“ワニ” 飼育日誌

日手に入れたセオワニのソプラノマウスピースですが、ここ数日折を見ては練習室に籠って、各社リードを大人買いして、あーでもない、こーでもないと・・・。格闘してました😅

極端にリードを選り好みするマウスピースではない感じですが、僕自身のアンブッシャでは、どうしてもhight D、Eの当たりが悪くて、難儀しておりました。

原因を絞る為に、まず、mark6で症状がでているので、もう一本の別のソプラノサックスでも試してみましたが、同様の症状がでます、やはり、これはマウスピース側及びセッティング・アンブッシャの問題のようです。
個人的にそれ以外は、次のメインマウスピースに昇格するポテンシャルは秘めてはいるので、どうにか打開したい問題です。

ず一つの候補、アンブッシャ変更は、アルト・テナーからの持ち替えを等考えると、極端な変更はできませんから却下😆

のこるはマウスピースの細部を自分仕様にする😁
↑この結論に至るのはおかしいけど 笑
20代の頃にアルトのマウスピース制作を教えてもらって自作した経験が、以後役には立っていますが・・・下手すると使えなくなってしまう危険がありまして・・。
※ほんとに皆様は自分でマウスピース何とかしようと安易に削ったりしないでくださいね、絶対ダメにしちゃいますから

今回は、hight D、E以外は問題ないので、あまり危険は冒さない方向で慎重に慎重に自分好みに調整してみました、4時間くらいかかってしまいましたが・・・。※詳細は内緒にさせてもらうのです!!😝

結果的に、hight D、Eもひとまず出るようになり、他の音域への影響も殆ど無かったので、現状これで練習してみますー
まあ、当面はセルマーのスーパーセッションと並行しつつですけどね。

教室 区切り線
状はこんな感じ という事で、適当に吹きまくって簡易録音してみました。

( sm58(マイク) → VE-20(リバーブ・プロセッサ) → Go:Mixer → iphoneで録音    )
リード フレデリック・ヘムケ 3番の柔らかめの個体
リガチャーは付属のもの
楽器 Mark6  1970年物
ちょっとケニーGテイストで ww

あくまでも個人的な意見ですが、セオワニのソプラノのこのモデル(DURGA3 メタルゴールド 番手は7番)は、万人にお勧めできるか? というとそうではないかなぁ・・と思ったり思わなかったり。

まず、◆聞いてお分かりの通り、音色の好き嫌いはハッキリしますよね(私の録音したものは、上記、多少マウスピースに多少手を加えたので、本来の音色ではないかもしれませんが😅) 私はこういうケニーGみたいな音色は好きなのでOKなんですが、トラディショナルなソプラノ音色がお好きな方は、180度反対向いてますよね、私の敬愛するSteve Lacy氏の、あのソプラノサックスの音色にはなりませんからね。

◆あと、もともとソプラノサックスが十分に吹きこなせていない方(低音域の音色コントロールに悟り(w)が開けていない方😆)は、キャーキャーとした騒音になって、ちゃんと鳴らせないかもしれません🤔
変な話ですが、ソプラノマウスピース遍歴が浅い方は、いま手を出すのは止めといた方がいいかもです。同モデルにはメタルではないバージョンもありますし、メタルの番手違いも吹いたことないのでわかりませんけどね。
教室 区切り線

とか、好き勝手書いてしましましたが・・・私にとっては好みの方向性のマウスピースですけどね😁

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

“ワニ” かった

 ではなくて ” Theo Wanne(セオ・ワニ )“のソプラノサックスマウスピースです。セオ・ワニ マウスピースはGERALD ALBRIGHTNelson RangellMindi Abairが使っている事でも有名ですね。

今回買ったモデルはこれです
顔 ついてます😆

もともと、モデル名の”DURGA”は、

ドゥルガー(サンスクリット語: दुर्गा, durgā)は、ヒンドゥー教の女神である。その名は「近づき難い者」を意味する。デーヴァ神族の要請によってアスラ神族と戦った。シヴァ神の神妃とされ、パールヴァティーと同一視された。 wiki pediaより引用

