15秒前に考えていなかった事

ミュージシャンなので、人前で演奏することは、良いも悪いも慣れてはいますが、一昨年ほど前から経験させて頂いている”楽器セミナー”の講師として壇上に立つことは、難しい面もありますが、とても楽しくて、自身も良い経験をさせてもらっています。

毎回、気付きが有るのですが、ここ最近気を付けていることは
15秒前に考えていなかった事は話さないですww

これは、私が車とかバイク運転してるときに、守っている決まり事がありまして ”10分前まで考えていなかった道を通らない”という決まり事です、そうすることで無駄な車線変更しなくていいですし、急に曲がる事も無いので、リスクヘッジできるのではという考えからです。
で、セミナーとかの壇上でも、急な話の車線変更して接触事故・・急にわき道に入って行き止まり・・・起こるんですよねww 壇上では救急隊も呼べませんし・・・ 😆

特に慣れてなかった最初の頃は、予め細かく流れは決めていたのに、その場の思い付きで予定になかった話をしてしまい、結局、主旨がぼやけて、自身でも落としどころが分からなくなって・・という時がありました(^^;
あるいみ、サービス精神からくるところではありますが、あれも・これもと話したくなって、結果的に内容が薄まってしまっている・・ 😆

まあ、思いつきで”受け”を狙って言ったことがウケなくても、まったく動じませんけどね・・これは関西人的に、小学校から厳しい環境で鍛えられていたからだと思いますが 😆

ほんと、まだまだ日々学ぶことが多いです。

次、人前で”話”もさせてもらうのは、次回の週末、21日22日と大阪・名古屋に参りますので、お時間ある方は是非足をお運びくださいませ。

https://www.ishibashi.co.jp/sale-event/0408_aerophone-seminar/

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

 

 

なかなか台数が集まらなかったんですよ

売れ行きが好調で、試奏機の台数を確保するのも難しくて、一度に沢山揃えることが困難だったエアロフォン、今回は一度にこんなに集めて頂いて、参加者全員が一気に試奏!! 壮観でした!!

この台数集まる機会がまた有れば、それぞれがクラリネット・サックス・フルート・ファゴット・オーボエ・金管・・とパート担当したら、ブラスアンサンブル出来ますね!! やってみたいものです 😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

エアロフォンセミナーのご案内です。

4月 イシバシ楽器店さん各地特設会場にて、エアロフォンセミナーをやらせていただきます!!😉

デモ演奏は勿論の事、音色の紹介・サックスの練習への活用方法~ちょっとした裏技まで、エアロフォンの魅力を存分に感じて頂ける楽しいセミナーになるよう、努めさせていただきます!

お近くの方は是非是非ご予約くださいませ。
お逢いできますのを楽しみにしております!!!
教室 区切り線2
【日時・会場】

2018年4月8日(日) 14:00 スタート
福岡パルコ店・管楽器コーナー特設ステージ

 2018年4月15日(日) 14:00 スタート
渋谷EAST・店内特設会場

 2018年4月21日(土) 15:00 スタート
梅田店・店内特設会場

 2018年4月22日(日) 14:00 スタート
名古屋栄店・店内特設会場

詳細ページ
https://www.ishibashi.co.jp/sale-event/0408_aerophone-seminar/
教室 区切り線2

ご予約は、上記ページの「セミナー参加方法について」をご覧くださいませ。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

 

【Aerophone】裏こんな事してます

よく私のエアロフォンの裏側見た人から
「なんなんですか???」と質問されるので。

カスタマイズっちゃカスタマイズなんですけど、演奏中のミスを減らすために①と②を取り付けてます。

はTONEのボタンの位置を、手探りでもすぐわかるように。
演奏曲中にシビアな(瞬時に)音色を切り替える必要があるときにはUSER TONE のショートカット(取説P5)で音色を呼び出しますが、その際にTONEボタンを左親指で押すときに、迷いにくいように貼り付けてます。

