猫だと無理です・・・

アメリカでの裁判番組らしいのですが(裁判自体は本物みたい)

「被告人の飼っているワンちゃんが。以前自分が飼っていて逃げ出したペットに間違いない」と原告が家庭裁判所に「親権」を訴えたようです。被告側の現所有者の方も、どうやら路上でお金をだして買ったようなので、悪意はなかったようです。

被告人が当該ワンちゃんを法廷に連れて入ってくると、裁判官が「ワンちゃんを解き放しなさい」と被告人に告げ、ワンちゃんが自由になると、原告側の男性のもとに一目散で駆け寄り、尻尾がちぎれそうになる位、嬉しそうに😆
被告人さんも悪意が無かっただけに、ちょっと可哀想ですが・・。

これで、原告の主張が認められた というホンワカした話ですが、ペットがワンチャンでなくて、猫だったら、解き放った瞬間そこで寝そべるか、うろうろして臭いを嗅ぎまわるか、「昨日ご飯くれた人だから、私はこの人に一生ついてゆくのです🐱」と被告人の足をスリスリしそうだよね・・🤒

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

お気軽にコメントをどうぞ!!