MASAX のすべての投稿

サックスのエチュード(練習曲)とか

Klose 25の日課練習 はサックスの練習曲(エチュード)では、1.2を争う有名著です。

私自身は高校2年生の時に、一つ上のI先輩がこの本を教えてくれまして、神戸元町のヤマハさんに買いに行ったのを覚えてます。
高校生には超高額な楽譜でしたから、オカンに我儘言って出資してもらいました 😆


内容はというと、ひたすら指を動かすエチュードですが、随所にサックス奏者が苦手とする指のつながりが散りばめられてまして、繰り返しやっていくうちに「あれ・・なんか最近指動くようになってきた感じする」となるエチュードです。
レベルは初級者~中級者向けと言われますが、10番あたりからは結構ムズイデス・・。

 

あと他のエチュードで有名どころとしては、ラクール 50の練習曲

これは、クローゼと打って変わって、譜面ずらは簡単そうに見えて、甘く見てるとひどい目に遭う本です。
とにかくダイナミクス記号をきっちり守ろうとすると、おもわず自分の癖が出そうになります。
これに関しては、よほど自己判断能力がたけている人でない限りは、最初は指導者の下で診てもらいながら練習する方が良いかもしれません。

これは2巻に分かれています。


 

日々のスケール練習を含めて、現在一番有名な本は何といってもサクソフォーンのためのトレーニングブックではないでしょうかね。安いのに盛り沢山なんです。

中身は音符が沢山並んでて、ほとんどの方が「げーーーー大変そう」と思うでしょうし、はいっっ実際大変です!
とにかく全調性の音階とか分散とか・・と、まさに基礎練習の集大成です。音階などはすごくすごく重要な練習ですから、根気よく続けることで、確実に上達します。
クローゼもそうなんですけど、こういった運指練習を騙されたと思って日々練習を続けると、自分でもびっくりするくらすスムーズに指が動く瞬間がでてきて、驚くと思います。
あと、トレーニングハイとでも言いましょうか、ひたすら続けていると、なんかが降りてくる瞬間あります(謎)

 

これ以外にも、まだまだ沢山ありますし、さらにジャズ系にはジャズ系のエチュードも沢山ありますが、上記はジャンル関係なくサックスをコントロールする為には非常に良いエチュードですよ。
サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

 

雑誌 ”Goods Press”  サックス連載企画 🎷第5弾🎷 エアロフォンも紹介してます。

さて、今年から連載頂いている、雑誌 “Goods Press”  さんでのサックス連載企画第5回が掲載されました。(138~139ページに掲載されています)

今回は、エアロフォンも登場いたしますー

 

サックス企画以外も、もちろん読み物としても楽しい雑誌なので、是非お手に取ってご覧くださいませ。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

初代ガーデラ・キングモデル・アルト用マウスピース

引き出しを整理していたら、昔使っていたガーデラアルトマウスピース(初代) キング が出てきた。

もうボロボロでティースマークもバッチリ w
最初はシルバープレートでピカピカだったんですよ 😆
初代ガーデラはトリッカーズの靴みたいに、出荷まで責任を持ったマウスピース職人さんの署名とシリアルナンバーが手彫りされています。ただ、私のはもう擦り切れてしまって判読できませんが・・。

確か26歳の時に買ったと思いますが、音楽だけで食えるか食えないか・・の境目位の時期に、それまで使っていたマウスピースの先っぽが折れてしまって、途方に暮れていたところ、ジェフ・カシワさんが使ってて、自身もあんな音が出したい!!と試奏してしてみたら、稲妻のような衝撃を受けて即購入しましたw
当時の自身の方向性にも合ってましたし、とにかく上から下までスムーズに演奏することが出来ました。
ほんと、当時はこのモデルめっちゃ流行ってましたからね。
LA系のサックス奏者が好んで使っていましたし、マイケルブレッカーはガーデラの自身の名前を冠した ブレッカーモデル を使っていましたし。

しかしまぁ、高かった・・・確か75,000円だったと思いますが、とにかく吹いていて楽しいマウスピースで、そのあとテナーの初代ブレッカーモデルと、アルトのスタジオモデルも買いました。
さらに、ガーデラには定番のセッティングとして、リガチャーはウィンスロー これもまた15,000円位でしたでしょうか・・
マウスピースとリガチャーで9万円とか・・アメセルアルトのローンも有ったし、バイトめっちゃめちゃ頑張りました 😆
結局その後、テナーの初代ブレッカーモデルと、アルトのスタジオモデルは使わずじまいで売ってしまいましたけどね。

~34歳くらいまでのアルト仕事は、殆どこのマウスピース使ってましたので、十分元は取らせていただいたのですが、マウスピースの晩年頃になってくると、やたらリード選びが大変になってきて、コントロールもめちゃくちゃ気を遣うようになってきてしまい、結局寿命を迎えました。

