寝るなよ、寝るなよ、絶対寝るなよ!

昨日は例の検査(原因不明の難聴と目眩と耳鳴り)の為、人生何度目かのMRIを受診してきました。
脳MRIは初めてでしたけど。てか・・健康診断としてMRI受けたのは過去に一回だけで、あとは症状出てからの検査で受診しとりますわ^^; まぁ、今まではMRIの検査結果も事無きをえていますが・・精密検査のためのMRI検査では保険効くので、安くて良いのですけどね^^;

MRIを受けたことが有る方はご存知だと思いますが、結構大きな音が撮影中20分ほど続く事になります。
今回頭部の撮影という事で、担当看護師さんが「寝ちゃうと顎が動いたりして画像がブレたりするので、寝ないでくださいね」と言われました。

準備完了後頭部を器具で固定されてMRI撮影が開始されました。
頭部固定具と両耳のすき間には、耳栓ならぬ柔らかいパッドがガシガシつめこまれて、騒音は多分-30dbくらいおさえられます。

し・・しかし・・遠くに聞こえるMRIの動作音はリズミカルでしかも身体の周りを回転する立体音響なわけで、目を閉じた状態で聞いていると、なんともいえない心地よい浮遊感に包まれるわけでして、数分もしないうちに眠気が・・

「寝たらあかん・・寝たらあかん・・・」と思えば思うほど、動作音の軽快なリズムに吸い込まれしまって・・
もうね、これはある意味 超高額安眠ベッド あの電車の居眠りと一緒で、一定のリズムが心地より眠りへと誘いますw

「はい、終わりましたよー」

え・・・・・途中全然記憶ない・・・(^^;
「寝てませんでしたよ、しっかり起きてましたよ・・」的な素振りをしてみたりしましたが、検査技師にはバレバレですわな^^;

画像がブレてないか等は後日判明しますけど・・・ぶれてたらやり直しらしい。

追記 画像は全く大丈夫でした。肝心の脳の検査結果も問題なし!!
しかし、「検査結果に問題なし」ということは、裏を返せば耳鳴りの原因は不明ということです・・・・耳鳴りとは今後も一緒に生活せなあかんようです。歳とるといろいろ出てくるもんですな・・しかしまぁ先端技術とやらで自分の脳の輪切りとか立体画像見られたのは貴重な経験でしたわ

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

Related Posts

トップへ戻る
テキストのコピーはできません悪しからず・・
タイトルとURLをコピーしました