フラジオの境目で重要な hight F#の替え指

生徒さんでもフラジオを練習している人が多いのですが、比較的一つ一つの音は運指を教えてあげてコツをつかめば音は出るようになります。

次の段階としては「フレーズ」にすることですが、フラジオ音域で音をつなげる事はもちろん難しいのですが、あわせてフラジオ音域に移行するための経過音としてのhight F#の運指を何種類か知っておいたほうが便利ですし、知っていないと吹けないフレーズも出てきます。

フラジオ音域に向かう時(上行時)の経過hight F#運指と、フラジオ音域から下がってくる時(下降時)に経過するhight F#運指には使い分けも必要です(つながり上より簡単な運指を選択できる)。

以下は、私が個人的に使っている何種類かです、もちろんそれほど独自運指というわけではないですが、参考にしてもらうといいかも!!という付加キーもあります。

(わたしはアルトもテナーも吹くので、基本的には両方共通で極力行けるようにしています。フラジオ音域の運指もそうですけど、テナーもアルトも吹く方は極力共通の運指でいけたほうが楽ですからね、まぁ・・中には共通では鳴らない運指も出てきますので、それはまた機会つくります。)


広告

フロントFつかうやつね

次は私がよく使うやつ

これね、以下2つ何が違うかというと、
アルトのほうは左手人差し指はBisポジションにしといて、
テナーの方はBポジションということなんです。
hight F#を鳴らしている時は、この使い分けしなくてもテナーもアルトも閉じているキーは同じなので、どちらも差は無いんですけど、半音上のhight Gの運指のなかの1つが、テナーとアルトが違う運指なので、hight F#の時点から前もって準備している というか、これで覚えたほうがあとあと楽だからなんですわ。

それと、左手小指の LOW Bb キーは押さなくとも鳴るのですが、押しといた方が断然狙った音を外さないです。このようにフラジオ音域あたりは、フラジオ運指表に書かれてないけど、付加的に押しといたほうが音がひっくり返らないとか、狙った音が出やすいという、リスクヘッジ的付加運指を知っておくことが重要だと個人的に思います。

あと、細かいこと言うと、右手で押す hight f#キー は、次の音(次の運指)が何になるかで、人差し指で押す時と中指で押す時があります。次の運指へのつながりを考えて使い分けてくださいね!!



フラジオ音域の練習は指導者の下でやることをオススメします!! なんせ、我流でやってるとアンブシュア壊す可能性もありますからね。

あと、使っている楽器メーカーによって、鳴りやすいフラジオ運指が違ってきますので、そのへんは先生に聞くか、中級者は色々と試してみてもいいと思います。

トップへ戻る
テキストのコピーはできません悪しからず・・
タイトルとURLをコピーしました