このマウスピースはサイドレールは極限まで細く美しくて、さらにマウスピース先端の方は薄く薄く成形されてましたので、経年で徐々に歪が生じたのだと思います。

その頃にはレーザートリム版のガーデラも発売されていましたが、正直なところ全く魅力を感じなかったのと、ちょっと歳をとってきたせいか、イケイケの音色で演奏することに疲れてきたりしてwwラバーのマウスピースを中心に模索するようになりましたね。

実は、20歳の頃から同い年の友人でもある、現在某テレビ局Pが、同じころにガーデラを買って、なんと奴は2本もほぼ新品の状態で持っている・・吹かせてもらおうとは思っている。
まあ、今の自身の方向性とアンブシュアだとガーデラは合わないとは思うけど、万一気に入って買い取るとなると、状態の良いものは現在1本最低でも15万円~とかになる・・・危険危険 😆

 

しかしまあ、何だかんだ、とても思い出深い良いマウスピースでした。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

 

ミックス修行

【無駄に長文です(^^;】

ミックス とは、ざっくり言うと音源制作にあたって、例えばサックスやらベースやらギターやらのトラックが並んでいて、それぞれの音量やら音質やら残響感を調整して、最終的にステレオ(2ミックス)に落とし込む作業のことなんですが、10年くらい前までは、この作業をサックス奏者がやらなきゃいけない状況はあまりありませんでした。

何故なら、それ専門の技術職であるサウンドエンジニアさんが居られて、スタジオでサックスを録音していただいたら、あとはエンジニアさんの作業でしたので。
エンジニアさんはマイク選択、立て方ひとつとっても、人によって違っていて、サックス奏者としては演奏するまでの御膳立ては既にスタジオに入る前には完了してて、言い方悪いかもですが、スタジオ行ったらサックス”音”の演奏素材を提供すれば仕事は終わっていたんです。

しかしながら、昨今のDAWの進化で所謂”宅録”が手軽になって、エンジニアさんが担っていた作業をある程度自分の環境でも出来るようになりましたが、結局のところ”エンジニアさんの職人技術”はDAWが進化してもそうそう盗めませんから、私みたいなのが真似事でミックスをし始めるにあたっては、そっち系の専門書読んだり、知り合いのエンジニアさんやアレンジャーさんに知恵をお借りしたりと、トライ&エラーを繰り返しています(^^; しかしまぁ・・・なかなか思った通りに行かないんですよね、でもその作業してるときって、ほんと時間忘れるくらい没頭できるんですけどね:lol:

10年くらい前まで”宅録納品”の場合は、サックスをうちのスタジオで録音して、その録音した素材をメールなりで送って、あとは先方が作品として完成するまでのミックスやらなんやらの作業をして世に送り出されていたんですけど、時代が流れるにつれて、オケ作ってサックス録音したうえで、私の方でほぼ完成までして納品しなければならない仕事が出て来だして、そらまぁ・・その辺素人な私がミックスすると、予想通りゴチャゴチャな音になってしまって、締め切り直前は顔面蒼白・・というのが続きました(^^;

なんせ、サックスにリバーブひとつかけるだけでも、しっかり手順踏まないと、モワンモワンとお風呂場サックス状態になりますから、どうやれば芯を残したまま深めのリバーブかけられるのか、知り合いのエンジニアさんに教示頂いて、それから何度もトライ&エラーです。

そんな状況で始めたのが、サックスで名曲シリーズだったんです、このシリーズを作り始めたのは、録音やらミックスの経験値を上げたかった というのが自己満足的な取り組みでした。
ですから、サックスで名曲シリーズは曲によってはひどい状況のものもありますし、全然音質やらバランスが一定してなくて、チグハグ感半端ないです(^^;

オケも全部自作しているのは、結局ミックスの作業までを一貫して自分でする勉強の為なので、トラック毎に作る手順を学びたかったからなんです。それが裏目に出て、仕事の合間に作業をして、ようやくサックスを録る段までくるのに一か月以上かかることも珍しくありません・・。

最近アップした「糸」でいうと、トラック数は46トラックでしたが、ミックスは3回やりなおしました(^^;
実は2年前にオケはある程度作っていたんですけどね。

以前は、ミックスを進めるにつれ、なんかごちゃごちゃになってきても、それでもそのまま悪あがきして調整を続けてモガいて、結局何~とも改善せず、ごっちゃごっちゃのままで、最後は力尽きて「まぁ、ええか・・」となった事もおおくて、アップロードして、あとあと「もっとちゃんとしとけばよかった・・」と、後悔するわけです(^^;

知り合いに「ごちゃごちゃしてどうしようも無い時は、思い切って一回リセットして、ミックスを0からやった方がいいよ」と助言いただきまして、最近は一日かかった作業であろうが、もうどうしようもなくなったらリセットすることにしました。

わたしの使っているCUBASE ですと、ミックスコンソールの左上の▼押すと”Mixconsoleチャンネルをリセット”という項目があって、それを選択すると一日・二日かかって作業していたことが、一瞬でゼロに戻りますw 押す瞬間はなんともいえん緊張感です 😆  もちろんバックアップを取った上ですけど、結局バックアップしたゴチャゴチャなファイルに戻って来ることはないんですけどね 😆

