タグ別アーカイブ: サックス

メロディック・マイナースケールとジャズ(メロディック)マイナースケール

今日のレッスンで、マイナースケールの話になりました。
※以下、細かい説明省いてますので、中級者の方以上の内容になるかもです、すいません 🙁

マイナースケール(短音階)は
自然的短音階(ナチュラルマイナースケール)
和声的短音階(ハーモニックマイナースケール)
旋律的短音階(メロディックマイナースケール)
この3つが代表的ですが、jazz・ポヒュラーの演奏では、これ以外にもマイナー調時、使える音列が色々と出てきます。

区切り線
今回は
旋律的短音階(メロディックマイナースケール)にスポットをあてます。

まず調号の簡単なところで、Aメロディックマイナースケールはmelodic_jazz_minor
ご存じのとおり、上行と下降とでは赤色の部分の音が変わってきます。

要するに下降するときはAナチュラルマイナーにしないと、F#・G#のままでは
A Major的な「明るさ」が出てくるためなんですけど、
この上行と下降の使い分けが意外と面倒ですよね 😆
とはいえ、使い分けてる曲ってほとんど聞いたことないですけど・・。

で、ここで登場するのがジャズ(メロディック)マイナースケールです。
※以下ジャズマイナースケールと記します。
この扱いずらい下降時も、上行と同じにしてしまえ!!ってことです。
(すごい雑な説明ですけどね 笑)

さっき書いた
下降するときはAナチュラルマイナーにしないと、A Major的な明るさが
出てくるため】を
無視していいのか???? と疑問に思うと思いますが、
今は「気にせず吹けるようにしなっっ!!」です (笑)
jazz_minor
区切り線
聞こえ方のサンプルをアルトサックスで吹いてみました。
Am コードにおける(実音 Cmコード)それぞれの音列です。

旋律的短音階(メロディックマイナースケール)でのサンプル
melodic_play

「どん底の暗さ」とまではいきませんけど、結構な度合いで落ち込んでる気分ですよね 笑

感想には個人差があります。 😆  (W)
区切り線
ジャズマイナースケールでのサンプル
jazz_minor_play

「ずっとくよくよしててもアカンな・・」と落ち込んだ気分から、すこし前向きな気持ちが
芽生えようとしてません?? 笑

感想には個人差があります。 😆  (W)

区切り線

実際の曲中で、是非二つを使ってみて、自分なりに
音列の響きの「色合い」「景色」「広がり」の違い
感じてみてください。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

Major key Lick 1

さて今日は短いフレーズを練習しましょう。

まず題名にある「Lick」とは「即興演奏においてのフレーズの一節」の
ことを言います。

文章でいう「単語」みたいなものですね、Lickを沢山引き出しに入れることで
即興演奏時のフレーズが増えていきます。言葉を覚えて話ができるのと同じですね。
赤ちゃんが2.3歳までに単語を覚えて、徐々に喋れるようになる過程を想像してください。
皆さんのアドリブ練習も同じ過程を経て、カタコトから徐々に上達していきますから!!
区切り線
さて、今回とりあげるのは Major key Lick の一つです。
Major key Lick は簡単に言うと、Major key の調性部分で
そのkeyにあった Lickを使うことができます。

今回のフレーズも、基本は先日やったpentatonic scaleを基本として、半音階が入ることで
スリリングなフレーズです。

これは私の昔使ってた練習ノートに書かれてた一節なのですが、
たしかGrover Washington,Jr氏のソロ中の一節だったような・・・
すいません・・・わすれちゃいました、昔書いたときに誰のフレーズかちゃんと明記しておくべきでした  🙄

区切り線

lick1

ダウンロードはこちら
ダウンロード

■アルトサックスで演奏したサンプルです。

//sax-players.net/musicsheet/wp-content/uploads/2015/08/lick1.mp3

区切り線

lickの練習は、同じフレーズを全調に移調してそれをひたすら
練習していきます。根気いりますけど・・。
最終的に、譜面は見ないで吹けるようにします。

ただ、フレーズの構造をよく理解してから練習していくと効率が上がりますー
たとえば今回のフレーズは、そのキーの「ド」からフレーズが始まって
そこから半音階で「ミ」まであがって・・・みたいにフレーズをよく研究してから
トライしてみてください。

あと16分音符のところはジャズレガートを基本としたタンギング位置です。
タ タヤ タヤ タヤ    タヤ
区切り線

暑い日がつづいていますが、練習できるときに頑張りましょう!!

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックス選定承ります!!

東京にお住まいでない方でも、私が責任を持って楽器選定し
楽器店より直接発送が可能です。

face_icon今後、安心してサックスを吹けるように、サックス選定を是非ご利用ください 😉

教室 区切り線
選定料金

一律 18,000円(税込)
選定手順
1 まずは予算をお決めください、メーカーと機種が決まっている
場合は提携店舗と価格を相談できますのでお伝えください。

2 選定料金をお振込み頂き、確認後選定日を決定いたします。
※選定1回目でいい楽器がなかった場合は再度入荷次第選定
いたしますので、多少お時間をいただく場合があります。
また人気機種・希少機種は在庫状況によりお時間をいただく
場合がございます。

3 選定が終わりましたら楽器店より支払い方法などのご連絡が直接ありますので
カード払い・振込みなどご選択ください。
楽器店への入金確認後2日ほどでお手元に楽器がとどきますー。
詳しくは私の方に連絡ください。

■選定に同行頂くことも可能ですので、その際は日程の調整をお互いいたしましょう!!

お問い合わせはこちらから
//sax-players.net/offer/

教室 区切り線

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

メジャースケールの練習

サックスでアドリブに興味をもってくると、スケールを覚えなくては・・・と
なってくる思うけど、
まずはメジャースケールを覚えるのが先決。

とはいえ僕も高校時代メジャースケールを全部譜面に書いて
練習してたけど、
結局吹ける様にはなるけど、譜面が読める
ようになるだけなんよね。。
じゃぁ どうするか。。 ようするに体で覚えないと
駄目なんですよね。
譜面に書かずに一つづつ暗記しても良いけど、
それだと得意・不得意ができてしまいますから、
12のメジャースケール
を満遍なく練習するための練習方法を書きます。

まず ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド
をふいて レ ド シ ラ ソ—- と降りてきます、
んで終わった音 ソ から、また ソ からのメジャースケールを
吹き、
同じように降りてきます。

※各調の
ドレミファソラシドレドシラソーをつなげていきます。

 

区切り線
ド レ ミ フ ァ ソ ラ シ ド
レ ド シ ラ ソ—-

ラ シ ド レ ミ ファ# ソ ラ ソ ファ# ミ —-

ミ ファ# ソ ラ シ ド# レ ミ レ ド# シ ラ—-

シ ド# レ ミ ファ# ソ# ラ シ ラ ソ# ファ# ミ—-

ミ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・シ—-

シ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ファ#—-

ファ#・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ド#—-

ド#・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ラ♭—-

ラ♭・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ミ♭—-

ミ♭・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・シ♭—-

シ♭・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ファ—-

ファ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ド—-
区切り線

■アルトサックスでのサンプル

※練習は、このサンプル演奏のように、各調のスタート音をオクターブ下げたりして吹きやすい高さにしてくださいね!
区切り線

 

これで一周できましたよね。 調号的には一つづつ#が増えていって、最後は♭系を経て
元に戻る感じです。

スタート音
調号
調号での変化音
ド~
無し
C
ソ~
# 1個
G
ファ
レ~
# 2個
D
ファ ド
ラ~
# 3個
A
ファ ド ソ
ミ~
# 4個
E
ファ ド ソ レ
シ~
# 5個
B
ファ ド ソ レ ラ
ファ#~
# 6個
F#
ファ ド ソ レ ラ ミ
ド#~
# 7個
C#
ファ ド ソ レ ラ ミ シ
ラ♭~
♭4個
Ab
シ ミ ラ レ
ミ♭~
♭3個
Eb
シ ミ ラ
シ♭~
♭2個
Bb
シ ミ
ファ~
♭1個
F

よく練習してくださいねーー あっっ何度も言いますが譜面には書かずに、頭でやって
体で覚えましょう!!!!
あっっちなみに ♭系(ラ♭~ミ♭~シ♭~ファ~) は、左手人差し指で、Bis キーを
一緒に押して シ♭ の音を出すようにしてください。

また #系 ですが、ド#~ で出てくる ラ# の音も、左手人差し指で、Bis キーを
一緒に押して シ♭ の音の指使いで練習すると良いでしょうー

 

最初は出来ないと思いますが、ある程度全調が吹ける人なら、
2週間程でぐるっと一周できるようになるので、根気強く
頑張ってください!!!!!!!!!

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

アドリブの基礎 その1

サックスを何年か吹いているうちに、ジャズやポピュラーにおいても
ソロを吹く機会が出てくると思います。
そして なんとなく気になっていたけど、触れないように
していた C-7 とか B-7b5 といったコードネームが気になって
きますよね。。
そして理論書を一冊買ってみる・・・ところが チンプンカンプン・・
んで挫折。。。。
この繰り返しを味わっている方も多いと思います。
「アドリブは自由に吹けばいいんだーーー」とかアドバイス
された方も居ると思いますが、たしかに究極的にはそうかもしれません・・。
しかし ある法則 に基づいたなかで、自由に吹くということですから、
その ある法則 を学ぶ必要があります。

■まずとにかく全ての調のド レ ミ ファ ソ ラ シ ド を
吹ける様に練習してください!!!!

いまは必要性を感じてなくても、理論の勉強・調性・アドリブに
おいて全ての調の ドレミ・・・を吹けることが大前提となって
きますし、コードネームを理解する上でもとても重要です!!!!!!!!!!
今回はまず手順を説明しますね。詳しくはそれぞれ後日アップして
いきます。

1 音と音との距離を表す単位 度 を学ぶ。
長2度 長3度 短3度 完全5度・・・など。
これはコードネームにおける基礎となる部分です。
長3度 → Major 3rd
短3度 → minor 3rd
という風に アメリカ表記 がコードネームの基礎となっています。

2 コードの表記法則を知る。
コードネームというのは、ジャズが盛んとなったアメリカで
発達してきたものです。
もともと人間の作った記号ですから、法則を知れば誰にでも
読むことができます。
最初は複雑で分かりにくいかも知れないですが、表記法則は
一貫した決まりがあるので、それを知ればあとは訓練で大丈夫
です。

3 コードネームを理解したら 調性(Key) を理解する。
例えばバンド経験の有る人は、体感していると思いますが、
「ちょっとー ここ ソロ吹いてー」って言われたときに、
その部分に合う ドレミファソラシド を探した経験ありませんか?
例えばある部分では
ソ ラ シ ド レ ミ ファ# ソ の調が合うけど、次は
ファ ソ ラ シb ド レ ミ ファ の調に変ってたりと
部分部分で転調していたりしますが、どの部分にも 調性(Key) が
存在します。この調性(Key)を理解することがアドリブの第一歩
です。
そこで調性(Key)を知る為にまず
ダイアトニックコード を学びます。

4 ダイアトニックコード を学んだら 今度はコードネームの
連結の法則 ケーデンス(終止形) を学びます

5 色々な曲のコード連結を 解析(アナライズ) します。
ここらへんまで来たら なんとなく自分がアドリブするために
どんな練習すべきかが分かってきてるはずですよ。
もちろん細かい部分は沢山あるんですが、それは大木の幹の部分を
固めてから枝の部分を学ばないと、結局わからなくなってしまいます。

6 小節単位のフレーズ(lick)を各キーで練習する。

 

まずは 全12調 の ドレミ・・・・・をふける様に

しといてください!!
んで律儀に譜面に書いて練習しないでください、頭で体で覚えないと
いざというときに直ぐにはでてきません。
それに伴って 調号 と 調 の関係も覚えましょうー
#が4つ って言われたら すぐに ミ~ のドレミを吹ける様にねー。

コード理論とアドリブの入り口

生徒さんの中でジャズを吹きたくて通ってる人 と
別にジャズじゃなくてもいいからサックスを演奏したい人と
大きく分けて二通りおるんやけど、やっぱし譜面に書かれてる
コードネームが気になってきてとか、バンドとかするようになって
ソロ吹かなあかん・・という場面にぶち当たって、アドリブに
興味をもつようになる場合が多い。
アドリブというと難しい というイメージがあるとおもうけど
ん・・・簡単ではないけど 笑 でもそんなに構える事もないとは
思う。

理論書を買うとたくさんの情報が一気に頭に入ってきて
何が何やらわからんようになって、結局途中であきらめる・・。
めっちゃいいアドリブソロをするには それ相応の練習と
経験が必要になってくるのは確かやし、長い時間をかけて
熟成させていくし、熟成されていく。

そういう意味ではおれもまだまだまだまだ勉強中。
でもコード進行から調性(トーナリティー)を勉強する
ところまでは、レッスンでは大体4時間くらいで終わる。
まず

音程の表記方法(度数)を学ぶ

度数が分かったら コードネーム の記号がどのような決まりで
表記されているのかを知る。

メジャーのダイアトニックコードと機能を知る

マイナーのダイアニックと3種類のマイナースケールを知る

ケーデンス(終止形) トニック とか サブドミナント とか
ドミナント とか まあ要するに 起承転結 の法則を知る
と だいたいここまで教えてから実践をしつつやけど、
よく ドレミファソラシドが吹けたらアドリブができる って
本とかあるけど じっさいそうなんよね。

逆にいうと全部の調のドレミ・・・は最低限吹けんとあかんねんよね。
そやから、まずは全部の調でメジャースケールはふけるように
日々練習してくださいね。
よく几帳面にノートに全部の調のドレミ書いて練習してる人いるけど、
それでは 譜面が読めるようになるだけ やから極力指が勝手に
動くように ある程度身についたら譜面とか使わんようにね。
かくいう私も、最初全部書いて、見て吹いてたけどね 笑

あと b系の調は ちゃんとbisキーで吹くようにしなあかんよ。
また詳しくはいつか書くけどね。。
こうやって文章でかくと難しそうかもしれんけど、
まず基礎的にはこのへんまでは音楽経験まったくなくても
2ヶ月くらいで分かってくるんよね。

まあ平行して ジャズレガート の練習もせなあかんよね。
でもこれもいいエチュードがあるんよね これ使ったら
一ヶ月ですぐにジャズ吹きできるようになる。
まあこれは俺も昔師匠から紹介されて、自分もレッスンで
使ってるんやけどね。

んで昨日3ヶ月前から理論勉強してアドリブを始めたばっかりの生徒さんが、セッションに行って来て、はじめてアドリブをしてきた とメールきてんよね。レッスンでやってた曲を3曲ほどアドリブしてみたらしく、自分が思ってた以上に周りの評価がよかったらしい。楽しめたーと
書いてありました。『どうやってアドリブ勉強したんですか?』って
聞かれたらしい 笑 てかあんたもまだコード覚えだして3ヶ月やし 笑

でもこうやってセッションの場に飛び出していくのはなによりも
勉強になるんよね!! 人のも聞けるし、また課題もたくさん見つかるし。
結構都内では初心者にも優しいセッションを企画されてる
ミュージシャンの方も多く、とても楽しい環境で学べるようで、
ぼくもそのミュージシャンの方々の姿勢には学ぶべき部分も
たくさんあります。

みなさんも怖がらずに とにかく楽器もって セッションに
参加してみるといいと思いますよ!!

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックスレッスンの時だけ吹く

いま来てはる生徒さんは、普段仕事が忙しい人が多い。
そんでもって、普段練習できない人が多い。

やっぱし上達するには練習が必要だし、本人もそれは重々お分かりだが、
物理的に練習時間がとれないわけである。

「先生・・練習できませんでした・・」申し訳なさそうにおっしゃる。
本人的には練習したい・・けど時間とれない・・・
だから仕方ないわけですね。。

どういった形で、サックスと係わっていくかは人それぞれだし
学生時代にサックスを始めてたら、時間もとりやすいだろうけど、
社会人になってからだと、時間の制約も大きいですからね。

週1回とか2週間に一回サックスのレッスン時に吹くだけでも
「サックスと生涯付き合う」 ここ重要なので、
それぞれのライフステージにおける優先順位で、サックスと関わってみてください。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光