東京5000人/日超えてしまいましたね…

昨日の東京の感染者数ついに5000人/日を超えてしまいましたね。前にも書きましたけど自宅横の大学病院(コロナ病棟併設)には、今月入ってからは、ぱっっっったりと救急車が来なくなりました。すなわち満床で受け入れができなくなっているということでしょう… 
状況は詳しくはわかりませんけど、夜20時ころに消灯後の病室で赤い光がピカピカ点滅してたことがありました、何の機器の赤点滅かわかりませんけど『赤』ですからね…

去年コロナで病床が逼迫していた頃だったと思いますが、医療崩壊の危機に直面して、発熱しても4日間は自宅で様子を見てくださいって言ってて、相当批判を受けていましたけど、現在は陽性確認後に結構な症状の出る中等症患者でさえ自宅療養ということで、医療現場の逼迫度合いが去年のそれとは全く異なる状況のようですね。

自宅療養中に重症化してしまうと…と考えると怖いです。パンデミック下でのトリアージとも言われているようですが、本来トリアージって大地震などの災害現場で、医師の判断のもと治療対応優先順位をつけざるをえない状況下にくだされる判断だと考えていましたが、ウイルス感染による現在の『災害』だと、それぞれの患者の状態急変が予想できないわけで、ますます怖い状況になっていると感じます。

正直、東京では私の周りでも『あの人が罹患したらしい』という話はよく聞くようになっています。去年のコロナ感染拡大初期みたいに、保健所が感染経路の追跡(現在は追跡しても無意味だろうけど)できない今となっては、結局これまで通り手指消毒・会食に行かない・・・など『感染対策に気をつけた生活』を粛々と続けるしか無いんですよね。

しっっかし もう ほんまなんとか収束せんもんかね しんどいですよね…

Related Posts

トップへ戻る
テキストのコピーはできません悪しからず・・
タイトルとURLをコピーしました