新製品が気になる今日この頃

ここ最近、オーディオインターフェースの新製品が続々と発表されてまして、気になる製品が多いわけです。

以前は音楽制作者は必然的に使っていたオーディオインターフェースですが、やはり限られた人達が使っているだけのニッチな市場だったわけです。しかし、昨今アマチュアの方がyoutube等で、どんどん演奏や歌をアップするようになって、更に良い音で発表したいというニーズが高まってきた事もあり、性能が優れて価格も抑えられた製品が出て来てますね。

私も愛用しているUniversal Audioから発売された新製品 ” Arrow“ これは、サックスの録音にも、もってこいな仕様です!!細かい説明はしませんが(^^; Unisonテクノロジーを使うことで、名機と呼ばれるマイクプリアンプ等を再現できるので、わざわざ他にマイクプリを買う必要がないので、トータルコストは断然安くなります。
Unisonテクノロジーについては、藤本健さんのDTMステーションをリンクしておきますね。

おっっっなんとタイムリーな、丁度DTMステーションでもArrowの記事がアップされたてました。←私の説明より全然わかりやすいです(^^; ほんと健さんはすごい。

わたしもメインはこのUnisonテクノロジーを使用したオーディオインターフェース appolo twinを使っています。

使いだしてからは手持ちの実機のマイクプリはあまり使わなくなりました(^^;

単体マイクプリ実機は、なんだかんだ良いのを買うと、最低でも7.8万円以上からの価格になるので、それを考えると、オーディオインターフェースに、名機シミュレートUnisonテクノロジーが組み使えるArrow はお得ではないでしょうか。

もう一つ紹介しようと思ってたら、こっちもDTMステーションさんが、いち早く記事にされてたので、リンク貼るだけにして手抜きさせてもらいます~ → DTMステーション Steinberg UR-RT2・UR-RT4
これも、機能に対して、とんでもない価格設定(お安い)で出してきますね。
先のUnisonテクノロジーは、実機(名機)の挙動を極力正確にシミュレートするテクノロジーで、特にアナログ時代の名機をデジタルで再現する事にたけていますが、このSteinberg UR-RT2・UR-RT4 には、実際にアナログトランスを搭載しているという、なんとも贅沢な製品です。まだ発売前なので、サックスを録音するとどうなのかは未知数ですけど、前評判は上々なので、是非サックスでも試してみたいですね。

私が初めてプロ向けのオーディオインターフェースを買った20年ほど前は、恐ろしく高価でした。今や2万円前後のオーディオインターフェースも、マイクプリ部・再生部は高音質になって素晴らしいのですが、ざっくり言うと5.6万円以上くらいから、さらに音質が一皮むけます 😛

昨今はソフトウェアシンセなど、PC内部でほとんどの事がデジタルで完結できる時代ではありますが、うちらみたいな生楽器・歌を録音する場合には、アナログ音をマイクでひらって、デジタルに変換してPCへと送ってあげないといけない訳で、その変換を担うオーディオインターフェースのマイクプリ部の性能は、出来ればその価格帯くらいからのオーディオインターフェースを選択する方が、後々の買い替える必要が無いので、結果的に安上がりになるんではないでしょうか。
今回紹介した二機種なら、宅録環境において後々、ランクアップ買い替えしなくても、十分に使い倒すことが出来ると思います。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

とりあえずスマホで

ここんところ、サックスを始める生徒さんには、チューナーはわざわざ専用機かわなくても、スマホのアプリでいいよ~と言っています。

ただ、難点が一点・・・性能が高すぎて、敏感すぎる 😆
3,000円位で手に入るチューナーとかは、アプリと違って計測から表示迄にレイテンシー(遅延・ズレ)が起こるけど、アプリでは瞬時に反応するので、初心者には判定が厳しすぎるような 😆
昔のチューナーには、そのあたりのアバウト具合を選べるのも有ったので、アプリでも少し甘めの判定モードとかあると、初心者は必要以上に神経質にならなくて良いかもしれません・・(^^;

とはいえ、100円程度で高性能のチューナー・メトロノーム等アプリを手に入れられるのは、便利な時代になりましたね。

あと、そうですね、練習用によく使われているのが、iReal Proですかね。このアプリは、昔からある有名伴奏ソフトBand in a Boxをアプリにしたような手軽さで、伴奏してくれます、オプションでアヴェイラブル・ノート・スケールの表示機能とかもあり、スケールを覚え出しの頃には、とても重宝するのではないでしょうか。現在、このソフト通常時は1,600円ですが、たまに安売りしてて700円とかになるので、それ見つけた時は迷わずポチってくださいw

20年くらい未来に、あなたの理想のサックス音色で、頭で想像するだけで、その通りに華麗にサックス音を奏でるアプリが出て来たとしても、本物のサックスは止めないように!!
AIに負けないように練習しておきましょう 😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

15秒前に考えていなかった事

ミュージシャンなので、人前で演奏することは、良いも悪いも慣れてはいますが、一昨年ほど前から経験させて頂いている”楽器セミナー”の講師として壇上に立つことは、難しい面もありますが、とても楽しくて、自身も良い経験をさせてもらっています。

毎回、気付きが有るのですが、ここ最近気を付けていることは
15秒前に考えていなかった事は話さないですww

これは、私が車とかバイク運転してるときに、守っている決まり事がありまして ”10分前まで考えていなかった道を通らない”という決まり事です、そうすることで無駄な車線変更しなくていいですし、急に曲がる事も無いので、リスクヘッジできるのではという考えからです。
で、セミナーとかの壇上でも、急な話の車線変更して接触事故・・急にわき道に入って行き止まり・・・起こるんですよねww 壇上では救急隊も呼べませんし・・・ 😆

特に慣れてなかった最初の頃は、予め細かく流れは決めていたのに、その場の思い付きで予定になかった話をしてしまい、結局、主旨がぼやけて、自身でも落としどころが分からなくなって・・という時がありました(^^;
あるいみ、サービス精神からくるところではありますが、あれも・これもと話したくなって、結果的に内容が薄まってしまっている・・ 😆

まあ、思いつきで”受け”を狙って言ったことがウケなくても、まったく動じませんけどね・・これは関西人的に、小学校から厳しい環境で鍛えられていたからだと思いますが 😆

ほんと、まだまだ日々学ぶことが多いです。

次、人前で”話”もさせてもらうのは、次回の週末、21日22日と大阪・名古屋に参りますので、お時間ある方は是非足をお運びくださいませ。

https://www.ishibashi.co.jp/sale-event/0408_aerophone-seminar/

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

 

 

“結構です”

毎年新年度の始まるこの時期になると、営業電話””テレアポ”が増える。新人の研修のために、会社側も新人に電話営業の厳しさを体感させているのであろう。

手慣れた感じの営業電話がかかってきたときは、出た瞬間に声色がちがうので、速攻 ”結構です” とガチャ切りするんですけど、新人ぽい営業電話は、たどたどしくマニュアルを読んでいるのが、とても新鮮に感じるので、一区切りつくまで、黙って聞いてしまいますw

最近、某企業さんの新人研修に登壇させていただいて、新卒の方々に触れたこともありますが、いまから仕事を頑張ろうとしている感じは応援したくなります 😛

とはいえ、一区切りついたら “結構です” って切るんですけどねw

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

なんか違うような気もする(^^;

明日の福岡と週明けの別件の仕込みをしてみたのだが・・

ペーパーレス化したのに嵩張っとるやないか 😆
①譜面専用 ipad
②オケだし専用 以前使ってたiphone 6+
③譜面とオケのバックアップ ipad mini

・・・・・③はいらんやろ・・・とも思うんだけど、現場でトラブって青くなる位なら、リスクヘッジに・・と・・まあ、トラブることはまずないんだけどね・・・
サックスで言うと”サブ楽器”みたいに、「メイン楽器になんかあったら」で持ってても、まぁ、なんもないのでメインで過ごせるわけですわな(^^;
まあ、DTM用のノートPC持ち歩くよりは、軽いからエエか 😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

踏みつけて、送ってやる!!😣

iPad2018 買ったぞーー の続きですが、ついでなのでこんなんあるよ~ってことで。

下の矢印付いてるやつは、足で踏んでiPad上の譜めくりをするBluetooth接続の iRig BlueTurn です。
ページを跨ぐ曲とかで、ページ切り替え時に画面をスワイプする余裕がない時には足で踏めるので便利です。

わたしの歴代ページ送り器として、iRig BlueTurn2代目なのですが、初代は結構大きくて重かったのです・・、しかしこれは、一般的なマウスと同じくらいで、めっちゃ軽いですし、誤動作もほぼ皆無です。
現在は、もっと薄手の別製品も発売されてます。

まあ、この手の機器は、基本的にはBluetoothで進む・戻るを送信しているだけなので、どの譜面アプリでも使えるはずですし、プレゼンアプリ・ブックリーダーとかでも使えます。

譜面アプリによってページめくり速度は違ってきますが、個人的に使っているiPad譜面表示appでは、有料appですけど forScore が瞬時にページが切り変わりますね。

んで、forScoreよりはページ切り替えがワンテンポ遅くなりますけど、それほど気にならなくて、しかも無料の優れものappとしては、piascoreです、無料と侮ってはいけません、セットリスト機能も付いていますし、出来ることはforScoreに引けをとりませんから、おススメです。

お持ちの楽譜をPDF化する手間は有りますけど、エチュードとか諸々を本で持ち歩くと、結構嵩張るので、練習時に手軽に持ち運びができるのは、楽ちんですよね。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

ipad2018 + apple pencil

長らくタブレット買い替えから遠ざかっておりましたが、そろそろずっと使っていた旧ipadだと、譜面ページ送りにストレスが溜まってきたのと、ipad2018がapple pencilに対応したので、買ってみました。

また、これまで譜面アプリで譜面に書き込みする際には、指で書き込んでいたので、そらぁ・・あんた・・太いわ、汚いわで、後から見返した時に分かりずらい分かりずらい(^^;

ipad proが出た時に買い替えを検討はしたものの、デカ過ぎるのと価格で見送りましたので、今回の廉価apple pencil対応モデルは願ったりかなったりです。

長らくipadの買い替えをしていなかったので、当たり前ですけど、めちゃくちゃ処理早くなってるし、画面も見やすいし、apple pencilも絵を描かない人間にとっては、このモデルで十分じゃないかと思えます、譜面への書き込み・メモ用途には必要十分ではないかと思います 😆

譜面の電子化は進めてはいたのですが、なかなか本番となると結局 ”紙” を使っていましたが、これからはタブレットに切り替えていこうかな・・ てか、最近は皆さん本番でもタブレットつかってる方多いので、既に流れからは出遅れてますけどね(^^;

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン