太ったボブさん(FATBOB)

我が家に新ハーレーFXDFが納車されました 😋
FXDFは通称 FatBob と言いまして、太ったボブさん です。

私自身ハーレーを乗り継ぐことになろうとは、昔の自分では考えられませんでした(^^; 18歳からずっとバイクには乗っていますけど、基本的に国産ネイキッドとかスクーター系乗り継いでいたので、デカくて、遅くて、止まらなくて、曲がらなくて、煩くて、乗ってる人がコスプレぽくて・・・とハーレーにはあまり良いイメージがありませんでしたww

実際妻が所有していたXL1200Sに初めて乗った時も、重くて、遅くて、止まらなくて、曲がらなくて、振動激しくて・・・と「なんやねん これ」感はありましたけど、車でハマってた旧ローバーミニと共通する楽しさがありました。国産ネイキッド系とは運転作法の違う面が多々ありますが、ハーレーも慣れてくると無骨な面が面白く運転できるようになってきました。まあ、ハーレー一台だけだと普段のちょっい乗りはちょっと大変なので、未だに125ccのスクーターと二台持ちですけどねw

若かりし頃は日が沈んでからでも、思い付きでツーリングに出かけたり、車でドライブなんてこともしてましたが、まぁぁぁぁぁ40過ぎてからは夜あてもなく走りにいくとかはなくなりました(^^;

しかしながら、今回はせっかく納車されたので仕事終わって20時頃から、妻とタンデムで出かけてみました🤤
近所の関越道入り口から あてもなく高速に乗って、高坂サービスエリアまで片道35kmほど走ってみました。

以前乗っていた1200sに比べると、とても快適になりました。
とにかく1200sと比べると振動が少なくなったので、お尻も手も足も膀胱も痺れませんwww。まあ、振動が激しかった1200sは、それはそれで乗ってる感が強いので楽しかったのですけどね。

FatBobはライディングポジション・足つきもめちゃくちゃ楽ですね。ただ、車重は300kg超えるので、停車時跨ったままでの取り回しはちょっとシンドイです、まあ、走り出すとその分安定感ありますし意外とコーナーはキビキビと曲がれます。1200sはキャブレター方式でしたが、fatbobはFI(インジェクション)なので、始動はキャブと違って、まっっっっっったく気を使わなくてよいので、これなら気楽に乗り出しできそうですわ。
関越の区間規制速度100km/hまではあっという間で(SSバイクと比べたらあかんよ)、6速だと2000回転くらいで100キロキープできるので大分余裕がありました。

不満点・・というほどでもないですが、FXDF日本仕様ノーマルマフラーは、静か過ぎるくらい静かですね。
1200sもマフラーはノーマルで乗っていましたけど、1200s発売当時(1998年頃)はそれほど排ガス規制が厳しくなかったこともあり、煩くはないけどそこそこの音量がありました。まぁ、爆音でハーレー乗るのは個人的には嫌いなのですけど、さすがにFXDF日本仕様ノーマルマフラーは、もう少し低音が欲しい感じはしてしまいました(^^;
FXDFアメリカ本国の北米ノーマルマフラーは基本的に静かだけど、日本仕様よりも低音が出るらしいので、将来的には考えてみようと思いましたわ 😆

↓わたしも同じアングルで写真撮りましたけど、なんか絵にならなかったので、妻の写真を載せておきます(^^;
まだ妻はこのバイク運転していませんけど。

ハーレは基本的にスピード命のバイクではないですから、街乗りでもゆっくり余裕をもって乗れそうですわ。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

 

脳MRIの検査結果

本日仕事前に先日受けた脳MRIの検査結果を聞きに受診してきました。
結果から言いますと、脳MRIでは何の問題も発見されませんでした、ちょっと安心しました。

何だかんだ検査結果を聞くまではナーバスになって、変な夢見たりしてたのも事実でして(^^;
先生が診察室の画面にメチャクチャ細かく綺麗に映し出された私の頭部断層画像をマウスホイールでグリグリすると、輪切りの連続画像がアニメーションの様になって、なんだか変な感じでした。
「これが小脳で、三半規管・ここは・・なになにを司る部位ですよ」と大学病院の先生って、皆さんメチャクチャ丁寧に説明してくれるので安心感あります。
「血管だけ映した画像これで」と血管が網の目の様に映し出された立体的画像を、こまかく説明しながら診断してくれました。

MRIの結果脳の問題なしというのは安心しましたが、耳鳴りはそこそこしてたりしまして、これに関しては原因が多岐に渡る為、一旦投薬は継続して様子をみるそうです。まあ、今日の聴力検査は、耳鳴りに邪魔されながらもほぼ正常値だったそうです。

あ・・どうやら、MRI撮影時に寝てた影響はなかったそうですw

—————————————-
以下余談ですが

以前わたしが患ったベル麻痺(顔面麻痺)もそうでしたが、やはりなんかおかしい・・・と感じたら、仕事休んででもすぐに信頼できる大きな病院を受診したほうが良いですね。
町医者さんが悪いわけではないですが、出来たら大学病院や総合病院のが、科を跨いでの検査もしていただけますし。

ベル麻痺の時は、今思えば左耳後ろのリンパ節に数日前から違和感があって、ある朝突然歯磨きして口濯ごうとしたら、口に含んだ水が意図せずドバ~って漏れまして、なにが起こったのか呆然となりました。
その足で救急病院に行って脳梗塞の検査などを受け、点滴等の処置をしていただいたので、数か月かかりましたが、幸い元通りまで回復出来ました。もちろんその数か月はサックス吹けませんでした(^^; アンブッシャが出来ないので超初心者の頃に戻ってました 😆

管楽器奏者としては、口周りに後遺症が残ってしまうと、それまでの演奏はほぼ出来なくなってしまいます。実際ベル麻痺(顔面麻痺)が原因でサックスやトランペットを辞めた方も数人存じております。
不幸にもそんな症状がある日突然降りかかった時は、とにかく一刻も早く受診してください。
—————————————-

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

寝るなよ、寝るなよ、絶対寝るなよ!

昨日は例の検査の為、人生何度目かのMRIを受診してきました。
脳MRIは初めてでしたけど。

MRIを受けたことが有る方はご存知だと思いますが、結構大きな音が撮影中20分ほど続く事になります。
今回頭部の撮影という事で、担当看護師さんが「寝ちゃうと顎が動いたりして画像がブレたりするので、寝ないでくださいね」と言われました。

準備完了後頭部を固定されてMRI撮影が開始されました。
頭部固定具と両耳のすき間には、耳栓ならぬ柔らかいパッドがつめこまれて、騒音は大分おさえられます。

し・・しかし・・MRIの動作音はリズミカルでしかも身体の周りを回転する立体音響なわけで、目を閉じた状態で聞いているとあっという間に眠気が・・。

「寝たらあかん・・寝たらあかん・・・」と思えば思うほど、動作音の軽快なリズムに吸い込まれしまって・・ 😆

 

「はい、終わりましたよー」

え・・・・・途中全然記憶ないやん・・・(^^;

騒音は眠くなりますなぁ。

画像がブレてないか等は後日判明します 😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

サックスピンマイク audio-technica ATM35

最近主に使っているサックス用のコンデンサー型ビンマイク

audio-technica ATM35 (実売3.8万円前後)

音質はサックスや管楽器に美味しい帯域を際立たせるチューニングが施されている感じで、クリップポン付けで使いやすいですね。

価格帯の競合としては、AKGのC519M+B29L(パワーモジュール)となりますが、多少AKGの方が音質はキラキラした印象です(個人的感想)
AKGのC519Mはマイク2本同時挿しが出来て、さらにマイクそれぞれのバランスをパワーモジュールで変更できるので、ソプラノサックスとか長物をマイク二本運用なら優位性がありますね。

ATM35はバッテリーモジュール(電池駆動&ファントム電源対応)が付属していて、Low-cutスイッチも付いていて、マイクの最大入力値は143dB(電池時)、150dB(ファントム48V時)と、サックスの大音量てせも十分余裕があります。
AKG C519M のキラキラ感は、ソプラノとかソプラニーノに使いやすい印象で、ATM35はテナー・アルトなどの中音域あたりもしっかり出てくれる感じです。

まぁ、どちらも優秀なマイクなので ” 比べたら “という程度ですけどね。

ただし・・・ATM35には不満点も・・・。

バッテリーモジュールを腰に装着した場合、マイクからのシールドが7.6mもあるので、束ねても写真の通り嵩張る 😯
それでも腰につけて運用するのもありだけど、結局腰につけずに足元にパワーモジュール置いて運用しております・・・。
それでもシールドは3mもあれば十分なんですけど(^^;
サックス奏者限定の意見かもですが、ほんとシールド無駄に長い・・・長すぎる・・・。
このマイクの下位グレード PRO35はシールド1.8mと短いんだけど・・ATM35(マイクは専用設計みたい)はこの長さだけなんですよね(^^;

まあ、嘆いても仕方ないので、電気系強い知り合いに線を短くしてもらうか検討中です。

まぁ、そんな不満点もありますけど、手軽にサックスを宅録したりする場合でも、サックスらしい音色で高音質に録音できるので、ステージ使用と宅録使用両方を賄えるマイクだと思います。

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

ドナドナ♪

またバイクネタですが(^^;

買い替えとなった我が家のHarleyさん
今までお世話になったXL1200Sを、既に査定してもらった買取店にドナドナ搬入に行きました。

車の場合は20年落ちとかになると、余程レアな車体でもない限り、査定は0になりますが、Harleyは20年落ちでもそこそこ査定金額があり助かりました(^^
買取店までは妻がHarleyで行って、私は帰りの足が無くなるので、原二のスクーターで同行しました 😆

新しいほうは、もう少し先になりますが既に何だかんだ装備品を買ってたら、来月のクレカの支払いが・・・・。

頑張って働こう 🙄

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

これください!

現在乗っているハーレーXL1200Sさん

1998年式のモデルですので、今年で丁度20歳・・故障もなくエンジンもまだまだ元気ですが、さすがにそろそろエンジン含めたオーバーホールを考えなきゃ・・と思っていました。

このモデルは”ハーレーの中では駿足なモデル”ではありますが(大型バイクとしては全然駿足ではございませんが ^^; )、キャブレター式・エンジンリジットマウントで、とにかく振動はすごいのです。まぁそれもこのモデルの楽しみの一つではありますが、遠出はめっちゃ疲れます・・タンクもチッコイのでマメに給油しないといけません(^^;

車検がもうすぐ切れるので、合わせてオーバーホールしようかと妻と相談していると「どうせお金かけるなら乗り替える??」とのお言葉ww  おっっっ、そ・・そうきましたか🤣

もちろんこのXL1200Sに愛着もありますが、確かにエンジンまでのオーバーホールやら、ベルトドライブ ベルト交換まですると、軽く車検+30万以上とんでいくわけで・・買い替えの選択もありかもね。とはいえ、乗り換えるにしてもHarleyは結構値が張ります・・・。

あまりの急展開で次買うならどのモデルが・・とかも考えもないまま、翌日ショールームに行ってみてみようという事になりました。妻(大型バイク免許持ちでもともとハーレー乗り)との共通認識で「バカデカいハーレーは億劫になって乗らなくなるのでは」ということで、店につくとソコソコの大きさまでのハーレー展示車を見て回りました。

すると、一台サイズ感も色もいい感じのが目に留まって、どうやら妻もそれが気になったようで、二人で代わるがわる跨ってみました。そのバイクの排気量は約1.600ccなのでXL1200S(スポーツスター)より車重+100kgのゴツいモデルですが、足つきも楽でとても良い感じです。

妻が、対応していただいた店長さんに
「これなかなかカッコよくて素敵ですね!!」
つぎに私に
「これで良いでしょ~? かっこいいし!!」

でまた店長さんに

「これください!」

えーーーーーーーーーーーーーーーっっっなんなんその決断力😅
私の買い物感覚ではその価格になると「あのぅ・・・じっくりじっくり諸々色々と多岐に渡って考えて、さらにさらに熟考したうえで、また後日連絡致します」となるんですけど・・

店長さんいわく
「女性が買われるときは、即決する方おおいですよ」だそうです。
男性の場合は、私とおなじようにその日は一旦帰って、後日の連絡が多いとの事。ただ、その考えている間に、そのバイクが売れてしまって・・・ということも間々あるらしく「即決するのは悪くないと思いますよ」との事でしたわ。

納車は少し先になりますが、とても楽しみです~

あ・・先日からの左耳が聞こえにくい とかは、ボチボチ良くなっているような感じですが、そんなときに何やっとんねんという突っ込みはご勘弁ください😅

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

 

りんな すげーー

マイクロソフトの人工知能高校生”りんな”が曲を発表したと聞いて、あまり期待せずに聞いてみたんだけど・・

驚きの完成度・・・ここまできましたか・・・。結構いい曲ですし。

ちょっと音程を外していたり、声質が音域によって成分変えていたり、ベンドも自然だし・・・ほんと人間ぽいんですよね、その部分てAIが考えてわざとやったのか、それともその部分には人の手が入れられたのかは判りませんが、このレベルはまさに驚愕です 、言われなければAIと気づく人は居ないかもしれません8-O

これまでのボーカロイドとは一線を隔す凄い時代に突入しましたね・・。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン