ベル麻痺とサックスのアンブッシャ

ベル麻痺 って知らない方も多いと思いますが、僕も数年前に発症した時まで知りませんでした。
簡単に言うと「原因不明の麻痺症状」でして 😯
教室 区切り線

wiki pediaによると
【引用ここから】
ベル麻痺
(ベルまひ)とは、顔面神経の麻痺によって障害側の顔面筋のコントロールができなくなった状態のことである。顔面神経麻痺の原因として脳腫瘍、脳卒中、ライム病などがあるが、原因が特定できない場合にベル麻痺と呼ばれる。
【引用ここまで】

教室 区切り線

僕の場合は、ある朝起きて、いつも通り歯磨きをして、口をゆすごうと水を含んだら、左口角から水が全部こぼれ落ちました。
自分ではもちろん口を閉じているつもりだったんですけどね・・正直何が起こったか自分で理解できませんでした。
「脳梗塞」と焦って、かかりつけの病院が車で数分なので、そのまま病院に行きました。

病院につくとすぐに脳梗塞かどうかを調べるテストみたいなのをやらされて、どうやら原因は、脳ではないようだと先生が仰ってホットはしたものの、そのまま検査を色々とやりました。
で、結果的に「原因不明」=「ベル麻痺」と診断されました。

原因不明なので、基本的に確立した治療法はなかったのですが、ステロイド製剤での症状好転が知られているとかで、その治療を受けることにしました。
ただ、先生曰く「最悪、このままサックスは吹けなくなるかもしれません。」
聞いて、めっちゃ、びっくりしました 😯
サックスを吹くには「完治」が大前提で、残念ながら麻痺が残る症例もあるとのことでした。

先生は僕がサックス吹くこと知ってたんですけど、僕自身は、えらく動揺してたので、その時までサックスのこと忘れてたのです 🙄

確かに、麻痺した部分は、左半分の口輪筋・笑筋周辺でアンブッシャ必須の筋肉です。
水を含んだくらいで、ヴゥ゛゛゛゛ワァァァって漏れちゃうので、到底サックスは無理そうです。
「症状が改善するにしても、最低でも一か月はサックスを吹けないでしょうし、それ以上の期間になることも覚悟してください。」と先生にたたみかけられて、凹みつつ入っていた仕事を事情を話して諸々手配しました。

その日、麻痺と精神以外は元気だったので、事務所に行き、ものは試しとサックスを吹こうとしてみました。
そしたら、息は漏れ漏れで、筋肉がいうことを聞かないのでアンブッシャは崩壊です。なんとか息をいれても、音は今日サックスを始めたばかりの、サックス超初心者の音しかならなくなっていました 8-O 麻痺当時、サックス歴25年以上が、一瞬で中学二年の春、サックス初日に戻っていました。

その時に 「おぉ・・・俺は時間をかけてアンブッシャを作ってきたってことなんやね」と、変に冷静に納得しました 😆
教室 区切り線
その後、幸い2ヶ月ほどで徐々に元にもどり完治いたしましたが、謀らずもサックスのアンブッシャは時間をかけて、作って来たものなんだと認識しました。
ゆるゆるでは勿論息漏れしますし、かといって、力いっぱい締めるものでもないわけですよね
教室 区切り線
わかりにくい例えかもですが・・・・※だれも望んでないでしょうけど、絵にしました 😆
筋力比較
水の入ったバケツを、手を下に下げて、比較的筋肉は弛緩した状態で持つのは持てますよね。

バケツをできる限り引きの筋力で上げて持ったままキープするのも、そんなに疲れないですよね。

手を伸ばして中途半端に半分の高さくらいまで持ち上げたまま、その態勢を維持するのはキツイですよね。んで、手がプルプルしてきますよね。

 

 

 

 

 

教室 区切り線
アンブッシャに関わる筋肉は、③の中途半端に持ち上げている状態に近くて、しかも奏法・表現に応じて柔軟に筋肉が対応しているわけですね。柔軟にキープできなくなってくると、口角あたりがプルプルしてくるのは、③の状況と同じですね。
筋肉同士の釣り合いが崩れてくると、筋肉同士の綱引きが始まっちゃってプルプルプルとなっちゃいます。

ですから、アンブッシャは緩めすぎず、締めすぎず、なんていうか、ふわっとしたアンブッシャを目指してみてください ・・・わ・・わかりにくい強引マトメですいません 😆  😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

 

Badinerie サックスの譜面作りました。

先日ソプラノサックスで吹いてみた動画 、Bachの「Badinerie」の譜面を用意しました。
border

border
サックス教室 譜面

※譜面は原曲のまま(in C)で高さで書かれています、これを、そのままソプラノで吹いているので、
ソプラノサックスで吹くと、
原曲から半音二つ低いキーでの演奏となっています。アルトサックスとかでも、指の練習として、このまま譜面読んで練習していいと思います。
※音ば判ればいいか!! と作ったので、アーティキレーションは記譜していません・・ 😯border
■譜面のダウンロードはこちらから■
ダウンロード
border

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

サックス運指 左手のポジション

先日の運指ネタの続きです。

サックスのホームポジションで、いまいちつかみにくい左手・・・
斜め上からのアングルで撮影してみました。

高音の レ とか ミ とかの「パームキー」の押し方に
注目してもらえればと思います。

パームキー 特に レ とかは、指で押すんじゃなくて、
手首のスナップで押すようにします。

多少でも参考になれば幸いです。
サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

サックスの運指 転ぶ・・・。

石川県 Nさんから頂いたご質問です
border
「今練習している曲で、テンポに指が追い付かない所があります、
何度も繰り返して練習するしかないでしょうか?」
border

サックスの運指において、指が転ぶ原因は色々とありますが、ざっくりと

■サックスの構え方がおかしい
■指のポジションがおかしい (それぞれの指にかかる重心といいますか・・・)
■筋トレ  力の事ではなくて、単純に指の筋肉が、テンポに追い付かず、うまく動いていない。脳との連携がうまくいっていない
■フレーズの 上向形・下降形・部分的難易度 によって、指の動きの速度が変わっている

等に起因してきます。
あとは、おなかが減っている、悩み事があるなどメンタル要因もあるかもしれないですけど  😀
区切り線

■フレーズの 上向形・下降形・部分的難易度 によって、指の動きの速度が変わっている については、
また後日書きますが、それ以外の、ポジション関係について書いてみますね。
border
サックスは時代とともに、キーのポジションも改良されています
人間工学ってやつですね。昔の楽器は、サックスの機構は複雑で、設計優先の時代もありました。
オクターブキーやテーブルキーがめちゃくちゃ押しにくい場所にあったりしましたが
現代の楽器は全く問題ありません。

ここがひとつのポイントでもあるのですが、現代のサックスは人間工学に基づいて設計していると
いうことは、その設計思想に準じた、腕・指のポジションでサックスを持たないと、最良のレスポンスを
得られないということになります。

特に、サックスは左手のポジションを、奏者自身が意識して改良した時期がないと、正しく持てている可能性は
めっちゃ低いです。僕もひたすら左手のポジションを強制していた時期がありました。
区切り線
なんかの映画で、サックス奏者が出てきて、左手の人差し指と中指の間に煙草を差したまま
演奏をしているのをみて、当時煙草を吸っていたので、真似ようとしたら、ポジションが悪くてできませんでした 笑

ちょっと、久しぶりに煙草借りてやってみました 笑
ぶっちゃけ、一回ポトッッッッと落としました 😆

区切り線
ポジションの修正は、将来を見据えて、今から少しづつ、じっくり治していくとして

現状では、やはり超ゆっっっくりテンポから、+5づつとかテンポを上げていく
練習も必要になってきます。
注意するところは、よく転ぶところに赤ペンなどで印をいれて、少しでも転ぶ感じがあったら
そのテンポでひつこく練習してください。

ただし、こういった反復練習には弊害もありまして、何度も何度も、前述の間違ったポジションで、
同じところばかり吹いていると、逆に、出来ていたほかのフレーズの運指が、転びだすことがしばしばあります。
ポジションの事を気にかけながら、出来ないフレーズの反復練習をしつつ、合間に別のフレーズも練習するようにして
なんといいますか、筋肉を固めないようにしてください。

僕にも独自ではありますが、サックス練習前に、指のストレッチと、手首のストレッチをするメニューがあります。
また、脳と指の連結をスムーズに行うには、ご覧になったことがあるかもしれませんが
「ボケ防止」の指の運動も効果があるように思います。
区切り線
サックスの先生に習っているようでしたら、第三者目線で

●「指にかかる力のバランス」

●「手首の角度」
●「レ ミ ファ ソ と吹いた時の、右手の人差し指のねじれ」 ← これ結構重要。
●「ホームポジションに指を置いた時の、重心」 を見てもらってください。

また、出来ないフレーズの、リズムを変えて練習する方法なども有ります。
これは、いろんな楽器共通なので、ネットで調べると出てくると思うので
説明はそっちに任します、すいません 😯

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

リードの硬さって?

さてさてリードの話をすこし。
リードの硬さは何番くらい? とよく質問をうけますが これっ て答えは個人差も
あるわけですが、このマウスピースのこの番手には どこのメーカーの何番という
統計的な答えは存在するわけです。
人によっては 3番 とか固めのリードを勧めることもあるようですが、僕は基本
2半 くらいの柔らかめのリードで楽にコントロールするように勧めています。
自身はたまにバンドレンの2番を使うこともあるんですけどね、、あんまし売ってないわけでして 😆

ただ柔らかいリードにするには マウスピースもある程度フェイシングの開きは必要になります。
とはいえメイヤーの5MM辺りですと柔らかめのリードでも十分に音程キープできます。

開きの狭いマウスピースに柔らかめのリードですと どうしても詰まったり、オクターブのラより上の
音程が上がりきらないとか弊害もでてきますから、その辺りは自分のセッティングで検討は
必要になります。

ただ結構アンブッシャを締め過ぎ(噛み過ぎ)の人が多いので、そういう人はだいたい
硬いリードでシンドイ演奏をしてしまってますね・・。柔らかめのリードでも柔軟に対応できる
アンブッシャができれば 息・コントロールは非常に楽になりますよ。

まあこんな事いってる僕もすごい昔は3半とかひどいときには4番つかってましたけどね 笑
ただ、世界的奏者のカークウェイラムはめちゃくちゃ硬いリードを使ってたはずですけどね 😯

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

誤ったアンブッシャーの改良

独学でサックスを勉強する場合に、最初一番気をつけなければ
ならないのが アンブッシャー です。

今回レッスンで60分で改造した事例を書いてみます。

まずAさんはソプラノサックスでのレッスンですが、歴は2年くらいで
最近うちでレッスンをしています。

うちに来る前にグループレッスンを受けておられたのですが、
アンブッシャーは ちとマズイ感じでした。。

まず写真を見てください。
サックス アンブッシャー

下唇がマウスピースの横でメクレてしまっているのがわかるでしょうか?

 

拡大してみると

サックス アンブッシャー

この赤丸で囲った部分です。これでは隙間から息が漏れてしまいます。
息漏れがおこるといこうと、音もまっすぐに伸びませんし、演奏中疲れやすく、
ダイナミクスも付けられなくなってしまいます。

原因は口の周りの 口輪筋 と 笑筋 の使い方に問題があります。
(顔の筋肉については ネットで検索してみてください。 顔 筋肉 とかで
検索すると出てきますよー)

特に 笑筋 の使い方が問題です。字のごとく 笑う時に使う筋肉です。
サックスのアンブッシャーではこの 笑筋 の使い方が一番重要です。

笑筋 を実感するには 鏡の前で ニコッ っとしてみてください、
そうすると横に引っ張る筋肉があります、それが 笑筋 です。

この笑筋を意識しつつまずはトレーニングしてください、んで慣れてきたら
徐々に笑筋を引っ張り過ぎないようにマウスピースを包むように「う」の口に
近づけていきます。

それをアンブッシャーの時にうまく使ってください。そうすると
下唇にも程よく引っ張られて 写真のような メクレ は発生しなくなります。

40分ほどで改善されました ↓

サックス アンブッシャー

たった1時間足らずで、音の揺れなどがなくなりました。
そしてこの状態から 口輪筋 と 笑筋 が鍛えられて行くと、
笑筋をここまで引っ張らずに楽に演奏できるようになります。
ようするに筋トレですね。

自分が気づき 改善方法を知り 吹くときに注意すれば
治るわけですから、もし皆さんの中にも 音の揺れ や カスレ
高音のリードミス に悩んでおられる方が居たら、まず手鏡を用意して
アンブッシャーを確認してみてください。

意外と気づかない間にアンブッシャーが壊れてしまっているかもしれませんよ。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光