まだ届いてませんけどね😅

例の人柱的に、中国のサックス製造工房に直接制作を依頼・送金したのが1/23。
まだサックスは届いてませんけど、担当者(女性)とはたまにメッセージアプリでやり取りしてますから、それほど不安があるわけではございません😆

中国は、春節のお休みに入って、大型連休に突入したため
2月頭に「3週間くらい休みます~」とメッセージがきた 笑

特殊管を発注したので、どうやら、ほぼ受注生産状態だったのだろう・・セルマーでも受注モデルは半年待ちになることもありますからね・・ちょっと違う気もするけど 😛

「3/7から仕事再開するわ~~」と連絡来たので、まあ、さらに気長に待つことにします 😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

H.SELMER Jubilee SERIE III Alto Saxophone

本日は兵庫県のNさんから依頼されました、アルトサックスの選定に行ってまいりました。

ご希望機種はH.SELMER Jubilee SERIE III Alto Saxophone

ここんところ、セルマーのご依頼をよく頂くのですが、いかんせん品薄状態が続いておりますので、複数本必要となる選定まで1カ月待ちとかざらなんですけど、今回、めちゃくちゃタイミングが良かったようで、なんと4本 二日で準備してもらいました 😛

シリーズIIIは、ポジション・レスポンス・音程、音色・・・、どれをとっても、まさに王者セルマーの風格です。
しかしまぁ、今回もレベルの高いところでの、十人十色的なのもセルマーですがね w
別の言い方をすると、好みで選べるということですから、選ばずに「これください」ってセルマーを買うのは、とても勿体ないですね 😎

先日、セルマーは値上げが発表されました・・・
僕が18歳で買ったころからすると、倍近くになってますけど・・。

セルマー狙っている方は、在庫旧価格で販売されているお店もまだありますから、お早めに!

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

何度目かの人柱的購入

最近ではMADE IN CHAINAがあふれていますが、サックスの世界も漏れなくそうなってきていますよね。

楽器の世界では、数年前までは”所詮コピー品や・・”とか、日本人も余裕をもって傍観してた感ありますが、最近ではそんな中国楽器産業が、買収やら技術者の引き抜き、高価な工作機械の導入によって、世界を席巻するまでになっています。

今回は、中国で最も有名な通販サイトALIBABAで、ちょっと特殊なサックスを注文してみましたよW
やり取りは英語なので、ちょっと大変ですけど・・・・

ロット(数本以上の単位)で販売している所もありますが、1本からの注文も受けてくれるところが殆どで、塗装も選べて、なんなら好きな彫刻とロゴもいれてくれるらしいです。
今回は、表面処理だけシルバープレートにしてもらう事にしました、それでも$500(送料・paypal手数料込)でした。

そこのメーカーは、どうやら日本国内で販売されている某モデルもOEM生産してるようなので、全然ダメということは無いだろう・・と。
ネタ用にという気持ちも半分・使えたらラッキーですしW
到着したら、とにかく一度お世話になっているリペアさんに見た貰いますけどね。

アリババで検索すると、他の会社(工場)では$100位からサックスは販売はされていますが、あまりにも情報の少ない工場は却下しました。

送金してから
「だいたいの納期はいつぐらいですか?」と、メッセージ送ったら
「根気よく待て」 と返事がきました WWW

まあ、その辺は大陸対応で、いままでもすごい待たされたことあったので、気長にまってみます。

ちなみにPAYPAL決済だと多少手数料多く取られますが、商品が届かないなどの場合、6ヶ月以内に申請すれば、返金保証あるので、まあ、それほど心配してませんけどね。

 

これまでの人柱結果
■ソプラノメタル(中国) △ 使えなくはないが、フィニッシュしてないので、自分で何とかしないとダメ。工作精度は結構いいが設計がイマイチ 2000円
■圧縮コルク(中国) ○ 問題なし 10枚400円
■リガチャー(中国) ○ 問題なし 400円 某メーカーのコピー?
■スタンド 900円 ○ 日本でも販売されている

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

本日の選定

先月選定依頼いただいていたのですが、品薄が続いていたため選定本数が集まらず、年を越してしまいましたが、入荷連絡ありましたので、急遽アルトサックス セルマー リファレンス
アンティークゴールドラッカー(彫刻入り)の選定に行って参りました。

ほんと、このモデルは、え~~~色してますわねぇ~

言わずと知れたこのモデル 息を入れた時の抵抗感と、音の密度とキメ細やかさ、それでいて非常に安定したコントロール感があり、自身で楽器を鳴らしている満足感が得られます。

今回ご依頼いただいた方は、楽器経験をエアロフォンでスタートされて、やはり本物のサックスがやってみたい!!と、初めてのサックスでリファレンス・・・うらやましい限りです(^-^

セルマーは結構個体差がありまして、まぁ、もちろん合格点以上での個体差になりますが、今回も個々、方向性の違う楽器たちでしたが、最終的には安定性・音域のバランス・ピッチ感・ダイナミクス変化による音質・・等々、いい感じの個体を選定できました。

しかし、まあ・・・今回の選定でリファレンスの潜在能力の高さを再認識いたしました。なんせ、息を入れた瞬間・・・音を出すことが楽しいんですよ ;-) 選定なのに基礎練習したりしてましたww

コミコミ50万円代後半の予算が必要となりますが、それくらいの価格帯でアルトサックスお探しの場合は、間違いなくお勧めな機種です!!

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

YAMAHA 82z alto 選定

Kさんに頼まれていたYAMAHA 82z alto(モデルチェンジ後) の選定をしてまいました。

以下個人的感想ですが、まずタンポのレゾネータがメタルに変更されましたので、前モデルよりも反応は良くなっていると思うのですが、正直そこまでの変化は個人的には感じません(^^; モデルチェンジ後何度も吹いてはいるのですが、本日もやはり旧モデルとの差異はそれほどないような、旧モデルも元々反応良かったですからね 😛

ただ、モデルチェンジでのデフォルトネックの変更は結構大きいと感じます。
モデルチェンジ後はV1ネックがデフォルトになりましたけど、このネックは個人的には好きな鳴り方をしてくれます。わりと太目の音がなるわりに抵抗が少ないので、上から下まで楽に吹ける感じです。
旧モデルのC1ネックも好きですけどね。

今回は楽器店に4本用意していただいて、それぞれ吹き比べましたが印象としては個体差が大きかったです。もちろん全てサックス本体としてレベルの高い次元での違いではありますが、ぱっと吹いた時の印象や音域による息の入りがそれぞれ違いました。
ネックの個体差もあるので、色々と組み合わせを変えてみましたけどね。
音程はとりやすい楽器ですので、扱いやすい楽器というのは旧モデルから変わりませんけど、フラジオ領域はモデルチェンジ後の方が伸びのいい音がする印象です。

総合的に見て”素直な楽器”という感じですね、「わたし!奏者色に染まります!」みたいな 😳
昨今はよくも悪くも味付けされた楽器が多い中で、この感じはありだと思います。
旧モデルと吹き比べてみるのもいいかもしれませんね、好みが分かれるところではありますが。

写真を撮り忘れたので、文章だけでした(^^;

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

ヤナギサワ アルトサックスA-WO10 選定してきました。

北海道からご依頼いただきました、アルトサックスの選定にいってきました。
ご希望いただいたのは ヤナギサワA-WO10

このモデルは都内でも品薄で、なかなか手に入らないので、入荷時期が未定の店も多いのですが
今回はタイミングが良かったようで、お世話になっているお店に尽力頂いて数日で手配いただきました。

63_360x585

 

 

 

ヤナギサワ管楽器

http://www.yanagisawasax.co.jp/saxophones/view/33

 

 

 

 

今回選定させて頂いて、やはりこのモデルはとても完成度が高い!!
実売価格は30万円台前半なので、YAMAHA 82Zあたりの競合となりますが、82Zとの印象の違いは
適度な抵抗感をコントロールしやすいといいますか、出したい音色に応じてアンブッシャでのコントロールがスムースに行える感じです ※何を言うとんねん!! という突っ込みはご容赦ください 笑
あと、個人的にフィンガリングがメチャクチャやり易くて、バネ圧が丁度いいのか、キーが指に吸い付いてきてくれる感覚でした。練習が楽しくなるモデルですねぇ。
特に、今日選定した一本は、自分が欲しくなりました・・・そこは我慢しました 笑

先日はセルマーも選定させて頂いたのですが、このモデルはセルマーの方向性とはすこし違うといえば違うのですが
日本人の手の大きさなどによりマッチしたモデルで、個人的にはとてもお勧めです。

ほんと、予算価格帯で82Zを買おうと思っている方も、一度ヤナギサワA-WO10吹いてみて、自身の好みで考えてみるといいですね 😛

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

どのサックスから始める?

福岡県 さっちんさんからの質問です。
教室 区切り線
これからサックスを始めたいと思っていますが、アルトサックスにするかテナーサックスにするか迷っています、おすすめはどちらでしょうか?
教室 区切り線

サックス

face_icon  答えからいいますとどちらでもよいと思います・・・ 😉

さっちんさんがサックスを吹きたいなぁと思ったキッカケはなんでしょうか??
誰かのサックス演奏・または曲に魅せられたのであれば、その人・曲がアルトだったのか、テナーだったのかで決めていいと思います。
とはいえ、なかなか最初はアルトサックスなのかテナーサックスなのか聞き分け・見分けつきませんけどね 😯
周りにサックス吹いている友達が居たら、それを聞いてみてください。
てか、好きな奏者が居るならどちらにするか悩んでないか!? 😆

なんとなく、女性はアルトを選ぶ人が7:3位で多くて、男性はテナーを選ぶ人が6:4位で多いような感じですけどね。
それぞれのサックスの音域が、アルトは女性の声域に近いですし、テナーはその逆と、そういうのも関係あるのかもしれませんが、正直なところよくわかりません。

上達はどちらが早いか と聞かれることも多いのですが、テナーもアルトも差異はないですね。

僕のところにサックスを始めたいけど、どっちにするか迷っている人には、実際にアルト・テナーそれぞれで演奏してあげて、「どっちがグッッときました??」的な選択方法をとったりもしますけど 😆
アルト・テナーを、生でだれかに聞かせてもらうのも選択方法の一つではありますね。

たまに「サックスはテナーから始めたほうがいい」とか、その逆の説も聞いたりしますが、僕的には、ほんと、どちらでも良いと思うんですよね 🙄

・・・・・余計に選択迷わせてしまったような・・ 😯  すいません 🙁

まぁ、迷って決まらないようならアルトサックスで!  ← とか言ってみます 😯
教室 区切り線
余談ですが、最初のサックスにソプラノを選ぶ人はブレがないというか、「ケニーGが好きだから」とか理由がはっきりしてることが多くて、アルト・テナーは眼中にない場合が多いです 😆
もちろん、初サックスをソプラノから始めても上達しますからご安心ください。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光