チョコさんのその後

膀胱炎で苦しんだチョコさんですが、抗生物質投与で全快したようで
相変わらずですが、ゴロゴロしております。
基本的にうちのソファーは猫様用となってしまっております・・。

投薬はあれだけ苦労したんだけど、結局こいつを買って使ったら
美味しそうにバクバク食べていましたよ・・最初からこれを使えば
良かった(^^;

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

“Aerophone EDITOR” 公開されました

Rolandさんから Aerophone EDITOR が公開となりました!!

このエアロフォン専用エディターを使うと、エアロフォンで使える音色を
自分でエディットすることが可能になります!!
レイヤーを使いこなすだけでも、相当音色の幅が広がりますよ!!
IOSアプリなので、Aerophoneをお持ちのiphone使いの方は、是非ダウンロードして
使ってみてください!!
教室 区切り線
Aerophone EDITOR を簡単に紹介する動画を作成いたしました 😛

【動画中説明に訂正箇所が御座います、下記ご確認ください】
———————–
■■15:00 あたり■■
Write の動作で、U:003 にすれば、U:003 に書き込まれますと話してますが、Aerophone本体テンポラリーに書き込まれるだけですので、
実際に書きこむには、Aerophone で Write 操作を行なうか、100個のトーンのセット全てを転送するかになります。
———————–
■■16:45 あたり■■
元々何もないところからアナログシンセに近い感覚での音作りが出来ると話しましたが、元の音があってその音をエディットしていく形での音色編集になります。ですから、エディットの仕方としては、パートごとにサウンドを選び、選んだパートを編集するということになります。
【以上 訂正です、すみません】
———————————————-
レイヤーを使えるようになるだけでも、音色の幅が広がりますよ!!
advanseモードでは、めちゃくちゃ細かいパラメータが設定できます。
教室 区切り線

○「AE-10専用エディター・アプリ(無料)」
https://itunes.apple.com/jp/app/aerophone-editor/id1210606767?mt=8
AE-10のポテンシャルをひき出す音つくりや演奏設定のカスタマイズを
可能にする iOSアプリです。

・最大4音色をレイヤーさせオリジナル・トーンを
・演奏シーンに合わせた音色セット作成
・本体だけでは出来ない、細かい音作り
・ブレス・コントロール、バイト・コントロール、サム・コントロールの
コントロール・パラメーター・アサイン
・内蔵エフェクトの詳細設定

※iOS9, iOS10 対応
※AE-10システム・プログラム Ver.2.1.0以上が必要
※本アプリ使用には、Aerophone AE-10本体とApple USB カメラアダプタが必要

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

GO:MIXER にAerophone挿してスマホで撮影してみた

昨日に続いてGO:MIXERネタですー

これ使ったらスマホですぐ高音質動画作れるので、早速レビュー風に動画作ってみました。
別にユーチューバーになろうとしてるわけやないですよ 😆

今回の配線はこんな感じです

スマホで撮影・そのまま録音したとは思えないくらい、良い音で撮れました!!! 😛
早い!! 安い!! 高音質!! です 😆

めちゃくちゃユルイ動画ですが、暇~つぶしに見てください 😛

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

“GO:MIXER” by Roland

これから演奏動画を投稿サイトにあげようか!!と考えてる人に最適な機材が発売されました
RolandGO:MIXER“の紹介です。

個人的にも発売前から気になっていた商品なのです。

何ができてどう便利か? といいますと、こやつはこの小さな筐体に、欲しかった機能が集約されていて、んでしかも簡単!!

演奏動画を作成する際に、ある程度以上の音質で動画を作成する際には、少なからず、機材と知識を必要とします。

“歌ってみた” や ”演奏してみた” という動画を作成して動画投稿サイトにあげる一般の方にとっては、敷居が高くなる一因ではあります。

教室 区切り線
たとえば、カラオケに合わせてサックスやAEROPHONEで演奏した動画をご自身で作成して
ネットに上げるとします、
多くのユーザーは最初、スマホのカメラで直撮りしてネットに上げる方法を選択しますが
ただその方法では、演奏動画であるにもかかわらず、音質は最悪です・・・で、すぐに良い音で
視聴皆に聞いてもらいたい!!と思うようになります。

その際に必要となる機材としては、マイク・カラオケを再生する機材(まあ、これに関しては
PCや携帯音楽プレーヤーで再生すればいいです)。んで、それらの音をミックスする
ミキサーが必要になり、更にミキサーからの出音を録音機材で録音となります。

しかしそこで終わりません・・・さらに大変なのがその後で、撮影時に動画撮影と同時に、
上記機材で録音を行います。

出来上がったカメラで撮った映像素材と、録音機材で録った録音素材を、両方パソコンに
取り込み動画編集ソフトで映像と音との同期をとり、レンダリング(書き出し)、出来た
ファイルを動画投稿サイトにアップロード・・・

慣れないうちはたった数分の動画でも一日で作業を終えるのは至難の業です。
教室 区切り線
そんな作業をめちゃくちゃ簡単に短時間でできちゃうのが、このGO:MIXER
しかも安い・・(実売1万円程度)。
この小さな筐体に、マイクを挿して、カラオケのトラックも挿して、音のバランスをとって、
出力をiphoneやスマホに直結して、スマホで動画を撮影すると、高音質の動画が完成!! 笑

