サックスのリードの選び方

サックスのようなリード楽器にとってリードの良し悪しは
音色・吹奏感に多大な影響を与えます。
またリード選びは今後楽器を続けていく上で経験とカンを
養っていく必要があります。
では実際にリード選びの手順を書いてみます。
まず一番重要なことは リードメーカー と モデル 硬さ 選びです。
例えば バンドレン でも トラディショナル(青箱) JAVA V16 ZZ ・・
など様々なモデルが存在します。
クラシックにおいては 青箱 が定番ではありますが、ジャズ・
ポピュラーにおいては好みとなってきますので、まだリード選びが
わからない初心者の頃は JAVAの2-1/2 が無難なところだと
思います。
モデルによってリードの厚み分布がことなっており、それぞれ
特性を持っています。
セッティングも影響を与えますから、まずは 硬さ 2-1/2 で
いろいろ試してみるといいと思います。
10枚のうち5.6枚 鳴る メーカーとモデルと硬さが見つかるまで
多少出費はかさむかも・・・ですが。。
僕もクラシック時代は 青箱の3-1/2 を使っていましたが、
いまはそんなに硬いリードではセッティング的に無理なので
青箱を買うときも 2-1/2 を使います。
以上はまた詳しく説明する機会を設けますね。
さてリード選びです。
1 買ってきたリードをコップに水などをいれて、3.4分漬けます。
リードは本来唾液の水分が入った状態で いいもの わるいもの の
実力が問われます。一枚づつ咥えて湿らしながらでもいいですが、
一気に選ぶ為に僕は水に漬けてます。生理食塩水がいいという方も
おられますが、まあそこまで浸透圧に拘る必要もないと思います。
ある程度経験のある方は買ってきたリード10枚くらいで選んでも
いいですが、初心者の方は5枚までにしたほうが無難です。
吹いてるうちに訳がわからなくなりますからね。僕も初心者の
頃はよく訳が分からなくなって結局選べなくなってましたし w
2 一枚づつ試していく。
リード選びはその日のアンブッシャーの具合や、直前まで付けていた
リードの感覚に大きく影響されますから、付けた瞬間にあまりにも違和感を
感じる場合はすぐにパスしましょう。
ある程度 鳴るー と感じたものは、低音域・中音域・高音域 と
音色を試してください。リードによっては中・高音がスキテーーなのに
低音域が鳴らないものや、高音域だけならないもの・・と様々です。
平均的に見て合格点 というのが存在するのですが、
これは経験値からのカン所でもあるので、最初のうちは自分なりに判断していくしか
ないかもしれません。
いいものには ◎  次は ○  次は △ んで × と
順位をリードに書いていくといいと思います。
僕は昔ちょっと リード追跡日記 というのをつけていた
事があります 笑 ◎ が使ううちに へたって来ると どうなるか。
○ リードもしかりですが、△にも硬くて吹きづらい△なら、
多少ヘタッテくるとやわらかくなってくるので、ある時期には○になったりと・・・
結局植物なので、次第に変化していきます。
慣れてくると△でも使い込んでいくとよくなる 潜在的 ○ が
あったりします。経験を重ねると将来的に良くなりそうな△も
分かるようになってきます。皆さんも リード追跡日記 いかがですか w
ただ×に関しては陽の目を見ないことが多いですね。。。
しかしマウスピースなどセッティングを変えたときに、×物も
もう一度試すチャンスはあるので、取っておくといいとは思います。
リード選びにおいて ◎ 以上のリードを僕は 神 とよんでます w
この神リードは出現率はほんとに低いです。。。
音色・吹奏感・全ての音域での安定性 と植物素材のリードですから
自分にピッタリであるのはほんと千枚に1枚とかそれくらいかも知れません。未だに18年前の神リードは印象がのこってたりします 笑
普段は○以上のものを使いますが、潜在的△はたまに吹いて育てる
感じですね。
◎リードでも一番いい状態に育ったものは、本番等に温存します。

あと高音域・低音域がなりにくい場合が多いときは、リガチャーや
マウスピースに問題がある場合も多いので、その辺も研究してみて
ください。
リガチャーを変えたら高音域が出やすくなる とか 低音域が
出やすくなる とかはよくありますからね。
僕はリードがある音域だけに問題があったりする時は、その問題を
改善できるリガチャーに変えたりしています。
根気のいる作業と経験になってしまいますが、いろいろチャレンジ
してみてください。
リードの保管方法・ローテイションに関してはまた書きます。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光