そんなこんなで、一応の完成となってからも、「あぁ・・・このトラックもうちょっとなんとかしておけばよかった・・」と反省は山ほどありまして、特にドラム関係はいつも頭が痛いのです・・。

ソフトウェア音源やらプラグインは、各社、一年に何回かやたら安く販売されるタイミングがあるので、そのタイミングでギター・ドラム・ベース音源やらマルチ音源やらVSTプラグインやらを買い足してきました。
ドラム音源は基本的に簡単に使えるセットものを中心に、サンプリング素材やら、持っているマルチ音源に含まれるドラムキット使ったりしてますが、使い方が下手なのもありますけど、いまいちコレってのがなくて・・毎回難儀します。
難儀するミックス作業の最大の難所もドラムトラックでして、ドラムのパーツそれぞれの音素材自体がそもそも良くないと、結局全体でミックスすると、なんか埋もれてしまったりしちゃいますし、無駄に音圧だけを消費してしまって、モコモコしたりと・・。バスドラ一つ調整するにも、ほんと色々と手順・ノウハウがあるようで、それを書籍とかで見よう見まねでやっていくと、あっという間に1時間とか過ぎてます・・、それでもいざセットで鳴らすと・・・とかアルアル地獄です 😯  エンジニアさんの職人領域ですから、そう簡単に出来ないことも分かってますけどね 🙁
そうこうして気が付くと、ドラムトラックにえらい時間かかりすぎるうえに、完成度はさほど上がらないわけで、今使っているドラム音源ではなくて、投資で多少でも楽になるなら・・と、丁度半額セールしているドラム専用音源(BFD3)を買い足しました。
今回の”糸”では間に合わなかったので、次からは使ってみたいと思いますが、買い替えたからと言っていきなりクオリティを上げられるほど甘くはないでしょうし、そんな腕ももっていませんけど、なにかしら作業が少しでも楽になったら儲けものです、溺れる者は藁をも掴むですかね 😂

そんな自己満勉強がてら上げてたYoutubeも2000人以上登録頂けて、ほんと有り難いです🙇 これからも各トラックつくりからミックスまで”修行”のため、ペースはとてもとても遅いと思いますけど、よろしくお願いいたします🙇

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

超久々に”サックスで名曲シリーズ”追加しました

【サックスで名曲 33】 「糸」 中島みゆき 【Sopranino & Tenor sax】

超~~久々に“サックスで名曲シリーズ”です(^^;

この曲はサックスで演奏したい曲で必ず上位に入る名曲ですね。
今回のバージョンは、おこがましくもサックスバージョン用にアレンジして、ソプラニーノサックスのメロディーとテナーソロも交えて演奏させて頂きました。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

バネ折れた

とある案件の仮録音してたら、なんかオクターブキー押した音域に違和感・・下の音が混じる・・

体調悪いのかな・・・とか・・老化? 😆  とか思いつつ、楽器をよくよく見ると、オクターブキーの棒バネが途中から折れてしまってた 😯

棒バネが折れたことはこれまでもごく少ないけど経験があります。
棒バネだけはオーバーホールの時も、錆びが出たりしてヤバそうなやつだけ交換する事が殆どで、ごくごく稀に運悪く折れてしまう事があるんですよね(^^;

定期的に交換すれば良いのかもしれませんけど、場所によっちゃ数十年全く問題ないということもあるそうなので、わたしの性格では対処療法になってしまいます 😆

昔、師匠に「楽器ケースには輪ゴム入れておけ」と言われたことありまして、輪ゴムさえあれば、万が一棒バネが折れても、その場は対処できるからという理由です。きっと師匠もそんな経験をされたんでしょうね。

今回は、リハ中とか本番中とかではないので、別の対処をいたしました。
幸い今回棒バネは根元から折れてなかったので、残りのバネをバネ穴から取り外すことができました。根元からおれてバネ穴に残ってしまうと、専用工具で取り出すしかないので、それは私も持ってませんので・・。

棒バネの予備なんて持っていないので、とりあえず百均へ  ww

なにを使うかと言うと、ニードルセットに入っている縫い針です(^^; 数本太さの違う針がセットで入っているので、バネ穴径に遭うものを差し込んで代用します。

わかりにくいけど↓

上手く行きましたー
この方法は、だれに聞いたか忘れましたけど、応急処置に使えます。あくまでも応急処置ですからね :lol:

ただ私の場合、応急処置が年単位でそのまま放置することがあります(^^;

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

【29日13時以降にわたくしにメール送った方へ】

29日午後から私の利用しておりますレンタルサーバーでトラブルが発生しており、29日13時以降にメールをお送りいただいた方のメールが確認できない事象が起こっております。

もし、メール送ったのに音沙汰ないやんけっっ 🙁 
という場合は、お手数をおかけいたしますが、再送いただければ幸いです。

※現在は、別のルートでメール転送設定いたしましたので、確認できます。