ということで、女神さんの顔みたいです。

ソプラノのマウスピースは、初代スーパーセッションのHを、ここ15年くらい使っています。
それ以前は、リンクやらレイキやらソロイストやらデュコフやらロートンやら・・・と、ころころ変更して難儀してましたが、スーパーセッションの登場で、個人的な色々な悩みを一気に解決してくれました。

しかし、ラバー素材の宿命でもありますが、経年変化でディップレールやらサイドレールが摩耗してきてます😰
何年も前に、一度リフェイスには出したことがありますが、最近は、わりと気を使ってコントロールしないとダメな時が出てくるようになってきました・・。

一応サブとして、もう一本同時期の同モデルを持っているのですが、そちらはメインと比べると高音辺りがイマイチ気持ちよく鳴ってくれない時がありまして・・・・、結局、買ってから、あまり日の目を見ずにひっそりと引き出しで眠っています(^-^;

まあ、そんなこんなで、そろそろ次のも用意しとかないと・・と。また、スーパーセッション探しても全く問題ないのですが、なんというか、気分を変えたくなってきた46歳の秋

以前、知り合いがセオワニのテナーマッピを使っていて、吹かせてもらうと、上から下までバランスが良くて、初代ガーデラのアルトマウスピースを吹いた時みたいに、キラッッッ っていう、説明しがたい感覚が蘇りましてね、一気に魅せられました。

まあ、それでも、今も使っているテナーのリンクは、当面変える必要性は感じなかったので、購入には至りませんでしたが、今回のタイミングで、ソプラノ・ワニ行っときますか というわけです。

DURGA3はブライトな音質のモデルで、悪く言えば「軽め」ではありますが、個人的には全然ソプラノの軽い感じは嫌いではないのです😆

難点は、お店で選定できるほどの同モデルの在庫本数を揃えている店が無い事ですね。ただ、今まで何本かワニを吹いた個人的な見解ですが、とても精度の高い工作機械で作られているようなので、あまり個体毎にバラつきがある感じでもないのです。まあ、もちろん、数本から選定できるに越したことは無いのですけどね。。大昔アルトのガーデラ買った時も、店に欲しいモデルが1本しか入荷しなくて、それ1本しか吹かずに、これなら大丈夫だろっっっと買いました、で、幸いそこから10年以上メインで使えましたけど😆
※個人的な見解です、くれぐれも良い子は真似をされませんよう。

 

メインとして使用できれば、12月位を目途に本番で使えるよう練習してみようと思いますが、買った番手は、スーパーセッションHより、ティップオープニング更に広いのですが、色々な意味で、今までの経験と違った挙動しよります・・ということで、これまでのソプラノリード硬度がまったく合わなくて、色々なメーカーの硬いリードを仕入れての模索がつづいております😅

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

優先順位

とある方から、楽器の選定で相談を受けたんですが、その方は楽器(テナーサックス)の買い替えを検討しておられまして、ビンテージ(アメセル マーク6)を狙っておられます。今使っておられるのも、今や高額となっている セルマーの80初代 なんですけどね😅

そこで、音色を決める「優先順位」についてなんですけどね。

私自身もビンテージ、とくにアメセルマーク6をトッカエヒッカエしてた時期がありましたが、今はシリーズ2か、比較的新しい20万くらいのYAMAHAを使う事が殆どです。
サックスの音色を決める場合の優先順位は、個人的に思うに楽器本体の優先順位は、決して1番ではないと思うんです。

一番はもちろん奏者本人のアンブッシャや呼吸法の上達度ですが、これを言うたら身も蓋もないやろっっと怒られそうなので🙄
その次くらいからの順番としては

マウスピース>>>>リード>>>>>>>>>>>>>>楽器本体>>>>>>リガチャとか>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>ネジとかその他カスタム部品(この辺は吹奏感とか鳴り方) てな感じでしょうか。

