USEDのサックスは買い?

楽器購入の選択肢としてUSEDの選択肢もあります。USEDはサックス専門店では数多く
陳列販売されていますから、現行はもちろんですが、現行モデル以前のモデルも手ごろな価格で手に入る場合があります。

ではUSEDのメリット・デメリットを考察してみましょう。
まずUSEDのメリットはなんといっても安く手に入ることですね、現行モデルも過去の
モデルも運がよければほんとに安く手に入る場合があります。
まずは楽器店に相談してみてください、希望のモデルが有る場合、楽器店に入荷が
あった時に連絡もらえるようにしておくと、比較的早く手にはいると思います。

また値段も多少交渉の余地が有る場合もおおいので相談してみてください。
USEDのデメリットとしては、初めて楽器を買う場合に愛着という点があるかもしれないですね。
車を新車で買ったらたぶんたびたび洗車してワックスかけて・・と愛着もひとしおですよね、
ですからこれから育てたい場合、自分と一緒に成長していきたいときは新品の方がいいかもしれないですね。まぁ気の持ちようですけどね。

USEDを購入するときには必ず試奏をしなければなりません、新品でもそうですが、
新品の場合よりシビアになるくらいでいいと思います。前所有者の演奏の癖などが
楽器には残ってしまいます。これはまた後述しますが、科学的にも説明できる部分です。

ですから前所有者がある程度のレベルで吹きこなしていた楽器とそうでない場合には、
同じモデルでも格段の差が生まれてしまっています。もちろん調整がしっかりとなされているということが条件ですが・・。

実際にUSEDのなかには状態の悪いものや、バランスの悪いものも沢山販売されています。
特にバランスとピッチには注意してください。バランスとは低音域・中音域・高音域の音色のバラつきや吹奏感の違いです。

中音域が良くても高音域の吹奏感がイマイチな場合はよくあります。
またピッチの悪い楽器、要するに音痴な楽器は避けたほうが無難でしょう。

前所有者が音痴に育ててしまった楽器はなかなか音痴が治りません。
調整でキーの空き調整など有る程度音程の改善も見込めますが、最終的には余計にお金も時間もかかってしまいます。

音程はある程度のレベルの奏者はある程度の範囲の音程のズレは口で調整して吹けます、
しかし口で調整できる範囲を超えて音程が悪い場合や、バラつきが有る場合、その楽器は避けるほうが無難ででしょう。

● 現行モデルならUSED価格が新品価格より6万円以上安いなら検討。
● 生産終了モデルは何本か試奏して、音色・バランス・ピッチの一番いいものを根気よく探す。
● USEDを買ったら必ず完全調整に出す。ですから別途+3万円位は販売価格+αで思っておく。
● USEDには殆どマウスピースなどの付属品はつかない場合が殆どなので、初めてサックスを買う場合には別途マウスピース・リガチャー・メンテナンス用品の購入が必要になるので、別途2~3万円は必要になる。

● 信頼の於ける楽器店で購入して、後々のメンテナンス・また保障が多少つくといいかもです。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光