サックス本体の材質

サックス本体の材質

ブルズアイ新製品 ”サムフック”

なにかとお世話になっているブルズアイから、新製品のサムフックが発売されました😀 →  小山さんが事務所にお越しいただいた際に、このサムフックをお持ちくださったので、早速セルマーのテナーに装着して
サックス本体の材質

ガンメタのアルトサックスネック

ちょっと凄い物を頂きました!! ガンメタのアルトサックスネックです!! 黒といえばブラックニッケル鍍金が主流ですけど、 たぶんこのガンメタ鍍金のサックスネックはまだ日本にこれだけかもしれません。
「ビンテージ」と呼ばれるサックス機種

ビンテージサックス

ビンテージサックスとはサックスの歴史において当時の優れた技術・職人技の楽器をさします。クラシック奏者はビンテージ楽器には興味の無い場合がほとんどですが、ジャズ奏者にとっては羨望の楽器ではないでしょうか
サックス本体の材質

サックス本体の材質の違い。

サックス本体には色々な色の違いがあります。大きく分けて材質によるものと塗装(ラッカー)によるものメッキによるものがあります。管体自体が銀色でも銀で管体事態を作ったもの、また地金に銀メッキを施したモデルがあります。
広告
トップへ戻る
テキストのコピーはできません悪しからず・・
タイトルとURLをコピーしました