Aerophone GO アプリ&本体アップデート

Aerophone GO アプリ&本体アップデート ver,1.03

アプリ側で設定したパラメータが、アプリとGOペアリング解除後に本体に記憶されなかった不具合への対応版です。とても重要なアップデートなのでお持ちの方はお早めに!

まず、スマホアプリを1.03にアップデート後、本体を接続し表示される指示に従ってGO本体もアップデートしてください。

Aerophone Go update
Aerophone Go update

【Aerophone AE-10】アップデート履歴

ローランド公式サイトより引用です

Ver.3.00 ] 2018/07

音色追加

  • 新たに 66 音色を追加しました。
    既存 62 音色と合わせて、合計 128 音色になりました。
    詳しくは、[ 取扱説明書 ] の「 Aerophone AE-10 トーン・リスト 」をご覧ください。

機能改善

  • 既存 62 音色のブラッシュアップを行いました。

Ver.2.20 ] 2017/12

音色追加

Jazz や Pops, Rock に適したサックス音色を追加しました。
詳しくは、[ 取扱説明書 ] の「 Aerophone AE-10 トーン・リスト 」をご覧ください。

機能追加
以下の設定機能を追加しました。
詳しくは、[ 取扱説明書 ] の「 AE-10 Ver.2.20 追加/変更機能のお知らせ」をご覧ください。

  • 「バイト・センサーのコントロール設定 ( BiteCtrl )」に動作モードを追加しました。
  • 以下の運指を追加しました。
    ・左手のみで演奏できる運指
    ・右手のみで演奏できる運指

機能改善

  • 「バイト・センサーのセンター調整 ( Bite Adj )」および「バイト・センサーの感度の設定 ( BiteSens )」の設定方法を変更しました。
    詳しくは、[ 取扱説明書 ] の「 AE-10 Ver.2.20 追加/変更機能のお知らせ」をご覧ください。

不具合修正

  • 息を吹き込んでも音が鳴らないことがある不具合を修正しました。
  • ポルタメントの効果がかからないことがある不具合を修正しました。

Ver.2.10 ] 2017/04

機能追加
詳しくは、[ 取扱説明書 ] の「 AE-10 Ver.2.10 追加機能のお知らせ 」をご覧ください。

  • iOS App「 AE-10 Editor 」に対応しました。
  • 以下の運指を追加しました。
    • リコーダー運指
    • 電子吹奏楽器運指
    • トランペット運指

Ver.2.00 ] 2016/12

音色追加

新たに 15 音色を追加しました。
詳しくは、[ 取扱説明書 ] の「 Aerophone AE-10 トーン・リスト 」をご覧ください。

機能追加以下の設定機能を追加しました。詳しくは、[ 取扱説明書 ] の「 AE-10 訂正と Ver.2.00 追加機能について 」をご覧ください。※表内のマークは、以下の設定項目を表します。

★:トーン設定
S:システム設定
  • トーン音量
  • ビブラート感度
  • ビブラート・ピッチ変化量
  • ユーザー・トーンのショートカット 有効/無効
  • キー・ディレイ機能
  • サックス運指のフラジオあり/なし
  • ブレス・センサーの MIDI コントロール・チェンジ情報の出力設定
  • バイト・センサーの MIDI コントロール・チェンジ情報の出力設定
  • ユーザー・トーンとシステム設定のバックアップ機能
  • ユーザー・トーンとシステム設定のリストア機能
  • ユーザー・トーンの消去機能
クイック・スタート・ビデオ「ビブラート
クイック・スタート・ビデオ「自動ビブラート機能を使う
クイック・スタート・ビデオ「エアロフォンでソフトウェア・シンセを鳴らす

機能改善

  • ブレスおよびバイトセンサーの動作を改善しました。
  • ブレス感度の設定値を追加しました。

不具合修正

  • トランスポーズおよびオクターブ・シフトの切り替え時に、値が反映されないことがある不具合を修正しました。

【Aerophone】AE-10 システム・プログラムver 3.00 【本日公開!!】 めちゃくちゃ音色が(+66音色)増えましたよ~ 更に!!【新機種(Aerophone Go)も発表】です!!

【本日公開!!】
Aerophone AE-10 最新 システム・プログラム ver,3.00公開に伴い、音色の紹介動画を準備いたしました!!

■今回のアップデートでは、なんと新音色66音追加となり、プリセットは合計128音色になりましたよ~!!!!!!!

木管・金管楽器はもちろん、ストリングス系・オルガン・シンセリード系・EDM系(ダンス音楽系)音色・民族楽器・・と、ありとあらゆるジャンル・そしてソロプレイからバッキング演奏に至るまで、AE-10が1台あれば、まさにオールマイティな電子管楽器へとさらなる進化を遂げました!!
続きを読む 【Aerophone】AE-10 システム・プログラムver 3.00 【本日公開!!】 めちゃくちゃ音色が(+66音色)増えましたよ~ 更に!!【新機種(Aerophone Go)も発表】です!!

エアロフォンのアップデートその後

気が付けば年末・・・はやいはやい 😐

先週のエアロフォン 新システムバージョン2.20の公開を終えて、多方面から反響頂いて嬉しい限りです。Roland エアロフォン開発チームの方々、またエアロフォン”布教”に係わる方々、本当にお疲れさまです。

エアロフォンは縁あって試作段階から関わらせていただいておりますが、試作段階でのテンヤワンヤ振りが懐かしいです 😆
そこから1年でここまでになろうとは、感慨深いものがあります。

今だから言えますが、昨年の発売1カ月前の新製品発表会で使っていたエアロフォンは試作機だった事と、ファームウェアもまだβ版で、やたら演奏が難しかったんです (^^;
そこから、発売までの1ヶ月で、何度も何度も何度もバージョンアップがあり、発売までには別の楽器か!!というほど操作しやすくなり、表現も格段にやりやすく変貌したんですよ。開発チームの方は、その間もほとんど寝る時間もなかったようですけどね 😯

今回のシステムソフトウェア2.20では、開発チームが詰めてこられた機能の最終味付け部分である、ベンドダウン値の決定を任せていただいたのですが、ほんとこれは責任重大でした。
試行錯誤して、何度も何度も数値をとっては録音して聞いてを繰り返しました。手前みそですが、公開バージョンではその甲斐あって中々の表現力に繋がったのでは!!と思っています(^^;

今回追加された、サックス7音色も個人的な見地からではありますが、popsやrock・Jazzのバンドやオケと演奏した時に、エアロフォンでサックス音色を気持ちよく演奏出来たら!!との方向性で、作らさせていただきました。是非使っていただければ幸いです!!!

これからのエアロフォンの進化も見逃せませんが、より多くのユーザーの方が、エアロフォンを通して音楽を楽しんでいただければ幸いです。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

 

【Aerophone】AE-10 システム・プログラムver 2.20 本日公開!! 追加/変更機能の概要を説明してみました

Aerophone AE-10 最新 システム・プログラム ver,2.20 公開に伴い、追加/変更機能について、実演を交えて説明させていただきました。 今回のアップデートで、LIP BENDが飛躍的に進化しましたよ!!

 

ローランド Aerophone ae-10 アップデートプログラム
https://www.roland.com/jp/support/by_product/aerophone_ae-10/updates_drivers/

【追記】
バージョンアップ方法手順のPDFをアップロード致しました。
※Ⓒローランド株式会社 ※印刷は出来ませんので、PC画面上でご覧ください。
https://sax-players.net/AE-10_verup.pdf

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

 

エアロフォン 新ファームウェア(もうすぐ発表) でDEMO演奏してみました

次のエアロフォン・ファームウェアβ版を使った ( 正式公開はcommin soon 公開が待ち遠しいですね!! (^-^) )  ”やりたい放題演奏動画” を作成してみました(^-^;
次ファームウェアでも盛沢山の進化がありますよ! その中でも個人的特筆点としましては、LIP Bend コントロールまわりが大進化、LIP Bendを使った表現がとても自然に、そして簡単にカスタマイズ出来るようになっています!!
その辺 ”やりたい放題演奏動画” で、少しでも皆様に感じてもらえれば幸いです!! エアロフォンがどんどん進化していくのが、嬉しいですわぁ~

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

Aerophone(エアロフォン)バイトセンサー感度カスタム調整方法

エアロフォンのバイトセンサーのカスタム調整の方法です。
(エアロフォンで繊細なリップベンドやビブラートを表現する為の設定)
※以下の内容は、上級者向けの設定方法となります。
とはいえ、壊れたりしないので誰しもチャレンジしてみてOKですけどね 😆
教室 区切り線
アロフォンではアンブッシャを緩めるたりすることで、サックスと同じようにベンド効果を
得られますが、サックスをやっている人ならご存知のように、奏者によって
使っているマウスピースや、リード硬度も違う為、アンブッシャの締め圧等は十人十色なわけです。
んで、十人十色な人たちがそれぞれエアロフォンを吹くと、やはりアンブッシャで制御する
ベンド効果(リップベンドダウンやリップベンドアップ)はなかなか思うよう作用してくれない訳です。


←この触覚みたいなのがバイトセンサーで、リード内側に触れて、リードの微妙な動きを感知してくれます

アロフォンの初期状態では、パラメータのBiteモードをピッチモードにすると、
バイトセンサー感度はAUTOで調整されるんですが、先ほども言いましたように、アンブッシャの締め圧は十人十色なので、AUTOでは自分のアンブッシャにピッタリのBEND反応は得られません。
その回避方法として、バイトセンサーに係わるパラメータ2つを自分好みに調整する事が可能となっています。

 

 

取説にある以下2つのパラメータのカスタマイズ設定方法を文章だとわかりにくいので、
動画にしてみました、是非参考にしてください!!

教室 区切り線

サックス教室 フイテマス 藤本匡光