サックス アジャストトーン

アジャストトーン・アルトサックスマウスピース

押入れの物入れを掃除してたら、20年ほど前に使っていた
ドイツ製アルトサックスマウスピース「アジャストトーン」が出てきました。
アジャストトーン2

このマウスピースは上についているレバーを前後させると
バッフルの形状が変わるという、可変機構をもった面白い作りです。
一つのサックスマウスピースで音色をその場で変えることができます 😀

レバー機構が通常のリガチャーの形状だと干渉してしまうので
マウスピース下部にレールがきってあって、そこにはまめる形状の留め具
でした。
ロートンのマウスピースのリガチャーと同じ形式ですね。

この中のプレートをレバーを動かして、先のほうに移動させると
「ハイバッフル」になります。
AJUST2  →  AJUST3

たしか梅津和時さんはアジャストトーンをお使いだったと思います。

掃除して、近々ふいてみようかなー
ただ結構細身のマウスピースだからシンドイかもしれん 笑
若いころは大丈夫やったけど・・・・ 😯

sax_border_line

お気軽にコメントをどうぞ!!