例えは悪いかもしれないですが、プロは某国製の3万くらいの楽器でも、そこそこ良い音出すことはできます。まあ、めっちゃ気を使って吹かないと音痴だったり、そもそもバランス悪かったり・・・と、楽器側に不安要素が多いので、演奏がシンドイですから、普段使いの道具として選択しないですがね。

しかし、適切に製造され、メンテされていれば、この楽器(道具)として不安要素が無くなるサックスの価格帯は、それほど高額ではないのですよね。
余談ですが、昔、著名なフルート奏者の方が、YAMAHAの211(4万円くらい)をメイン楽器として使われてて、素晴らしい演奏をされていました。

ビンテージを買ったからと言って、マウスピース・リードの選択、またそのマウスピースとリードを適切に吹きこなしてなければ、その高額な楽器からどんなチープな音がしてしまうか、想像できると思います😅
ですから、マウスピースを徹底的に選んでみる事が、なによりだと思うんです。同じモデルでも何本も試奏して、即買いはせずに、他のマウスピースも固定観念なく色々吹いてみるといいと思います。

 

まあ、この話はサックス吹きなら、皆さん気付いている事なんですけどね。でも”新しい楽器欲しい病”は、私も定期的に発症してしまいますけどね😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

シグネイチャーモデルのマウスピース

以下、個人的な意見であることを、先に書いておきます。

シグネイチャーモデルのマウスピースについてです。
シグネイチャーモデルのマウスピースというのは、簡単に説明すると、その名前を冠したミュージシャンが使っているのと同型のマウスピースということです。
シグネイチャーモデルは普通のマウスピースの価格とくらべると、3倍以上するものが多く、10万円を超えるものもあります。

憧れのサックス奏者のシグネイチャーモデルが販売されている場合は、だれしもそのマウスピースが欲しくなるのは当たり前です。
シグネイチャーモデルが発売されている奏者は、何十年ものサックス歴を経たうえで、現在そのマウスピースの形状(開きやバッフル具合)を使っているわけです。

なにが言いたいかといいますと、まだ歴の浅い方がシグネイチャーモデルを手にしても、本来そのマウスピースの持っている音は100%なりません・・。

まぁ、それは買った本人も分かっている事ではあるんですが、10万円近いマウスピースを手にすると、”それを使わないと勿体ない”という気持ちが邪魔をしてしまい、頑なに、しがみついてしまう傾向があります。

シグネイチャーモデルでは、たとえばティップオープニングが超広く・さらにハイバッフルである場合も多く、熟練したコントロールが必要になります。
ティップオープニングが広い場合、適切にコントロールすれば音程を扱う表現テクニックに幅がうまれますし、音量幅も稼ぐ事が可能です、更にハイバッフル方向ですと、高音域の出しやすさや音色の彩をコントロールできますし、さらにフラジオ音域での表現・コントロールの幅が広がるというメリットも生まれます。これは熟練したコントロールができてこその”メリット”です。

反対に、まだ扱うものが未熟な場合、全て”デメリット”方向に力が働いてしまいます。ティップオープニングが広いのにコントロールできないと、音程はフラフラで安定感がなくなり、音質もペラペラした軽薄な音色になり、無駄に大きな音量で吹けてしまうので、オーバーブローした雑な音がしたり・・、ハイバッフルもデメリットに振ると、リードミス多発・うるさいだけで音楽的な表現はどこえやら・・なんというか黒板を爪でひっかいたような、嫌な周波数も乗っていたりと・・。

なにが言いたいかといいますと
高いお金を出して、良いマウスピースを買ったのは、志として良い事だと思います!! しかし、それを自身が扱えるようになるまでは封印すべきです。それで練習を続けることは、ほとんどの場合、成果をあげるのに時間が余計にかかってしまいます。
シグネイチャーモデルのマウスピースというのは、マウスピースが使い手を選ぶじゃじゃ馬とでもいいますか・・。
マウスピースが「そろそろお前は俺を使ってもええ頃や、使いこなしてみろ」とお許しが出るまでは、段階を踏むことも必要ではないかなぁと思います。それまでは、大事に保管して封印する勇気も必要だと思います。

 

まあ、こんなこと書いている僕も、20代の頃サンボーン氏のシグネイチャーモデルのマウスピースを買った経験がありますが、扱いきれてなくて、なんだかひどい音色をまき散らしていましたよ😅

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

マウスピースパッチ風

マウスピースパッチは使う方も多いと思いますが、僕も10年ほど前からは使うようになりました。
マウスピースにティースマークがついてマウスピース本体、若しくはティースプレートが削れることよりも、上前歯が経年で削れて来てるのが気になってきたからです 🙄 

とはいえ・・市販のマウスピースパッチは下手すると一日で破れてくるので、邪道なことしてます 😛

革を買ってきて、それを一回エマールで念入りに洗って出来るだけ染料成分を流し、しっかり乾燥させた革を備蓄しています、それを適当な大きさに切って貼り付けてます w

なんせ丈夫なんで一枚で半年ほどもちます、個人的には大満足ですけどね 笑
アルト・ソプラノは厚めの馬革にしていますが、革の厚みでアンブッシャの具合がだいぶん変わるので、逆に好みの締め圧に調整できるのも、個人的にはお気に入りです。

いま使っている革数種類は、昔秋葉原にあったオーダー靴屋さんが、端切れ革を販売してらして、そこで1000円くらいでセット販売されていたものを10年くらい使っています。その靴屋さんはご存知の方もいると思いますが、残念ながら既に廃業してしまったようです。良い革つかってましたからね・・。

tenor-mp
こんな感じでつけてます、施したブラックニッケルメッキはもう剥げて来てますけど・・
テナーは薄めの牛革が好みです・・・・・て・・なんのこっちゃ 笑

 

あまり参考にならない内容でしたが、変に真似して唇が荒れたとか・・・・もしやるなら自己責任で!! :mrgreen:

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

ウルフタイン マウスピース

皆さんは、ウルフタインのマウスピースはご存知でしょうか?
とても成形は美しくして、フィニッシュも丁寧なものが多いと思います。
もしかすると時代にもよるかもしれませんが・・。

ウルフタイン サックスマウスピース

写真はウルフタイン・マウスピース・テナーサックスですが、ウルフタインはオットーリンクのフロリダ工場で生産されていたそうです。
ですから、外見はリンクに似てますよね。

 

 

 

 

 

 

ウルフタイン サックスマウスピース

こ奴は外見はオットーリンクですが、中身はなかなかのファンキーなやつで、ロック系も全然いけちゃいます。
バッフルはハイバッフル寄りで、ボアに向かってぐっっっと抉れている感じです。明るめの音がしますけど、コントロールはとてもしやすいですし、低音もパリッとメリハリある音がしますし出しやすいです。
ウルフタイン サックスマウスピース

ウルフタイン サックスマウスピース

 

サイドレールの造形も、とても美しいですよね 😉

ウルフタインは僕の中では、比較的手ごろな価格で買える、出来のいい素晴らしいマウスピースだと思います。

ただ、市場にそれほど出回っていないので、皆さんも、もしお店で見かけることがあったら、ぜひ試奏してみることをお勧めしますー 😉

 

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

サックス奏者自身の持つ音色

北海道Kさんから頂いた質問です
border
中学より吹奏楽部でアルトサックスを吹いていました、大学に入りビックバンドに加入し先輩の勧めで、マウスピースをメイヤーの5MMに変えたのですが、吹奏楽時代に使っていたセルマーのクラシック向けマウスピース(S90)と、あまり音色が変わった感じがしません。
border
藤本 匡光
サックスのマウスピースには、メタル・ラバー・他素材を含めて、沢山の種類があり
内部構造も多種多様ですが、お選びになったマウスピースと、リードやリガチャーの
セッティング次第で、大きく吹奏感や音色が変わってきます。
とはいっても、セッティングがおかしいのかなぁ・・・リード変えてみようかなぁ・・は、Kさんは歴がそこそこお有りみたいなので、試したかもしれませんね 🙄

僕は、ここで、関係してくるのが、「楽器としての身体」ではないかと思っています。
「 好きなサックス奏者と同じ、マウスピース・リード・リガチャーにしたのに、あんな音でないやんかっっ 🙁 」
こんな経験は皆さんもあると思います。
たとえば、貴方の憧れているサックス奏者が、目の前で演奏していて、その演奏で使っていたサックスを、リードもマウスピースも全部そのままで、貴方に「吹いてみなよー」と渡してくれたとします。
同じ音が出ると思いますか??????
ご想像通り・・・出るわけがありません。この場合の違いは「奏者の違い」のみです。

ですから、音色を決める要因は、マウスピース・サックス本体・リガチャーなどのセッティングの違いはあれど
「奏者の違い」すなわち、吹き方(奏法)・アンブッシャが最大要因ということになります。
ですから、Kさんの場合も、マウスピースが合格点の物だとすると、あとはそのマウスピースでいい音がでるようにロングトーンを含めて、アンブッシャの柔軟性を高める練習をしていく事で、音色が出来上がってくると思います。

これには時間がかかりますが、自分がどういう音を出したいか という、理想が大きく未来を左右しますから、早いうちに、出したい音を探してみてください。
border
今回、この「出したい音の影響力」を実験してみたいと思いまして、
僕がクラシックサックスをやっていた当時、吹奏楽サックスの定番マウスピース(セルマー C★)を25年ぶりに引っ張り出してきました。
セルマー マウスピース C
このマウスピースは、簡単に言うと、みなさんが楽器を買ったときに付属しているマウスピースと同じ系統です。
本来は、太くて柔らかい音を出す方向性のマウスピースですね。
border
さて、では
「クラシック用定番サックスマウスピースで、ポピュラー曲を吹けるか!?」実験です。

border
このマウスピースの高校時代のセッティングだと、リードはバンドレン青箱3半~4番 リガチャーはセルマー純正でした。今回は、リードはLaVoz m.soft  リガチャーはビーチラーで吹いてみました。
曲は「サックスで名曲」でもとりあげた、コナンにしてみました 😛


「本来」このマウスピースは、こういう音色を出すマウスピースではないですけどね 😆 
僕は、こういう明るめの音色が好きですし、「出したい」ので、本来ダーク系統のこのマウスピースでもこんな音がでます。奏者本人が出したい方向に、セッティング・奏法を変更して、音色が変化したということですね。
逆にいうと、奏者自身の方向性が決まってないと、マウスピースは応えてくれない・・ということですね。
ジャンルに合わせたセッティング・装飾技法等で、演奏の印象も変わりますからね。
まぁ・・僕は、今となっては、このマウスピースでクラシック系のいい音は出せなそうですけど・・。

久々に開き(ディップオープニング)が狭く、バッフルの低いクラシック向けのマウスピースで吹いてみて、とても気を使って演奏しなければなりませんでした。30分ほど慣れるために吹きまくりました 😆
マウスピースの開き(ディップオープニング)が狭いため、ポピュラー奏法の、ベンド奏法・ハーフタンギング等は格段に難しくなりますね。
ポピュラー向けのマウスピースは、開きがある程度広い分、ベンド奏法やポルタメント等は自由度が高くなります。
でも、自由度が高くなる分、諸々のリスクも上昇するトレードオフな所はありますがね 😆

border
マウスピースを選ぶことはとても重要です、しかし、それを吹くサックス奏者自身が、
どういう音で鳴らしたいか
方向性を持っていないと、音色が定まりません。
大雑把な意見を言うと、サックス奏者の音色の方向性が決まっていて、アンブッシャなどが確立できていればだいたいのマウスピースで、その奏者の出したい方向性の音が鳴るということですかね 🙄
border

サックス教室 フイテマス 藤本匡光