“Aerophone EDITOR” 公開されました

Rolandさんから Aerophone EDITOR が公開となりました!!

このエアロフォン専用エディターを使うと、エアロフォンで使える音色を
自分でエディットすることが可能になります!!
レイヤーを使いこなすだけでも、相当音色の幅が広がりますよ!!
IOSアプリなので、Aerophoneをお持ちのiphone使いの方は、是非ダウンロードして
使ってみてください!!
教室 区切り線
Aerophone EDITOR を簡単に紹介する動画を作成いたしました 😛

【動画中説明に訂正箇所が御座います、下記ご確認ください】
———————–
■■15:00 あたり■■
Write の動作で、U:003 にすれば、U:003 に書き込まれますと話してますが、Aerophone本体テンポラリーに書き込まれるだけですので、
実際に書きこむには、Aerophone で Write 操作を行なうか、100個のトーンのセット全てを転送するかになります。
———————–
■■16:45 あたり■■
元々何もないところからアナログシンセに近い感覚での音作りが出来ると話しましたが、元の音があってその音をエディットしていく形での音色編集になります。ですから、エディットの仕方としては、パートごとにサウンドを選び、選んだパートを編集するということになります。
【以上 訂正です、すみません】
———————————————-
レイヤーを使えるようになるだけでも、音色の幅が広がりますよ!!
advanseモードでは、めちゃくちゃ細かいパラメータが設定できます。
教室 区切り線

○「AE-10専用エディター・アプリ(無料)」
https://itunes.apple.com/jp/app/aerophone-editor/id1210606767?mt=8
AE-10のポテンシャルをひき出す音つくりや演奏設定のカスタマイズを
可能にする iOSアプリです。

・最大4音色をレイヤーさせオリジナル・トーンを
・演奏シーンに合わせた音色セット作成
・本体だけでは出来ない、細かい音作り
・ブレス・コントロール、バイト・コントロール、サム・コントロールの
コントロール・パラメーター・アサイン
・内蔵エフェクトの詳細設定

※iOS9, iOS10 対応
※AE-10システム・プログラム Ver.2.1.0以上が必要
※本アプリ使用には、Aerophone AE-10本体とApple USB カメラアダプタが必要

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

お気軽にコメントをどうぞ!!