マウスピースパッチ風

マウスピースパッチは使う方も多いと思いますが、僕も10年ほど前からは使うようになりました。
マウスピースにティースマークがついてマウスピース本体、若しくはティースプレートが削れることよりも、上前歯が経年で削れて来てるのが気になってきたからです 🙄 

とはいえ・・市販のマウスピースパッチは下手すると一日で破れてくるので、邪道なことしてます 😛

革を買ってきて、それを一回エマールで念入りに洗って出来るだけ染料成分を流し、しっかり乾燥させた革を備蓄しています、それを適当な大きさに切って貼り付けてます w

なんせ丈夫なんで一枚で半年ほどもちます、個人的には大満足ですけどね 笑
アルト・ソプラノは厚めの馬革にしていますが、革の厚みでアンブッシャの具合がだいぶん変わるので、逆に好みの締め圧に調整できるのも、個人的にはお気に入りです。

いま使っている革数種類は、昔秋葉原にあったオーダー靴屋さんが、端切れ革を販売してらして、そこで1000円くらいでセット販売されていたものを10年くらい使っています。その靴屋さんはご存知の方もいると思いますが、残念ながら既に廃業してしまったようです。良い革つかってましたからね・・。

tenor-mp
こんな感じでつけてます、施したブラックニッケルメッキはもう剥げて来てますけど・・
テナーは薄めの牛革が好みです・・・・・て・・なんのこっちゃ 笑

 

あまり参考にならない内容でしたが、変に真似して唇が荒れたとか・・・・もしやるなら自己責任で!! :mrgreen:

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

ウルフタイン マウスピース

皆さんは、ウルフタインのマウスピースはご存知でしょうか?
とても成形は美しくして、フィニッシュも丁寧なものが多いと思います。
もしかすると時代にもよるかもしれませんが・・。

ウルフタイン サックスマウスピース

写真はウルフタイン・マウスピース・テナーサックスですが、ウルフタインはオットーリンクのフロリダ工場で生産されていたそうです。
ですから、外見はリンクに似てますよね。

 

 

 

 

 

 

ウルフタイン サックスマウスピース

こ奴は外見はオットーリンクですが、中身はなかなかのファンキーなやつで、ロック系も全然いけちゃいます。
バッフルはハイバッフル寄りで、ボアに向かってぐっっっと抉れている感じです。明るめの音がしますけど、コントロールはとてもしやすいですし、低音もパリッとメリハリある音がしますし出しやすいです。
ウルフタイン サックスマウスピース

ウルフタイン サックスマウスピース

 

サイドレールの造形も、とても美しいですよね 😉

ウルフタインは僕の中では、比較的手ごろな価格で買える、出来のいい素晴らしいマウスピースだと思います。

ただ、市場にそれほど出回っていないので、皆さんも、もしお店で見かけることがあったら、ぜひ試奏してみることをお勧めしますー 😉

 

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

サックス奏者自身の持つ音色

北海道Kさんから頂いた質問です
border
中学より吹奏楽部でアルトサックスを吹いていました、大学に入りビックバンドに加入し先輩の勧めで、マウスピースをメイヤーの5MMに変えたのですが、吹奏楽時代に使っていたセルマーのクラシック向けマウスピース(S90)と、あまり音色が変わった感じがしません。
border
藤本 匡光
サックスのマウスピースには、メタル・ラバー・他素材を含めて、沢山の種類があり
内部構造も多種多様ですが、お選びになったマウスピースと、リードやリガチャーの
セッティング次第で、大きく吹奏感や音色が変わってきます。
とはいっても、セッティングがおかしいのかなぁ・・・リード変えてみようかなぁ・・は、Kさんは歴がそこそこお有りみたいなので、試したかもしれませんね 🙄

僕は、ここで、関係してくるのが、「楽器としての身体」ではないかと思っています。
「 好きなサックス奏者と同じ、マウスピース・リード・リガチャーにしたのに、あんな音でないやんかっっ 🙁 」
こんな経験は皆さんもあると思います。
たとえば、貴方の憧れているサックス奏者が、目の前で演奏していて、その演奏で使っていたサックスを、リードもマウスピースも全部そのままで、貴方に「吹いてみなよー」と渡してくれたとします。
同じ音が出ると思いますか??????
ご想像通り・・・出るわけがありません。この場合の違いは「奏者の違い」のみです。

ですから、音色を決める要因は、マウスピース・サックス本体・リガチャーなどのセッティングの違いはあれど
「奏者の違い」すなわち、吹き方(奏法)・アンブッシャが最大要因ということになります。
ですから、Kさんの場合も、マウスピースが合格点の物だとすると、あとはそのマウスピースでいい音がでるようにロングトーンを含めて、アンブッシャの柔軟性を高める練習をしていく事で、音色が出来上がってくると思います。

これには時間がかかりますが、自分がどういう音を出したいか という、理想が大きく未来を左右しますから、早いうちに、出したい音を探してみてください。
border
今回、この「出したい音の影響力」を実験してみたいと思いまして、
僕がクラシックサックスをやっていた当時、吹奏楽サックスの定番マウスピース(セルマー C★)を25年ぶりに引っ張り出してきました。
セルマー マウスピース C
このマウスピースは、簡単に言うと、みなさんが楽器を買ったときに付属しているマウスピースと同じ系統です。
本来は、太くて柔らかい音を出す方向性のマウスピースですね。
border
さて、では
「クラシック用定番サックスマウスピースで、ポピュラー曲を吹けるか!?」実験です。

border
このマウスピースの高校時代のセッティングだと、リードはバンドレン青箱3半~4番 リガチャーはセルマー純正でした。今回は、リードはLaVoz m.soft  リガチャーはビーチラーで吹いてみました。
曲は「サックスで名曲」でもとりあげた、コナンにしてみました 😛


「本来」このマウスピースは、こういう音色を出すマウスピースではないですけどね 😆 
僕は、こういう明るめの音色が好きですし、「出したい」ので、本来ダーク系統のこのマウスピースでもこんな音がでます。奏者本人が出したい方向に、セッティング・奏法を変更して、音色が変化したということですね。
逆にいうと、奏者自身の方向性が決まってないと、マウスピースは応えてくれない・・ということですね。
ジャンルに合わせたセッティング・装飾技法等で、演奏の印象も変わりますからね。
まぁ・・僕は、今となっては、このマウスピースでクラシック系のいい音は出せなそうですけど・・。

久々に開き(ディップオープニング)が狭く、バッフルの低いクラシック向けのマウスピースで吹いてみて、とても気を使って演奏しなければなりませんでした。30分ほど慣れるために吹きまくりました 😆
マウスピースの開き(ディップオープニング)が狭いため、ポピュラー奏法の、ベンド奏法・ハーフタンギング等は格段に難しくなりますね。
ポピュラー向けのマウスピースは、開きがある程度広い分、ベンド奏法やポルタメント等は自由度が高くなります。
でも、自由度が高くなる分、諸々のリスクも上昇するトレードオフな所はありますがね 😆

border
マウスピースを選ぶことはとても重要です、しかし、それを吹くサックス奏者自身が、
どういう音で鳴らしたいか
方向性を持っていないと、音色が定まりません。
大雑把な意見を言うと、サックス奏者の音色の方向性が決まっていて、アンブッシャなどが確立できていればだいたいのマウスピースで、その奏者の出したい方向性の音が鳴るということですかね 🙄
border

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

アジャストトーン・アルトサックスマウスピース

押入れの物入れを掃除してたら、20年ほど前に使っていた
ドイツ製アルトサックスマウスピース「アジャストトーン」が出てきました。
アジャストトーン2

このマウスピースは上についているレバーを前後させると
バッフルの形状が変わるという、可変機構をもった面白い作りです。
一つのサックスマウスピースで音色をその場で変えることができます 😀

レバー機構が通常のリガチャーの形状だと干渉してしまうので
マウスピース下部にレールがきってあって、そこにはまめる形状の留め具
でした。
ロートンのマウスピースのリガチャーと同じ形式ですね。

この中のプレートをレバーを動かして、先のほうに移動させると
「ハイバッフル」になります。
AJUST2  →  AJUST3

たしか梅津和時さんはアジャストトーンをお使いだったと思います。

掃除して、近々ふいてみようかなー
ただ結構細身のマウスピースだからシンドイかもしれん 笑
若いころは大丈夫やったけど・・・・ 😯

sax_border_line

試奏しました

ブルズアイの小山さんが事務所に遊びに来て下さり
新作のハンドメイドテナーメタルマウスピース持ってきてくれました。
早速試奏!!
これ、オベンチャラ抜きでスゲ~~~!!
24.5年前に初代ガーデラのブレッカーモデル吹いた時の衝撃に近いものがある、
なんていうか、めっちゃスタジオ系の音がなります。
NY系とでもいいますか、とにかくストレス無く吹けて「高尚な音」がします!!
ゴリゴリした音色が好きな人には方向が違うと思いますけど、
夜の摩天楼をバックにテナーをお洒落に吹くならこれ抜群に良い!!w
わぁ・・・俺 文章力ないよね 笑
まだ数本しか無いらしいのですが、機会有ったらこれ是非皆さんも試奏してほしいですわ
とにかく色々テナーマッピ吹きましたけど、俺ランキング5本の指に入る高評価です。
またここでも選定品扱わしてもらいたいので、現在お願い中です!!

名称未設定 4のコピー

サックスマウスピースの洗浄

こんにちは、急に春らしくなりましたねー
今日はマウスピースの洗浄について

まぁこれは決まりがあるわけでもないので、我流ですが。
私の場合は洗面器に中性洗剤を入れて一晩浸け置きして
あとは歯ブラシで汚れをおとすだけです。
人によってはブラシでこするのはご法度とおっしゃる方も居られるので・・
あまり私は細かいこと気にしないもので 😆

あとは、超音波洗浄機ももっています、眼鏡屋さんとかにおいてあるやつです。
超音波洗浄機
水に入歯洗浄剤を投入して、2分くらいでピカピカになります。
まあ、一台これがあると、リード洗浄したり、何だかんだと重宝します。

皆さんの性格にあわせてどうぞ 笑

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

ブルズアイ アルトサックス ハンドメイドマウスピース 選定しました。

お待たせいたしました。はやくも数名の方からお問合せ頂いてますので
簡単ですが写真と音色をアップいたします。
■このマウスピースの総評としては、出来のよかった頃のクラウドレイキを
さらにコントロールしやすくした感じですね。ラバーですがメタルのマウスピースに
負けないパワーとヌケを持ちつつ、ラバーの暖かい感じの音色もでます。
僕もいまはユーザーの一人になりました 笑
ジャズモデルの方が低音域に雑味があるように感じます。
今回は殆どがジャズモデルばかり選びましたが、スタジオモデルも
艶色気があり好印象です。フラジオ音域も出しやすいですね。
■試奏音源は条件を一定にする為、全て同じリードで演奏してます。
★マイク AKGコンデンサーマイク
★使用リード ラボーズ ミディアムソフト
★リガチャー ブルズアイ プラチナ
★楽器 セルマーシリーズ2
流し録音してるので、演奏の良し悪しは大目に見てください 笑
※ハンドメイド選定品の為、アップしてある物しか手元にありませんので
先着順にて売り切れの場合は次回入荷までお待ちいただくことになります。
その際はお申込みご返信にてお知らせします。
bulleseye2.jpg
bullseye1.jpg
写真左からです。
番手が上がるにしたがい、マウスピースの開きが広くなります。
——————————————–
4番 ジャズモデル
お申込み番号 001売約済
メイヤーでいうと5番くらい。リードは暴れない印象コントロールしやすい。
まとまりのよい感じ。
試奏音源 → 

——————————————–
5番 ジャズモデル


お申込み番号 002 売約済
メイヤーでいうと6番くらい。適度に雑味もでる、コントロールもしやすい。
パワーが欲しい人にはすこし物足りないかも。
試奏音源 → 
——————————————–
6番 ジャズモデル
お申込み番号 003売約済
メイヤーでいうと6番よりすこし広いくらい。雑味もでるが、この開きから音程コントロールに
慣れが必要。全体的には攻守バランスがとれて良い感じ。
試奏音源 → 
——————————————–
7番 ジャズモデル
お申込み番号 004 売約済
メイヤーでいうと7~8番かな。雑味もでるし、パワーもある。その分音程の遊び幅が大きいので
コントロールには練習が必要。初心者は多分コントロールシンドイかな・・。
僕個人的にはこの辺が吹きやすいです。
試奏音源 → 
——————————————–
7番 スタジオモデル
 お申込み番号 005売約済
メイヤーでいうと7~8番かな。今回唯一のスタジオモデル。音に艶がある感じで
フュージョンとかにはいいねぇ。いわいるスタジオって感じです 笑
パワーもある。その分音程の遊び幅が大きいので
コントロールには練習が必要。初心者は多分コントロールシンドイかな・・。
試奏音源 → 
——————————————–
※尚このマウスピースにはリガチャー・キャップは付属いたしませんが、
セルマーラバー用・メイヤー用等使えます。

 

完売いたしました。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光