ソプラニーノリガチャー アホ実験

最近は、本番でも実践投入しているソプラニーノサックス、わりと周りの評判は上々で安堵していますが、アルト・テナー・ソプラノに比べて、リガチャーの影響がとてもシビアだということに気付き始めた今日この頃(^^;

んで、時間を作ってはアホな実験を繰り返しているわけです 😆
なんせ、ソプラニーノサックス用のリガチャー自体の販売数も少ないので、結局、有りものの改造か、テキトウなものwを使って実験してるのですが・・

教室 区切り線
マイクはSM58を適当に立てて、ベルをマイク直撃で録音。
マウスピースは最初から付いてたのを削ったりゴニョゴニョ改造したやつ
リードはファイブラセル ソプラノサックス用4番で代用
教室 区切り線
①付属してきたリガチャー

下ネジ一本止めのオーソドックスなタイプ

教室 区切り線
②ブルズアイ ルーク改
ソプラノ用の内側に牛革を足して、径を調整

巻き系 わりと抵抗感あり

教室 区切り線
③輪ゴム w

ほんと留めてるだけで、抵抗感ほぼ無し、あれ・・・結構良いかも・・でも、見た目貧乏くさいのと、リードが動くw

教室 区切り線
③ハリガネ

100均の園芸コーナーとかにある、太目のアルミ製
これはこれで有りやねぇ・・似たリガチャーも売ってるしね。

教室 区切り線
ここまで極端にリガチャーで音質が変わることは、アルト・テナー・ソプラノではあまり起こらないんですけどね(^^;

やってみてわかったことは、個人的にソプラニーノのリガチャーは、あまりリードを押さえ過ぎないタイプ(③④系  😆 )で、リガチャー自体の抵抗感があまり無いものが良い気がする。既製メーカーだと、ハリソンみたいな、”点留め”系ですかね、でもハリソンのソプラニーノ用はたぶん無いだろうし・・・。
“ハリガネ”を綺麗に形成・・・・オシャレな色付き輪ゴムにする・・・いやいやいやいや・・カッコ悪いよね・・ww

現実的には①のリードとの接点部分を改造する方向が良いかもしれませんわ。

ふぅ・・・もうすこし悩んでみます 😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

 

タンポのべたつき

寒くなってきましたね・・・この時期になると、サックス吹き終わった後、管内に沢山の”“が溜まりますね。

よく、あの水分を”ツバ”と思っている人がいますけど、あれは管体を通る暖かい空気(息)が、管体表面との温度差で発生する結露で出た水です、そんな汚くはないんですから、飲もうと思えば飲めるとは思いますけど、飲まないでくださいね😄
たなみに、エアロフォンも、空気が抜ける穴から”水”がでてきます。

で、この時期になると、管体の温度が下がることで、息の温度との差が大きくなり結露が多く発生し、タンポもべた付いてきて、くっついたままになる事もよく起こります。別の原因の場合もありますけどね。

先日のレッスンで、とある生徒さんのG#キーがくっついたままになりました、このキーはほんとよくくっ付きます。あとは、一番低いC#キーもですね、わたしは演奏前に儀式的にこの二つのキーは指で一回開ける癖をつけています(^-^;

引っ付いしてしまった際の対処方法としては、クリーニングペーパー、パウダーペーパーでの掃除、あと自己責任系としては、アルコール・ベンジンを綿棒かコピー用紙に垂らして、タンポの表面とトーンホールを掃除、更なる自己責任系としては、オリーブオイルを綿棒で薄く塗って、そのあとクリーニングペーパーでオイル分除去などなど・・

まあ、時間が経つと同じところが、またくっついてきちゃうんですけどね(^-^; 基本的にクローズドキーはヒッツキやすいですからね。

これからの時期、皆様の中にも本番が沢山あるという方も多いと思いますが、レッスン中なら被害は大きくないですが、本番中にくっついたままになると、そらぁ大変ですよね・・。

簡単に施工できる専用商品もでてますので、ケースに一つ入れておいて、演奏前には薄く塗っておくのも良いかもしれません。
個人的にはセルマージャパン(ノナカ貿易)がだしているパットガードを携帯しています、これはキャップにハケがついているので、気軽に塗れます。