はサムコントローラがUP側には動かないように。
人によっては演奏中にUP側を使う人も居ると思いますが、私自身はEWI時代からUP側(音程を上げる)を使うことが無いので、動かないようにしています。
これは別の理由の為でして、サムコントローラで左右にそれぞれ”効果”を設定している場合(パラメータLeft Right)、例えば LEFT にポルタメントを設定していて、演奏中、ある部分だけにポルタメントをかけるとします。親指でLEFT方向に動かしたつもりが、ミスして左斜め上方向に動いてしまうと、ポルタメントかからずに、音程が上がるだけになってしまいますからね(^^;
②で正確に左右方向にしか動かない(& Down側は動きます)ようにすることで、演奏中にミスが起こらないようにしています。

 

まあ、これは個人的にというだけなので、わざわざ取り付ける必要があるわけではございません! 😛

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

手癖での間違い

サックスやエアロフォンでもそうですけど、手癖で音を間違う現象ってありますよね。

簡単に言うと、ファが出てくると、なんだかすぐファ#の指で吹いてしまうとかね 😛
そういう時、吹いてる本人は「意図的に間違った音に行きたい訳ちゃうんです・・か・・勝手に・・指が・・・」ってなってますよね 😉

レッスンでもそういう症状の人がよく出現しますが、そういう時は、ちょっとしんどいですが、こういうのやってみてください。

これは、羅列された音符はメロディーもスケールもへったくれもあったものでは無いですよ 😆

メトロノームに合わせて任意のテンポでサックス・エアロフォンやってみてください。

PDFもダウンロードできるようにしておきます → 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

Aerophoneでのベンド奏法について

こんにちは藤本です。さて、よく質問いただくAerophoneでのベンド奏法について、超簡単に書きますね。

エアロフォンのシステム2.20から、ほんとベンド奏法が自由自在になりまくした。
ただ、ここでよく頂く質問で「うまくベンドが出来ない」というものがあります。

以下、言葉をオブラートにつづまず書きますけど・・・ 😯

結論から言うと「そう簡単にベンド奏法は習得できません 🙄 」

音楽的なベンド奏法は、ポピュラー系サックスでは中級者~上級者のテクニックです。ですからエアロフォンがサックスと同じようにベンド表現が、繊細に出来るようになったってことは、上級なコントロール表現が可能になったということでありまして、その日から出来るわけではありません。日々練習して習得する必要があるということです。逆に、適切な指導の下練習することで、ベンド奏法も効率的に習得することは可能です、それでも数か月は最低かかりますし、音楽的ベンド奏法は年単位で日々練習の積み重ねとなります。

でも、これって `楽器` としては当たり前のことで、練習すればその分上達するわけですから、電子楽器とは言え、上達の喜びがあるわけです。

ベンド練習方法は、サックスで習得するのと、全く同じ基礎練習から始める必要がありますが、文章だけで簡単に書く事ができませんから、割愛させていただきますが・・(^^;下顎を上下に緩めるだけでは、音楽的ベンド奏法はできません・・。

是非お近くにサックス上級者の方が居られたら、ご指南いただいてください。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

エアロフォンの黒が届きましたー

エアロフォン グラファイトブラックの発売から2か月近くになりますが、こちらも大変品薄でしたので(^-^;
白い方は一年間酷使してますが、とくに不具合もなく問題ないのですが、いろいろと”カスタマイズ”してはいるので、黒はノーマルのまま使うことにします 😛

黒は黒で、白は白で それぞれ良さがありますよね 😛

教室 区切り線

あ、ついでですが、昨日ご質問メールいただきました石川県Fさんの質問に答えておきますね。

2.20でのベンドダウン値の設定手順について“なのですが、メールの内容からの推測となりますが、いきなり”Bend down”パラメータの数値を触らずに、まずはパラメータ ”Bite Adj” を自分自身の数値判定をしてから使ってみてくださいませ。

自身のアンブッシャ締め圧判定後に、ダウン幅が気になる場合は、自身で値を変更してみるといいと思います。 “Bite Adj”  AUTOも悪くないのですが、簡単な手順で自身の値を判定できるので、使わない手はないですよ!!

 

よければ動画を参考にしてくださいませ

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン