そ・・そこまで飾らなくても・・・。

滋賀県Kさんからの質問です。教室 区切り線
クラシック系サックス(ブラスバンド)からポピュラーに転向しようと練習しています
そこで しゃくり奏法を学びたいのですが、どう練習すればいいでしょうか?
教室 区切り線

face_icon 「しゃくり奏法」 正式にはベンド奏法のupの事ですね。
※ベンド奏法は細分化すると色々な種類がありますが、大きく分けるとベンドアップとベンドダウンがあります。
個人的には「しゃくり」というのは、悪い意味でとらえているので「しゃくり奏法」っていう呼び方はNGです 😆 
しかし、けっこう検索語句みると「しゃくり サックス 奏法」ってのが多いんですけど、きっちり正式名称を覚えてくださいね 😉 

結論からいいますと、残念ながらweb上、文章でベンド奏法をお伝えすることは不可能なんです・・。
というか、文章で伝えることはリスクが大きすぎて致せません。

例えば「下あごを少し緩めた状態から・・・うんぬんかんぬん・・・」と書いてみても、100%伝わりませんし
読み手が勝手に解釈した練習法での習得は絶対にありません。

もし文章で読み手なりに解釈して練習をつづけると、えらく残念なベンドアップが完成します、
言葉を選ばずに書くと「気持ち悪いベンドをするヤバイサックス吹き」です。

そうならないためにも、お金をだしてプロに習ってください、ここはケチったらいけません。
我流で後々残念なサックス奏者になってしまっては、取り返しがつきませんからね。

サックスの演奏において、ポピュラーサックスの装飾技法は必要ですが、度を越えて使うと「なんだかなぁ・・・」という演奏になりますよね。

教室 区切り線
以下、ちょっと毒舌 😆

「いかにもサックスでフイテマス的」な演奏は、聞いていてむずがゆくなります。
それはアマチュアの方なら、「まぁ・・仕方ないか・・そういう時期あるある」と微笑ましくも感じますが・・。

「え・・・そこまでベンド大盛りで吹く曲想ちがうよね・・・」 😯 
とか
「あ・・あなた・・・そこまで装飾モリモリで吹く部分ですか???」 😯 
とか
エトセトラ エトセトラ・・・

『サックスで演奏しているんだから、サックスの得意な表現を駆使しなければ損だ!!!
そんな奏法を操る俺すごい!!』

みたいな演奏を聴くと、聞いているほうが恥ずかしくなってきます。

・・・・毒舌に拍車がかかるので、これくらいにして 😆

なにが言いたいかというと、
演奏には、考え(曲想)があっての奏法であって、奏法ありきで曲を吹かない ってことです。
サックスの良い音色で、さらっとメロディを奏でるだけでも、人の心に届くものです。
曲の部分部分に、そこに必要なテクニックを、テクニックが鼻につかない程度織り交ぜるくらいでいいと思います。
最大の武器は「良い音色」ですから、それだけでも十分聞き手に伝わるはずです。

そういった意味で、素晴らしい例を挙げると、度々引き合いにだしますが、
フィルウッズ氏の「JUST THE WAY YOU ARE」のソロですね。
嫌味なく、心にすっと入ってくる至極のソロを、サックス奏者として完全コピーしようとすると、ものすごく繊細なテクニックが、嫌味なく隠されてる事に気づかされると思います。

お化粧と同じ
厚化粧すぎると・・・やな・・・・

教室 区切り線
で・・では、今日はここまで!!  😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

オルタネイト・フィンガリング

今日は、サックス特殊奏法の一つオルタネイト・フィンガリング】をやってみましょう。
ちなみにギターにも「オルタネイトピッキング」という奏法があります。

今回は、運指は割と簡単なのに、カッコよく聞こえる飛び道具的オルタネイト・フィンガリングフレーズを練習してみましょう 😛
border
まず、オルタネイト・フィンガリングっていうのは、文章で書くと難しく聞こえるかもですが・・・
border
同じ音が続くとき(または続ける時)に、本来の指とは別の変え指を交えて、音色及び少し音程の違う音を交互につかって得られる効果
border
ですかね。ほらぁ・・・文章に書くと難しい 😆

マイケルブレッカー・メイシオパーカーをコピーする場合には、必須テクニックですし。ジャズでもよく出てきます。
トランスクリプション(サックス奏者などのソロなどを採譜した譜本)では、音符の上とかに、このマーク オルタネイト記号 が付いてる音は、オルタネイト・フィンガリングを使います。
border
僕が高3の時に、初めてオルタネイト・フィンガリングに出くわしたのが、サックス奏者 伊藤たけし氏が、SQUAREで演奏していた「IT’S  MAGIC」のソロ中でした。
当時は、何がどうなって、あんな風に演奏されているのか、全く見当がつかず、タンギングでやろうとしてましたが、見事挫折しました 😆
本来はオルタネイト・フィンガリングを使うフレーズですからね、オルタネイト・フィンガリングを使えば、結構簡単に再現できますし、しかも、かっこいい!!!!!!

そのフレーズ皆さんも再現してみましょうー
border
それでは伊藤たけしさんフレーズ、まずこれを練習します
【譜面 1】
オルタネイト・フィンガリング1
譜面にすると、難しそうに見えますが
「 ラ ソ ソオルタネイト記号 」 を繰り返すだけです。タンギングは入れなくて、スラーでOKです・
border

オルタネイト・フィンガリング3

 

 

んで、オルタネイト記号のついている、「ソ」の所は、この指を使います。
普通の「ソ」 + 右手側の中指・薬指・小指のキーです。

 

 

これが出来たら、【譜面 2】フレーズです。

border

【譜面 2】
オルタネイト・フィンガリング2
border
百聞は一見に如かず 😎
【譜面 1】【譜面 2】練習の仕方を、簡単な動画にしてみましたので参考にどうぞ。

border
今回とりあげた「 ソ 」以外の音にも、もちろんそれぞれに、オルタネイト・フィンガリングがあります。
ポピュラーサックスの教則本などには紹介されているので、少しづつ覚えて演奏に取り入れていくといいですね 😉
border

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

「Badinerie 」J.S. Bach ソプラノサックス

バッハの「Badinerie 」をソプラノサックスで吹いてみました。

この曲は高校生の時に、サックス4重奏で、アンサンブルをやってから好きで、今でもよく吹いてます。
曲は80秒くらいしかないんですけど、タンギングと指のリンクやら、いろんな要素が入ってて
なんとなく調子の悪い時に、これを何回も吹いているうちに、復調できます。

自身の「ウォーミングアップ」的な曲ではあるのですが、結構集中して吹かないと
指がまわりません・・・ 😆

ソプラノサックスで吹いてますが、原曲より半音二つ下げた調にしてます。
ようするに、原曲のフルートの譜面(in C)を、そのままソプラノサックス(in Bb)で吹いてます。
tempoは125bpmで演奏しました。

顔は映ってませんが、必死の形相で吹いてたはずです  😆
右手の小指が立ってしまうのは、悪い癖なのでマネしないでくださいね 😯

みなさんもエチュードがわりに、ゆっくりから是非チャレンジしてみてください。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

サックスで1/4音階の練習 【中級~上級向け】

さて一つ練習方法の紹介です。

中級~上級者編になりますが。
1/4音階の練習です、半音階のさらに半分ということです。
1/4音は quarter tone といいます。

サックスは基本半音階(クロマティック)楽器ですからquarter toneの運指は
デフォルトの運指にはありません。指でつける装飾でquarter tone効果に近いのは
オルタネートフィンガリングですが、今回はフィンガリングではなく、口(顎の動き)
音程を自在に操る為の練習になります。

微妙なニュアンスを出すときや、ベンド奏法の基礎練習ともなります。
基本的にチューナーは役立たずになりますから、自分の耳でしっかりと
1/4音階の階段をつくってください!!

尚1/4音の記譜記号はあります(下の図のように、#にもう一本縦線をひいてみたり、♭を左右反転とか)
quarter_tone

下の音源を参考にどうすれば出来るかを「考えて」練習してください。
どうすれば良いか? を考えられない方は、現在はまだこれを
練習するところまで来ていないということなので、スルーしてくださいね  🙄

まず下降形のほうを練習してから 余裕が出来たら上昇をやってみてください。
上昇は最初頭こんがらがりますけどね 笑

border◆quarter tone 下降

border◆quarter tone 上昇

border

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックス演奏の装飾技法

サックス演奏の装飾技法についてです。

そもそも装飾技法とはなにか と簡単に説明すると「譜面にかかれてない音符を足したり、
表現手法としてのテクニックを演奏に追加する」とでもいいましょうか・・

ポピュラーのサックスを学ぶためには、サックス歴にもよりますが、重要な練習となります。

装飾技法には大きく分けて
border
■指でつけるもの
→アプローチノート(全打音・後打音)
→前コブシ・後ろコブシ(代用としてクラシックの”ターン”の記号が使われる)
→グリッサンド(up.down)
→トリル
→オルタネート
e.t.c
border
■舌でつけるもの
→ハーフタンギング
→スラップタンギング
→フラッター
border
■喉でつけるもの
→グロー
→ダブル・トリプルタンギング
border
■顎の動きでつけるもの
垂直方向  →ヴィブラート
→ショートダウン
水平方向(垂直方向・運指装飾も併用時有り)
→ベンドアップ
→ベンドダウン
→スローイング
→ポルタメント
e.t.c
border
※ある程度のサックス歴がないと、後半は意味不明な表現だと思いますが・・。
上記の指でつけるもの に関しては、僕は初心者のときから追々教えています、
最初は苦労しますが、半年もしないうちにある程度付けれるようになるので
それ程苦労はしないのかなぁ と思います。なぜなら「決まり事」で覚える
事ができるので、練習しやすいということだと思います。
さて実はココまでは前置きなんですが、メールでも質問をよくいただく事で
中級者以上の方からの質問なんですが、総じてまとめると「ベンドの奏法の練習方法」
ですね。ベンド奏法はポピュラーサックス奏法に欠かすことはできない奏法ですが
一歩間違って変な癖がつくと、リスナーサイドからは非常に不快なサックス奏者に
なってしまいます。「しゃくり癖」が代表的なベンド奏法失敗例ですね。

本人はしゃくってる意識ないまま、しゃくりまくり になってしまって、元に
戻すのには2年近くかかる人も居ます。
この音程を扱う装飾技法は、くれぐれも自己判断で練習しないようにしてください。
プロに指導を受けることをお勧めします。
ヘンテコな癖がついてから、矯正する意味で指導をうけても、最初から習うより数倍の時間が
必要になります。

音程を正確に操る為には、プロの指導のもと、顎の動きを細かく研究してください。
上で「水平方向」「垂直方向」とわざわざ分類したところがミソです。
ここでは詳しく書きませんが「研究心」「探究心」がとても必要なテクニックだと
思います。力ずくで練習しても、時間が無駄にかかるだけで、しかも
悪い癖がつく可能性が大きいので「考える」「録音して聞きかえす」作業をいれてください。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

タンギングについての考察

今日はタンギングについてです。
しかしながら タンギングのやり方 について書くわけではなく、
考え方 といったところです。
タンギング を 音を切る と一言で言ってしまうと、簡単ですが、
経験者の方はご存知の通り、非常に繊細さを要求されるテクニックです。
演奏が雑な人は殆どの人がタンギングが雑という原因が多いのも事実です。
が・・・タンギングに頼りすぎての演奏は上達を阻害することも事実です。
通常タンギングは楽器を始めてごくごく初期の頃に習いますよね、
実は僕にとっては 初期にタンギングを教える事 は良いのか悪いのか・・と
悩みどころでして。。。ここに指導する場合のジレンマがあります。
何故かといいますと、実際の演奏においてタンギングで「発音」する事は
おおまかに半分くらいなんです。この「発音」ということは念頭において読んでください。
「発音」はようするに音の出だしですが、メロディーの最初の音・フレーズの最初の音とか
といった感じです。ここで誤解しないようにしてほしいのですが、タンギングを使っても
勿論発音はできますが、タンギングを使わないでの演奏も出来る ということで選択する
ということです。
例えば簡単な例ですと p~f のクレシェンドの発音はタンギングはしないわけです。
要するに タンギング をつかっても 息 で発音しても、同じように吹けるようにする
というのがタンギング発音の練習の意味だとおもっています。
しかし重要なのは タンギングは息での発音に補助的に舌を使う という事です。
さてここで 息での発音 で絶対に間違ってほしくないのが 喉で息を切る事 です。
「クッ」って感じで喉で息を切るのは最悪の癖になります
から、
絶対にならないように注意が必要です。

息での発音はロウソクを消すときみたいに「ふーー」って出すことです

タンギングに頼る という状態は、例えばffを出そうとしたときに、息発音でも出るわけ
ですがやはり音の立ち上がりは鋭くなるまでには時間がかかります、ですから
息はffの分量でだし発音の瞬間に舌をつかう ということなのです、
舌で止めて息をとりあえず強くだしてるだけだと雑で汚い発音になります。

要するに 息の量 は出そうとする音量分だけで 舌は補助的に使う という事に
なります。

んで結果として、まず 息の分量調整だけで綺麗な発音 に集中したほうが
後々の上達は早いわけです。しかしながらここで前述のジレンマです・・。
これには時間がかかるんですよね・・・練習時間にも余裕があり、毎日吹けて・・
だといいのですが、なかなか社会人の方はそうは行きませんし、考え方を理解
するには経験が必要不可欠・・・・ということでして。。。
発音に係わるということは 出来るまで曲が吹けない というわけで、
モチベーションの低下を招く・・・ とりあえずタンギングを使えば発音もできるし
音も切れるようになる→曲が吹ける・・・
一年以上経験があり、タンギングが下手だな・・・って自分で思う場合は
意識をして練習してみてください。
マシンガンのように音を切るだけのタンギング練習では「発音」は全く上達しません
からね。。
■音を続けて切るタンギング
■スタッカートで止めるタンギング
■発音

全て違う訳です
ここに書いた事はあくまでも考察ですから、
自己流で練習はしないでくださいね、必ず指導者の下でやってください
pであろうがffであろうがアタックであろうが、
「発音」に関しては全て息だけで再現できる とだけ知っといてください、んで補助的に・・
あくまでも補助的にタンギングを使う ということです。
いや・・・文章だと難しいね。 笑

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

サックス特殊奏法

[2015 10 18 追記]

皆さんから頂く質問のなかに 特殊奏法 について
聞かれる事があるんですが、正直なかなかwebで説明するのは
僕の文章力から言っても無理がありまして・・・

なんとなくここではこういう感じーくらいで流してください 笑border
■ポルタメント■ Portamento

 ポルタメントは起点の音から終点の音まで ニュ~ル~っと繋げる
感じで演奏します。管楽器ですとトロンボーンは得意な奏法ですね。
グリッサンドとはちょっと違いますよ。
これをマスターするにはリップコントロールが上級になってから
初めてトライしてください。

サンプルでは ガーシュイン作曲 の ラプソディー イン ブルー の最初のソロ
本来はクラリネットがやってる所です。
最初のトリルの後にポルタメントがあります。

そのあとはなんとなく2音をポルタメントで繋げてみました。
サックスの演奏では3度~5度くらいのポルタメント奏法はよく
使いますね。

ポルタメント サンプル

border
サイレン■ Siren

またポルタメントの応用でフラジオ音域で使う場合もあります。
これはエリック・マリエンサルがアルトサックスよく使う技術ですね。

サイレン サンプル

border
■フラッター■ flutter

フラッターはフルートなどではよく出てきますね、舌を 巻き舌 の
要領で トゥルルルルルルル という感じで吹きます。
すると音も細かく切れて発音されます。

サンプルはちょっとウケ狙いです、といってもこれで
笑えた人は40代以上ですかね 笑
水戸黄門で 風車の矢七 が屋根裏などで悪代官の悪巧みを
探るシーンでフラッターが使われてます、元はフルートですけどね。
一発芸としても つかえるかもです 笑

フラッター サンプル

border
■ファズトーン■ Fazz-tone

ファズトーンはデビット・サンボーン氏が演奏の中でよく使う奏法(音色)です。
よく使うのは  high F    high F# の高音域です。というかこれはこの音域でしか
効果的に鳴りません。同じような音色に グロー奏法(唸り奏法)もありますが、ファズトーンと
グローは違ったものです。ファズトーンは重音奏法(2つの音を同時に鳴らす)といえます。

ファズトーン サンプル

border
■グロー(グロウル・グローイング)■ Growl

グローとは、その名の通り「唸り」奏法です。
犬が威嚇するときのような、低めの音を喉でグルグルグルと言わせながら吹きます。
テナーサックスのレコーディングでは要求されることが多く、またロック系のサックスでは必須テクニックです。

楽器を咥えずに喉を鳴らす練習をしても、あまり効果が期待できないので
楽器を吹きながら喉を鳴らしてみてください。
最初は、オクターブキーを押した、高いほうの ラ シ 辺りがいいと思います。
猛犬になったつもりで「ヴ゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛~っっっっ」て感じです。
チワワとかの小型犬ちゃいますよ、めっちゃデカイ猛犬をイメージしてね 😆 
吹きながら歌を歌うわけではないですよ 笑
唸りの音程で「音の割れ方」が変わるので、慣れて来たら色々とためしてください。

グロー サンプル

border
■クウォータートーン(1/4音階)■ Quarter-tone

サックス演奏においては、微妙な音程を操る必要がでてきますが、1/4音階(半音の半分)の練習は、顎などの使い方の訓練に効果的です。
下記項目にある「オルタネイトフィンガリング」は運指によって1/4音を表現する、ひとつの手法とも言えますが、こちらのサンプル音源では、ベンド奏法の練習として、顎の調節のみで表現する手法をとっています。
◆quarter tone 下降

◆quarter tone 上昇

こらちのページで解説しています
//sax-players.net/quarter-tone/
border
■オルタネイト・フィンガリング■ Alternate-Fingering

こちらのページにて解説してます。

//sax-players.net/blog-151018/

border
■ハーフタンギング■ Half-Tonguing

もはやポピュラーサックスでは特殊奏法とはいえませんね、普通にいっぱい出てきますから、表現上必須奏法ですね。
譜面では音符の頭のところが × になっていたり、(♪)で書かれていたりします。
ただ、ほとんどの場合は、ハーフタンギングは記譜されていないので、自分でよく聞いて再現する必要があります。

ハーフ という表現通り、半分タンギングです!! ← めっちゃ雑な説明やね 😆
レッスンで教えると、10分くらいでやり方は習得できるので、テクニックとしては、そんなに難しくはないです。
技術的な側面よりも、ハーフタンギングを入れる場所とか、ニュアンスを習得する表現的な側面に時間がかかります。

「Just the Way You Are」中間部のPhil Woods氏アルトサックスソロは、ハーフタンギング無しには
あのニュアンスはだせませんね。
Just the Way You Are」アルトサックス ソロ“ の記事を参考に、ハーフの場所を確認してみてください。
border
中間部のソロをコピーして吹いてみました。  alto  sax; MASA

border
■ダブルタンギング■ Double-Tonguing
■トリプルタンギング■ Triple-Tonguing

まず最初に言っておきますが、サックスにおいて、ダブルタンギングは、アマチュアの方は出来なくていいと思います 😯

通常のシングルタンギング シラブルが「Tu Tu Tu」にたいして、ダブルタンギングは「Tu Ku Tu Ku」となり
「Ku」は喉で空気の流れを止めて、音をきります。
でも、中級者までの方は、この「KU」の練習はしないほうがいいかも、弊害がでてきますから。
んで、もし練習したいようなら、必ず指導者の下で習得してください。

同じ系統でトリプルタンギングもあります、
シラブルは「Tu Ku Tu  Tu Ku Tu  Tu Ku Tu 」 or  「TuTu Ku  TuTu Ku TuTu Ku」となり
3連符系の時に使います。

サックス以外の管楽器、例えばフルートとかでは、特殊奏法ではなく必須奏法なんですけどね。

この曲の16分音符連続のタンギング指定の所とかは、これくらいのテンポくらいから、ダブルタンギングも使ってます。もちろん、シングルタンギングも併用してます。

こちらの譜面ほしい方は、下記記事よりダウンロードできるようにしてます。
Badinerie サックスの譜面作りました。

border

サックス教室 フイテマス 藤本匡光