別メーカーでも同種の商品がありますので、お店で探してみてください🙂

愛器のタンポのメンテをしっかりして、楽しくサックス演奏してくださいね~

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

“ワニ” 飼育日誌

日手に入れたセオワニのソプラノマウスピースですが、ここ数日折を見ては練習室に籠って、各社リードを大人買いして、あーでもない、こーでもないと・・・。格闘してました😅

極端にリードを選り好みするマウスピースではない感じですが、僕自身のアンブッシャでは、どうしてもhight D、Eの当たりが悪くて、難儀しておりました。

原因を絞る為に、まず、mark6で症状がでているので、もう一本の別のソプラノサックスでも試してみましたが、同様の症状がでます、やはり、これはマウスピース側及びセッティング・アンブッシャの問題のようです。
個人的にそれ以外は、次のメインマウスピースに昇格するポテンシャルは秘めてはいるので、どうにか打開したい問題です。

ず一つの候補、アンブッシャ変更は、アルト・テナーからの持ち替えを等考えると、極端な変更はできませんから却下😆

のこるはマウスピースの細部を自分仕様にする😁
↑この結論に至るのはおかしいけど 笑
20代の頃にアルトのマウスピース制作を教えてもらって自作した経験が、以後役には立っていますが・・・下手すると使えなくなってしまう危険がありまして・・。
※ほんとに皆様は自分でマウスピース何とかしようと安易に削ったりしないでくださいね、絶対ダメにしちゃいますから

今回は、hight D、E以外は問題ないので、あまり危険は冒さない方向で慎重に慎重に自分好みに調整してみました、4時間くらいかかってしまいましたが・・・。※詳細は内緒にさせてもらうのです!!😝

結果的に、hight D、Eもひとまず出るようになり、他の音域への影響も殆ど無かったので、現状これで練習してみますー
まあ、当面はセルマーのスーパーセッションと並行しつつですけどね。

教室 区切り線
状はこんな感じ という事で、適当に吹きまくって簡易録音してみました。

( sm58(マイク) → VE-20(リバーブ・プロセッサ) → Go:Mixer → iphoneで録音    )
リード フレデリック・ヘムケ 3番の柔らかめの個体
リガチャーは付属のもの
楽器 Mark6  1970年物
ちょっとケニーGテイストで ww

あくまでも個人的な意見ですが、セオワニのソプラノのこのモデル(DURGA3 メタルゴールド 番手は7番)は、万人にお勧めできるか? というとそうではないかなぁ・・と思ったり思わなかったり。

まず、◆聞いてお分かりの通り、音色の好き嫌いはハッキリしますよね(私の録音したものは、上記、多少マウスピースに多少手を加えたので、本来の音色ではないかもしれませんが😅) 私はこういうケニーGみたいな音色は好きなのでOKなんですが、トラディショナルなソプラノ音色がお好きな方は、180度反対向いてますよね、私の敬愛するSteve Lacy氏のソプラノサックスの音色にはなりませんからね。

◆あと、もともとソプラノサックスが十分に吹きこなせていない方(低音域の音色コントロールに悟り(w)が開けていない方😆)は、キャーキャーとした騒音になって、ちゃんと鳴らせないかもしれません🤔
変な話ですが、ソプラノマウスピース遍歴が浅い方は、いま手を出すのは止めといた方がいいかもです。同モデルにはメタルではないバージョンもありますし、メタルの番手違いも吹いたことないのでわかりませんけどね。
教室 区切り線

とか、好き勝手書いてしましましたが・・・私にとっては好みの方向性のマウスピースですけどね😁

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

“ワニ” かった

 ではなくて ” Theo Wanne(セオ・ワニ )“のソプラノサックスマウスピースです。セオ・ワニ マウスピースはGERALD ALBRIGHTNelson RangellMindi Abairが使っている事でも有名ですね。

今回買ったモデルはこれです
顔 ついてます😆

もともと、モデル名の”DURGA”は、

ドゥルガー(サンスクリット語: दुर्गा, durgā)は、ヒンドゥー教の女神である。その名は「近づき難い者」を意味する。デーヴァ神族の要請によってアスラ神族と戦った。シヴァ神の神妃とされ、パールヴァティーと同一視された。 wiki pediaより引用

