ミュージシャンと請求書

東京都Kさんからの質問です
教室 区切り線
サックスを演奏してお金をもらう時に「請求書を送ってください」と言われたのですが、書き方が分からず困っています。
教室 区切り線
藤本 匡光 サックスを含めて「演奏家」に支払われる対価は、税務上の「報酬」と呼ばれる範囲の取り扱いとなります。
参考 国税庁web → 源泉徴収が必要な報酬・料金等とは
教室 区切り線
僕も、初めて請求書を送らなきゃいけなかった時に、どうしていいかアタフタしたのを思い出しました 😆

さて、Kさんはどこにも所属していない「個人」だとして話しをすすめます。教室 区切り線
東京 池袋 サックス教室 アイコン フイテマス演奏をすることでギャランティーが発生した場合に、通常、そのギャランティーを受け取るためには請求書発行の手続きが必須となります。

請求書の書式には、色々なものがありますが、請求書たる基本事項さえおさえていれば、どんなひな形でも大丈夫です。
たとえば、ネットで「請求書 ひな形」と検索してみると沢山出てくると思います。
それをプリントアウトして、必要事項を記入・捺印・郵送してもOKですよ。
注意してほしいのは、発行した請求書の控えを残しておく必要があります。
プリントアウトして使う場合は完成した請求書をコピーして控えとして保管します。
パソコン内にPDF等にして「電子保管」でも大丈夫ですが、紙媒体で残すほうが安心ではあります。

ですから、発行枚数がすくないうちは、文房具屋に売っている手書きの複写式が便利かもしれません。
これだとカーボンコピーで控えも同時に作成されます。
請求書2
個人的には、コクヨ の ウ-324N が使いやすくていいと思います。
※似たようなデザインで「合計請求書」というのがありますが、用途が違うので間違えないでくださいね。

教室 区切り線
さて、今回、このコクヨのウ-324Nを使って、記入例を紹介しまみますね。

東京 池袋 サックス教室 アイコン フイテマス以下の仮定で話を進めます。

◆Kさん自身は個人として請求する  (法人ではない)
◆10/10 に 「猫ライブ」でサックスを演奏した
◆ギャランティー金額は、10,000円で仕事を受けた。(税込)
◆請求書を書いている日は 15年10月30日
◆請求先は 「株式会社 猫音楽出版」 (法人)

教室 区切り線
上の条件で請求書を発行すると、こんな感じになります。
seikyu
① 請求書を発行している日付
② 請求先名義

③ あなたの住所・氏名・印鑑・電話番号・ギャラを振り込んでもらう口座情報
④ 今回は税込みでの記入なので「税込み」に○
⑤ 実際に仕事をした日付 と 仕事内容
尚、数量・単価 項目は未記入でも大丈夫でしょう。

⑥ 金額
金額書くときには必ず先頭には「」マーク書いて。¥10000 と書かずにカンマを入れて ¥10,000 と書き、最後に  」 ← チョンチョンとか言いますけど、金額改ざん加筆防止策です。
⑦ 使わない欄は斜め打ち消し線
⑧ 請求金額の合計
⑨ 今回の例では税込みなので、未記入にするか、打ち消し線
⑩ 税込み金額欄 こちらも今回は税込みなので、⑧と同額

教室 区切り線
東京 池袋 サックス教室 アイコン フイテマス書き間違えたら、最初から新しく書き直し!! 丁寧に慎重に!!

尚、請求書の右上にある №______ は、未記入でも大丈夫ですし、自身が管理しやすい方法で、任意の番号付けで大丈夫です。以後も番号を連番で書く必要もないです。

これを、猫音楽出版の担当者宛に封書で送ります。封筒表には「請求書在中」と赤文字で書くことが多いです。あとは、100均にも「請求書在中」の判子売ってます。

教室 区切り線
東京 池袋 サックス教室 アイコン フイテマス今後は請求書を送った場合に、マイナンバーを先方に伝える必要がでてきます ※2016年1月1日以降分から

【ただし、マイナンバーは請求書自体に記入の必要はないです。】

後日先方のマイナンバー管理担当部署から「提供方法」の連絡が有るでしょうから、その指示に従って提出してください。

教室 区切り線

東京 池袋 サックス教室 アイコン フイテマス実際に、Kさんの口座にお金が振込れるのは、通常1~2か月後の月末に振り込まれます。

会社によって請求書締日と振込実行日が違うので(支払サイトといいますが)、これは取引する際に先方に確認する必要があります。
※ちなみに、制作系の会社で多い支払サイトは末締めの翌々月末払いですかね。
例) 10月末〆で請求書を発行して、振込が実行されるのが12月末
場合によっては、3ヶ月後末・4ヶ月後末払いということもあります。

尚、取引先の資本金規模によっては「下請代金支払遅延等防止法」の範疇となりますので、その際には遅くとも請求書〆日後60日以内に支払われます。
教室 区切り線
[ ここは別に読まなくても大丈夫です 😆  ]

なぜ、入金までのタイムラグ(支払サイト)が設定されているかというと、すごく簡単に仕事の流れを図にすると
支払サイト

発注元A社は広告代理店とします。A社が”ある企業”からCMの制作を受注したとします。
※まあ、その場合はA社も、”ある企業”の下請け扱いになりますけどね、まぁ細かいことは抜きにして。

A社は、CM制作にあたり企画をたて、タレントの手配・映像制作会社・デザイン会社・音楽制作会社・・・・等など、CM制作に必要な専門分野の会社にそれぞれ発注します。

B社は、そのなかの音楽制作会社として、A社より発注をうけたとします。
B社はCM用音楽制作にあたり、あなたに演奏録音を発注します。

それぞれが、役務を完了すると、請求書を発行します。
あなたはB社宛に。B社はA社あてに。A社は”ある企業”宛に。

入金順は簡単に考えて、  ある企業 → A社 → B社 → あなた  となります。

ここで、B社に焦点をあててみると、B社はこの仕事に関して、あなた以外の沢山の人にも発注をかけているはずです。
A社からB社への入金が完了していない時点で、あなたと、あなた以外沢山の人への支払いを実行すると、最悪資金ショートのリスクが出てきます。
ですから、B社はA社からの入金目途の後に、あなたやあなた以外の人への支払日を設定するんです。

A社が”ある企業”に「CMできましたーー」って納品・請求するまでに、企画段階から半年とか、もっとかかる場合もざらです。
そうなると
「川下側」のB社やあなたに入金されるのが、恐ろしく遅れますよね・・。
そこで、さっき触れた「下請代金支払遅延等防止法」などで下請けを保護する法律があります。

教室 区切り線

東京 池袋 サックス教室 アイコン フイテマスもう一点、重要なことは 実際に振り込まれる金額です。

10,000円の請求をしたからといって、10,000円がマルマル振り込まれる訳ではないです。
請求合計額から 源泉所得税(源泉徴収) と 振込手数料 が差し引かれます。

教室 区切り線
現在の「報酬」にかかる源泉所得税率は


■100万円以下の金額には 10.21%分


■100万円超 は 100万円を超えた金額分に対しては ×20.42%分
   100万円までの税率分として 102,100円となります。
  → たとえば120万円を請求した場合は、100万円を超えた20万円には20.42%の税率で40,840円、100万円までの分は 10.21% の102,100円が源泉徴収金額となり、40,840 + 102,100 = 142,940円が源泉徴収されます。
教室 区切り線

今回の例では
請求金額は10,000円ですから、10,000×10.21% で、1,021円が源泉徴収されます。

この時点で 支払われる金額は 10,000 - 1,021 =  8,979円 となります。

更に、先方が貴方に振込む際に振込手数料 432円かかるとしたら、
8,989 432 = 8,547円 が振り込まれることになります。
(振込手数料の扱いは、会社によっても違いますが、ほとんどの場合は「あなたもち」になります。)

東京 池袋 サックス教室 アイコン フイテマス 請求合計金額 - 源泉徴収控除額 - 振込手数料 = 実際に振込まれる金額

10,000円請求して、8,547円しか振り込まれないのは、なんか、すごい目減りしている感あるとおもいますけど、源泉徴収された金額分は、支払った会社が税務署に納付してくれています。

年が明けて1月中旬に「支払調書」というのが、請求先の会社(例では 猫音楽出版)から送付されてきて、それには、あなたへの前年支払合計額と源泉徴収額が記入されていますので、それを使って確定申告(還付申告)します。
年商にもよりますが、源泉徴収された 1,021円 は、確定申告(還付申告)で戻ってくる可能性が大きいので、確定申告についても本などで勉強してみてくださいね。
教室 区切り線

サックス教室 フイテマス 藤本匡光