようで・・
チョコさんの口から大量の泡が・・・ほんと想像以上の量で、びっくりした・・
部屋中大変なことになった 😆

ここまで3錠・・・・無駄に・・・。

もう、一人ではどうにも出来ないとの諦めと、泡が収まるのをまつのと
チョコが警戒心バリバリで机の裏に隠れて、わたしもクタクタ 🙄

妻の仕事終わりを待つことにして、帰りにチョコの大好物ロールケーキを買ってきてももらい
釣る作戦にした。錠剤もオブラートに包み、それを水で湿らせてゼリー状になったものを
食べさせる作戦にした。

案の定、あれだけ警戒していちチョコは、ロールケーキのクリームには警戒心もどこえやら
そこで、わたしがチョコを確保して口を開けさせて、つまが薬剤を投入、すぐにロールケーキ
クリームをチョコにあげたら、何もなかったように無事投薬できた 😆
ここまで3時間と無駄にした錠剤3錠・・・

今夜も同じ作戦で行こう 😆
てか、錠剤あと1錠しかのこってない・・明日貰いにいかねば 😯

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

閉めたか??

だいぶん前から欲しいと思ってたグッズを手に入れた

これ 😆

鍵メーカー最大手のMIWAロックさんが販売している、鍵をかけたかどうか後で確認できる
優れもの。たまに「鍵かけたっけ・・・」と不安になる事ってあると思うのですが、
それを解消できるグッズw

事務所から出かける際に、機材が多くて両手が塞がってて・・その流れで事務所をでると
「鍵かけたっけ・・・」と不安になることが有るので (^^;

あとで、これの窓の色で施錠したかを確認できるのです 😛

ただ、便利ではありますが、これを鍵につけてから、施錠したその場で無意識に
「窓の色が変わったか」を確かめる癖がついて「後で確認できる」という
グッズ本来の意味が無い・・・と気付いた雨の日の午後でした 😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

人生2度目の・・・

先日自宅で咳ばらいをした瞬間に、腰にピキッッっと電気が走ったようになった・・

あ・・・これ・・前にも経験しとる・・やば・・・
動けなくなるほどでもなかったけど、腰がグラグラする感覚 そうギックリ腰だ 🙄

前回は15年ほど前に、リハーサル中 床に置いてあった譜面を拾おうとして、そのまま
動けなくなった 🙄
リハはまだ中盤だったこともあり、痛みにもがきながら、椅子に座らせていただいて
乗り切ったものの数日間は自由に動く事も出来ず、散々だった。

さて、今回は前回よりも軽度とはいえ、時間が経つにつれて痛みがひどくなり、どんな
姿勢をしてても痛いので、どうしょうもなくなった。
近所の薬局にコルセットを買いに行くも、適当なものの在庫がなく、途方に暮れる。
薬局まで50mほど歩くだけでも、道行くお婆ちゃんたちにごぼう抜きされるほど、
ゆっくりしか歩けないし・・ 😆

あ・・そうだ、Amazonで頼めば1時間で来てくれる と思いついて、PrimeNowで
適当なものをみつけ発注、ほんと1時間くらいで届けてくれた、配達員の方が救世主に見えた 😆

コルセットをつけたら、大分楽になって今日にいたりますが、 サックスを吹くときも、
なんというかビリビリする、まだ数日は動作に気を使わないとだめですな。

あと、コルセットしていると、お腹が圧迫されてて食事がすすまない まぁ、私みたいな
太っちょに良い事かもしれんけどね 笑
でも、明日は焼肉をごちそうになれるんだよね・・コルセットは緩めて行かねば 😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

Aerophone(エアロフォン)バイトセンサー感度カスタム調整方法

エアロフォンのバイトセンサーのカスタム調整の方法です。
(エアロフォンで繊細なリップベンドやビブラートを表現する為の設定)
※以下の内容は、上級者向けの設定方法となります。
とはいえ、壊れたりしないので誰しもチャレンジしてみてOKですけどね 😆
教室 区切り線
アロフォンではアンブッシャを緩めるたりすることで、サックスと同じようにベンド効果を
得られますが、サックスをやっている人ならご存知のように、奏者によって
使っているマウスピースや、リード硬度も違う為、アンブッシャの締め圧等は十人十色なわけです。
んで、十人十色な人たちがそれぞれエアロフォンを吹くと、やはりアンブッシャで制御する
ベンド効果(リップベンドダウンやリップベンドアップ)はなかなか思うよう作用してくれない訳です。


←この触覚みたいなのがバイトセンサーで、リード内側に触れて、リードの微妙な動きを感知してくれます

アロフォンの初期状態では、パラメータのBiteモードをピッチモードにすると、
バイトセンサー感度はAUTOで調整されるんですが、先ほども言いましたように、アンブッシャの締め圧は十人十色なので、AUTOでは自分のアンブッシャにピッタリのBEND反応は得られません。
その回避方法として、バイトセンサーに係わるパラメータ2つを自分好みに調整する事が可能となっています。

 

 

取説にある以下2つのパラメータのカスタマイズ設定方法を文章だとわかりにくいので、
動画にしてみました、是非参考にしてください!!

教室 区切り線

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

新曲アップしました

作曲家 矢島きょうこ さんの曲をアレンジさせて頂いて、ソプラノサックスの楽曲にさせて
頂きました。 “March in Paris ( 3月のパリ )” という曲です。
ちなみに私はパリに行ったことがありませんが・・ 😆

ソロパートを作ろうか迷ったのですが、メロが美しいのでラストまで旋律メインで
アレンジ致しました。是非聞いてください 😉

composition ; Kyoko Yajima
arr ; Masahiko Fujimoto & Kyoko Yajima
Sop & Tenor saxophone,programing : 藤本”MASAX”匡光

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

サックス奏者 藤本匡光がお贈りする、サックス情報ブログと東京池袋で開講しているサックス教室のページです。