ということで、女神さんの顔みたいです。

ソプラノのマウスピースは、初代スーパーセッションのHを、ここ15年くらい使っています。
それ以前は、リンクやらレイキやらソロイストやらデュコフやらロートンやら・・・と、ころころ変更して難儀してましたが、スーパーセッションの登場で、個人的な色々な悩みを一気に解決してくれました。

しかし、ラバー素材の宿命でもありますが、経年変化でディップレールやらサイドレールが摩耗してきてます😰
何年も前に、一度リフェイスには出したことがありますが、最近は、わりと気を使ってコントロールしないとダメな時が出てくるようになってきました・・。

一応サブとして、もう一本同時期の同モデルを持っているのですが、そちらはメインと比べると高音辺りがイマイチ気持ちよく鳴ってくれない時がありまして・・・・、結局、買ってから、あまり日の目を見ずにひっそりと引き出しで眠っています(^-^;

まあ、そんなこんなで、そろそろ次のも用意しとかないと・・と。また、スーパーセッション探しても全く問題ないのですが、なんというか、気分を変えたくなってきた46歳の秋

以前、知り合いがセオワニのテナーマッピを使っていて、吹かせてもらうと、上から下までバランスが良くて、初代ガーデラのアルトマウスピースを吹いた時みたいに、キラッッッ っていう、説明しがたい感覚が蘇りましてね、一気に魅せられました。

まあ、それでも、今も使っているテナーのリンクは、当面変える必要性は感じなかったので、購入には至りませんでしたが、今回のタイミングで、ソプラノ・ワニ行っときますか というわけです。

DURGA3はブライトな音質のモデルで、悪く言えば「軽め」ではありますが、個人的には全然ソプラノの軽い感じは嫌いではないのです😆

難点は、お店で選定できるほどの同モデルの在庫本数を揃えている店が無い事ですね。ただ、今まで何本かワニを吹いた個人的な見解ですが、とても精度の高い工作機械で作られているようなので、あまり個体毎にバラつきがある感じでもないのです。まあ、もちろん、数本から選定できるに越したことは無いのですけどね。。大昔アルトのガーデラ買った時も、店に欲しいモデルが1本しか入荷しなくて、それ1本しか吹かずに、これなら大丈夫だろっっっと買いました、で、幸いそこから10年以上メインで使えましたけど😆
※個人的な見解です、くれぐれも良い子は真似をされませんよう。

 

メインとして使用できれば、12月位を目途に本番で使えるよう練習してみようと思いますが、買った番手は、スーパーセッションHより、ティップオープニング更に広いのですが、色々な意味で、今までの経験と違った挙動しよります・・ということで、これまでのソプラノリード硬度がまったく合わなくて、色々なメーカーの硬いリードを仕入れての模索がつづいております😅

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

ブルズアイ新製品 ”サムフック”

なにかとお世話になっているブルズアイから、新製品のサムフックが発売されました😀 → http://bullseyeenterprise.com/

小山さんが事務所にお越しいただいた際に、このサムフックをお持ちくださったので、早速セルマーのテナーに装着してみました。

サムフック自体は、変えても他人が聞いて気付くほどの変化は無いんですけど、中音のレ・ミあたりの抜け方が変化するので、交換することで、自分の好みの吹奏感が得られれば利点があります。
教室 区切り線
私は普段テナーのサムフックは、最初からついていたセルマー純正の樹脂製のものか、もう絶版ではありますが、ピーターポンゾールが25年ほど前に出していた写真のコレ↓使っていました。たしか当時3万円位した・・今考えたらボッタくり価格です😂

教室 区切り線

今回ブルズアイさんが出した写真のシルバーモデルは、9,000円(税別)ですー
装着してみると、私の場合は中音の レ の”踏ん張り”が効くようになりました。レ って圧力掛け過ぎると、音程が変化してしまう傾向が強い音ですが、そこをぐっと踏みとどまってくれて、音質もキュッとまとまりが良くなりました。

あと、特筆すべき点は、”フック”本来の役割でもある、サックス本体のホールド感が抜群に良くなりますね、親指の形状にとてもマッチしてくれるので、自然に楽器を支えることができます、角が当たって親指の関節上が痛くなるとか無いですわ。

セルマーとヤマハのサックスには装着できるので、興味がある方は、是非試してみるといいですよー!

