MASAX のすべての投稿

人生2度目の・・・

先日自宅で咳ばらいをした瞬間に、腰にピキッッっと電気が走ったようになった・・

あ・・・これ・・前にも経験しとる・・やば・・・
動けなくなるほどでもなかったけど、腰がグラグラする感覚 そうギックリ腰だ 🙄

前回は15年ほど前に、リハーサル中 床に置いてあった譜面を拾おうとして、そのまま
動けなくなった 🙄
リハはまだ中盤だったこともあり、痛みにもがきながら、椅子に座らせていただいて
乗り切ったものの数日間は自由に動く事も出来ず、散々だった。

さて、今回は前回よりも軽度とはいえ、時間が経つにつれて痛みがひどくなり、どんな
姿勢をしてても痛いので、どうしょうもなくなった。
近所の薬局にコルセットを買いに行くも、適当なものの在庫がなく、途方に暮れる。
薬局まで50mほど歩くだけでも、道行くお婆ちゃんたちにごぼう抜きされるほど、
ゆっくりしか歩けないし・・ 😆

あ・・そうだ、Amazonで頼めば1時間で来てくれる と思いついて、PrimeNowで
適当なものをみつけ発注、ほんと1時間くらいで届けてくれた、配達員の方が救世主に見えた 😆

コルセットをつけたら、大分楽になって今日にいたりますが、 サックスを吹くときも、
なんというかビリビリする、まだ数日は動作に気を使わないとだめですな。

あと、コルセットしていると、お腹が圧迫されてて食事がすすまない まぁ、私みたいな
太っちょに良い事かもしれんけどね 笑
でも、明日は焼肉をごちそうになれるんだよね・・コルセットは緩めて行かねば 😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

Aerophone(エアロフォン)バイトセンサー感度カスタム調整方法

エアロフォンのバイトセンサーのカスタム調整の方法です。
(エアロフォンで繊細なリップベンドやビブラートを表現する為の設定)
※以下の内容は、上級者向けの設定方法となります。
とはいえ、壊れたりしないので誰しもチャレンジしてみてOKですけどね 😆
教室 区切り線
アロフォンではアンブッシャを緩めるたりすることで、サックスと同じようにベンド効果を
得られますが、サックスをやっている人ならご存知のように、奏者によって
使っているマウスピースや、リード硬度も違う為、アンブッシャの締め圧等は十人十色なわけです。
んで、十人十色な人たちがそれぞれエアロフォンを吹くと、やはりアンブッシャで制御する
ベンド効果(リップベンドダウンやリップベンドアップ)はなかなか思うよう作用してくれない訳です。


←この触覚みたいなのがバイトセンサーで、リード内側に触れて、リードの微妙な動きを感知してくれます

アロフォンの初期状態では、パラメータのBiteモードをピッチモードにすると、
バイトセンサー感度はAUTOで調整されるんですが、先ほども言いましたように、アンブッシャの締め圧は十人十色なので、AUTOでは自分のアンブッシャにピッタリのBEND反応は得られません。
その回避方法として、バイトセンサーに係わるパラメータ2つを自分好みに調整する事が可能となっています。

 

 

取説にある以下2つのパラメータのカスタマイズ設定方法を文章だとわかりにくいので、
動画にしてみました、是非参考にしてください!!

教室 区切り線

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

新曲アップしました

作曲家 矢島きょうこ さんの曲をアレンジさせて頂いて、ソプラノサックスの楽曲にさせて
頂きました。 “March in Paris ( 3月のパリ )” という曲です。
ちなみに私はパリに行ったことがありませんが・・ 😆

ソロパートを作ろうか迷ったのですが、メロが美しいのでラストまで旋律メインで
アレンジ致しました。是非聞いてください 😉

composition ; Kyoko Yajima
arr ; Masahiko Fujimoto & Kyoko Yajima
Sop & Tenor saxophone,programing : 藤本”MASAX”匡光

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

怖いもの見たさ・・

最近ではSAX本体も、台湾やら中国の楽器メーカーが頑張っていますよね
まあ、有名メーカーも台湾生産多いですし、PB的なサックスは殆ど台湾生産ですしね。

で、前にハーレーの部品買った香港系の店に、なぜかソプラノサックスのメタルマウスピースが
商品一覧ででてくる 笑 なんでバイク用品の並びに・・・

これ最近海外の通販でよく出回ってるやつですね・・

あ・・・あやしい・・
キャップは完全にセルマーのコピーだよね・・
リガチャーはネジ一本絞めだけど、普通 ネジ一本絞めの場合リード側やないでしょ・・とか 😆

でも、日本までの送料無料で、リガチャーとキャップついて真鍮素材で2,600円!!ときたもんだ 笑
この金額ならドブに捨ててもいいか 怖いもの見たさでポチッてみました  😆