  • 手のひらサイズのスマートフォン専用オーディオ・ミキサー。
  • デスクトップやモバイルの両方の使用に最適。
  • マイク、楽器、メディア・プレーヤーが接続可能なマルチ・インプット。
  • プラグ・アンド・プレイ-開封してすぐに使用可能。
  • iOS、Androidそれぞれの端末に対応した接続ケーブル付属。
  • 電池、ACアダプターを必要としないスマートフォンからのUSBバス・パワー駆動。
  • カラオケ感覚を楽しむことができるセンター・キャンセル機能

教室 区切り線
GO:MIXER に入力できるチャンネル数は小さいながら8ch入力なんですよね
LINE  1.2  共にステレオ入力可能 計4ch
mic 1ch
Guitar/bass 1ch
instrument LR 2ch (Lのみだとmonoで入力可能)

※画像は取説より引用 https://static.roland.com/assets/media/pdf/GOMIXER_jpn01_W.pdf

教室 区切り線
上のビデオの後半にもありますが、サックスの音にエフェクターを噛ましたい時には、
マイクをエフェクターに挿して、その出力をLINE  1or2若しくはinstrument L+Rに挿してあげれば、リバーブ等のエフェクトをかけた状態でサックスを録音できますね。

エアロフォンではエアロフォン本体にエフェクト機能がありますから、エアロフォンのヘッドフォン端子からの出力を、GO:MIXERのLINE IN の 1 or 2 に直接挿せばOKです。

GO:MIXERをiphoneやスマホに挿して動画撮影すると、音声トラックはGO:MIXERからの
高音質音声で録音されるんですよね。ですから、もうこれで高音質動画が完成します。
実時間で完了するところが、なんといっても魅力です。

最近のスマホはHD録画がデフォルトなので、音質さえどうにかなれば・・・という
悩みが一発解決ですね。
教室 区切り線
あと、オマケ機能というか、センターキャンセル機能が付いていますから、
実際の楽曲からカラオケに近い音源をスイッチ一つで再生できます。


※画像は取説より引用 https://static.roland.com/assets/media/pdf/GOMIXER_jpn01_W.pdf
教室 区切り線

これから演奏動画などを動画投稿サイトに高音質でアップしたい人やツイキャスユーザーには、実売1万円程度で最良の選択肢ではないかと思いますよ!!

ちなみにスマートフォン専用となっていますけど、電源をモバイルバッテリーなどからUSB給電してあげれば、モバイルミキサーとしても普通に使えるので、路上ライブや簡易環境でのライブなどで大きなミキサーを持ち歩かなくても、GO:MIXERもっていけばなんとかなっちゃいますね。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

OMENS OF LOVE

“OMENS OF LOVE”  といえば、僕がまだ高校生だったころ、The SQUAREのヒット曲ですね
吹奏楽編曲バージョンもヒットして、いまの若い吹奏楽部の人たちも、この曲と宝島は
知ってたりします。

僕も、高校の同級生でエレクトーンやってたO君が熱狂的なSQUAREファンで、
今から29年も前 😯 ・・高校3年5月の文化祭にSQUAREのコピーバンドで参加しよう!!と
誘われて、バンドを結成しました。

思えばあれが私の初バンド経験ですね。ドラムとベースは、当時としては珍しかった
打ち込みオタクのS君が参加してくれて、レジスターみたいなシーケンサー
ローランドMC500を駆使してドラムとベースのリズムトラックを作ってくれた。

ギターはツインギターで、キーボードも2名、O君はマニュピレータみたいな 笑
んで、僕もサックスだけだと演奏できない曲があるので、当時ウインドシンセといえば、
ヤマハのWX7、音源はTX802というのが王道で、WXはなんとか親に買ってもらったけど、
TX802は確か20万円ほどで高校生には手が出ない・・・と困っていると、高校のOBの方が
TX802を二台もってて、一台を貸してくれた。

一応、高校の文化祭のメインステージでトリに立つには予選があったんだけど、見事予選1位に 😆
他のバンドからは「ドラムとベースの打ち込みはずるい」と言われたらしいけど、高校生が
あの時代に、ライブで打ち込み同期で演奏したことの方が、今となっては驚きではある:lol:

前置きが長くなったけど、その時演奏したのも”OMENS OF LOVE” でした。
で、まあ、そんなノスタルジーもありこの曲をエアロフォンで演奏してみました。
今回の使用音色は、内蔵音源じゃなくて、PC経由でソフトシンセを使っています。

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

何を検索しとんねん!!

ここのページに来ていただいている方の多くは検索エンジンからお越しの方ですが
どんな事を知りたいのか と検索キーワード統計をみたりしてます
月に、のべ数万人の方にご覧いただいているようで、とても嬉しい限りです!!

しかし!!! 検索キーワードを見るに、たまに意図せずこのページに来た人もいるようです・・ 😛

最近の検索キーワードホームラン賞は
こちら!!


春休みの小学生かっっっ!! 😛  😛  😛

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

サックス奏者 藤本匡光がお贈りする、サックス情報ブログと東京池袋で開講しているサックス教室のページです。