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

オーバーホール

最新の動画

教室 区切り線

サックスを含めて管楽器の主治医でもあるリペアマン、職人さんです。
私は10年以上、とある個人のリペア職人さんにサックスを診てもらってたのですが、残念ながら、その方がお歳ということもあり昨年引退されまして、かねてからホッタラカシにしてた楽器で、オーバーホールしてもらおうと思っていたセルマーのテナーとアルトを、結局出しそびれてしまいました。
最近はテナーもアルトも別個体をメインに使ってはいるのですが、やっぱり、そのセルマー達を今一度蘇らせるようと、お世話になっているサックス専門店で両方オーバーホールに出してみました。

オーバーホールは、サックスを全分解して、全タンポ交換、全コルク交換、全フエルト・部分的にバネ交換・管体掃除・・それから組み直して、全調整・全注油・・・と、完全リフレッシュされます。
オーバーホール時に、せっかく全部バラスのだから、管体のメッキ・ラッカーをかけなおしたり、別の金属メッキに変える方も居られます。ただ、まあ、そうなると、結構値が張りますけどね(^-^;

ジョイント部やキー接続の経年劣化等々で、オーバーホールが必要になる時は、いつかはやってはきます・・。オーバーホールは上記の内容で、全てが一新されますので、良い意味でも悪い意味でも、別の楽器に生まれ変わります、オーバーホール後はしっかり”シツケ”してやらんとあきません😆タンポが新しいので、できたら、吹かない時間はキークランプ使うとか、キーを閉じて保管するためコルクを挟むとかしたほうが良いですね。

今回のオーバーホール料金は、セルマーのアルト・テナー 両方SA80シリーズⅡでしたが、合計15万くらいでやっていただけました。
一本当たり8万円くらい予算みていれば大丈夫なので、楽器をそのタイミングで、同レベルの楽器に買い替えるより安いですし、そのあと7.8年くらいは、定期的な調整と、対処療法(悪くなったタンポのみ交換とか)で過ごせますからね。
※ビンテージサックスの場合は、リペアマンとよく相談して、見積もりをとったほうが良いですけどね(^-^;

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

優先順位

とある方から、楽器の選定で相談を受けたんですが、その方は楽器(テナーサックス)の買い替えを検討しておられまして、ビンテージ(アメセル マーク6)を狙っておられます。今使っておられるのも、今や高額となっている セルマーの80初代 なんですけどね😅

そこで、音色を決める「優先順位」についてなんですけどね。

私自身もビンテージ、とくにアメセルマーク6をトッカエヒッカエしてた時期がありましたが、今はシリーズ2か、比較的新しい20万くらいのYAMAHAを使う事が殆どです。
サックスの音色を決める場合の優先順位は、個人的に思うに楽器本体の優先順位は、決して1番ではないと思うんです。

一番はもちろん奏者本人のアンブッシャや呼吸法の上達度ですが、これを言うたら身も蓋もないやろっっと怒られそうなので🙄
その次くらいからの順番としては

マウスピース>>>>リード>>>>>>>>>>>>>>楽器本体>>>>>>リガチャとか>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>ネジとかその他カスタム部品(この辺は吹奏感とか鳴り方) てな感じでしょうか。

例えは悪いかもしれないですが、プロは某国製の3万くらいの楽器でも、そこそこ良い音出すことはできます。まあ、めっちゃ気を使って吹かないと音痴だったり、そもそもバランス悪かったり・・・と、楽器側に不安要素が多いので、演奏がシンドイですから、普段使いの道具として選択しないですがね。

しかし、適切に製造され、メンテされていれば、この楽器(道具)として不安要素が無くなるサックスの価格帯は、それほど高額ではないのですよね。
余談ですが、昔、著名なフルート奏者の方が、YAMAHAの211(4万円くらい)をメイン楽器として使われてて、素晴らしい演奏をされていました。

ビンテージを買ったからと言って、マウスピース・リードの選択、またそのマウスピースとリードを適切に吹きこなしてなければ、その高額な楽器からどんなチープな音がしてしまうか、想像できると思います😅
ですから、マウスピースを徹底的に選んでみる事が、なによりだと思うんです。同じモデルでも何本も試奏して、即買いはせずに、他のマウスピースも固定観念なく色々吹いてみるといいと思います。

 

まあ、この話はサックス吹きなら、皆さん気付いている事なんですけどね。でも”新しい楽器欲しい病”は、私も定期的に発症してしまいますけどね😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光