到着したら感想かいてみます!!! しかし、くれぐれも皆様は真似をしないでくださいね 笑
マウスピースは最重要部品ですから、試奏して選んでかうものです 😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

ねこ舌センサー

ちょこ 17歳 けっこうな婆ちゃん猫は加湿器に夢中 😆

ちょこさんは、最近水飲み場よりも加湿器からでる霧をいたく気に入ったらしく・・

起きてる時は15分に一回くらい加湿器のところに行って、吹き出し口あたりを舐めようと
背伸びしている・・。

まあ・・別に倒したりしないから良いんだけど、この加湿器 タイマー設定とか中の照明が
タッチセンサーになってて、ちょこさんがセンサー辺りを舐めるらしく、勝手にタイマーで
電源が切れてたり、照明がついてたりする・・・。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

silver

最近アルトはずっとselmer SA80-Ⅱを使っていますが、派手なシルバープレートの新入りです。

てか、よくよく考えてみるとシルバープレートは今まで一度も買っていませんでした 😛

今までアルト遍歴は、カイルのブラックニッケル以外は全部管体はラッカーでした
Selmer mark7 (フラセル)
Selmerr SA80-Ⅱ (現在メインで使っているやつ)
Selmer mark6 (アメセル)
Selmer mark7 (アメセル)
Selmer mark6 (アメセル)
カイルベルス(BN)
Selmer リファレンス
YAMAHA 82Z
Selmer SA80-Ⅱ

ちなみに、アメセルばっかり買ってた時期は、もう20年以上前です 笑
当時はアメセルでもアルトは60万円前後で取引されていたので、昨今のような目の飛び出る金額ではなかったのです 😆
某専門店でデビットサンボーン氏が実際に使った楽器でも58万円で売りにでてたりね、消費税も3%の時代です。売るときにも金額が目減りしなかったので、転がしてました 笑
でも結局今もメインなのは初期に買ったSA80-Ⅱてのが、なんとも皮肉な結果ですよね w このSA80-Ⅱは発売直後日本輸入第一弾の楽器なんですよ とよく分からん自慢もしておきます 😆

んで今回のシルバープレートはキャンノンボール 😆  縁あってうちにやってきました。このモデルはキャンノンボールの中で最高級ラインではないんですけどね、現在使っているマウスピースとの相性がいい感じなんです。
「まぁ、SAXは高けりゃ良いってもんでもないからねぇ」とアメセル買ってた時期の自分に言ってやりたいです www

このサックスはいわゆる「今風」な鳴り方をするんですけど、音程とか音量のコントロールはやりやすいですね、スムースジャズなんか吹くと気持ちいいです 😛

タンポもメタルリゾネータータンポ・バネ等も質の良いものを使っているようですね。
シルバープレートはラッカーよりもダーク寄りになる傾向がありますけど、僕の今のマウスピースがハイバッフル系なので、ほどよく中和されて丁度いい感じではあります。

まあボチボチ育ててみますかね、楽しいもんです 😆

 

大丈夫ではない!!

先日とある飲食店でのやりとり

丼ものを頼んだんですけど、具の汁が器の外側までこぼれてて、店員さんに拭いていただこうと
お願いした。

私「すみません、器の外側に結構汁が垂れてしまっているので、拭いていただいていいですか?」

レジ係店員女性「失礼いたしました」

さっとポケットから布を取り出した店員さん、器を拭いてくれている。

しかし・・、その布自体が薄汚れている・・・
私は潔癖症でもなんでもないけど、口を付ける部分だけに、ちょっとね・・

私「その布で器を拭くのは大丈夫ですか?」

レジ係店員女性「はい!!大丈夫です!!テーブルを拭く布ですから!!」

あまりに元気に返答してくれたので「あーそうですか!!」と言いそうになったけど
よく考えたらおかしい・・テーブル拭きと食器拭きは普通は別やないか 🙄

私「テーブル拭きは 簡単に言うと雑巾ですよね・・」
レジ係店員女性はあわててキッチンペーパーを取りに行った・・・
まあそもそも調理の人のミスだけどね・・・。

“はなまる”はあげられないうどん屋さんでした 😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光