“GO:MIXER” by Roland

これから演奏動画を投稿サイトにあげようか!!と考えてる人に最適な機材が発売されました
RolandGO:MIXER“の紹介です。

個人的にも発売前から気になっていた商品なのです。

何ができてどう便利か? といいますと、こやつはこの小さな筐体に、欲しかった機能が集約されていて、んでしかも簡単!!

演奏動画を作成する際に、ある程度以上の音質で動画を作成する際には、少なからず、機材と知識を必要とします。

“歌ってみた” や ”演奏してみた” という動画を作成して動画投稿サイトにあげる一般の方にとっては、敷居が高くなる一因ではあります。

教室 区切り線
たとえば、カラオケに合わせてサックスやAEROPHONEで演奏した動画をご自身で作成して
ネットに上げるとします、
多くのユーザーは最初、スマホのカメラで直撮りしてネットに上げる方法を選択しますが
ただその方法では、演奏動画であるにもかかわらず、音質は最悪です・・・で、すぐに良い音で
視聴皆に聞いてもらいたい!!と思うようになります。

その際に必要となる機材としては、マイク・カラオケを再生する機材(まあ、これに関しては
PCや携帯音楽プレーヤーで再生すればいいです)。んで、それらの音をミックスする
ミキサーが必要になり、更にミキサーからの出音を録音機材で録音となります。

しかしそこで終わりません・・・さらに大変なのがその後で、撮影時に動画撮影と同時に、
上記機材で録音を行います。

出来上がったカメラで撮った映像素材と、録音機材で録った録音素材を、両方パソコンに
取り込み動画編集ソフトで映像と音との同期をとり、レンダリング(書き出し)、出来た
ファイルを動画投稿サイトにアップロード・・・

慣れないうちはたった数分の動画でも一日で作業を終えるのは至難の業です。
教室 区切り線
そんな作業をめちゃくちゃ簡単に短時間でできちゃうのが、このGO:MIXER
しかも安い・・(実売1万円程度)。
この小さな筐体に、マイクを挿して、カラオケのトラックも挿して、音のバランスをとって、
出力をiphoneやスマホに直結して、スマホで動画を撮影すると、高音質の動画が完成!! 笑

  • 手のひらサイズのスマートフォン専用オーディオ・ミキサー。
  • デスクトップやモバイルの両方の使用に最適。
  • マイク、楽器、メディア・プレーヤーが接続可能なマルチ・インプット。
  • プラグ・アンド・プレイ-開封してすぐに使用可能。
  • iOS、Androidそれぞれの端末に対応した接続ケーブル付属。
  • 電池、ACアダプターを必要としないスマートフォンからのUSBバス・パワー駆動。
  • カラオケ感覚を楽しむことができるセンター・キャンセル機能

教室 区切り線
GO:MIXER に入力できるチャンネル数は小さいながら8ch入力なんですよね
LINE  1.2  共にステレオ入力可能 計4ch
mic 1ch
Guitar/bass 1ch
instrument LR 2ch (Lのみだとmonoで入力可能)

※画像は取説より引用 https://static.roland.com/assets/media/pdf/GOMIXER_jpn01_W.pdf

教室 区切り線
上のビデオの後半にもありますが、サックスの音にエフェクターを噛ましたい時には、
マイクをエフェクターに挿して、その出力をLINE  1or2若しくはinstrument L+Rに挿してあげれば、リバーブ等のエフェクトをかけた状態でサックスを録音できますね。

エアロフォンではエアロフォン本体にエフェクト機能がありますから、エアロフォンのヘッドフォン端子からの出力を、GO:MIXERのLINE IN の 1 or 2 に直接挿せばOKです。

GO:MIXERをiphoneやスマホに挿して動画撮影すると、音声トラックはGO:MIXERからの
高音質音声で録音されるんですよね。ですから、もうこれで高音質動画が完成します。
実時間で完了するところが、なんといっても魅力です。

最近のスマホはHD録画がデフォルトなので、音質さえどうにかなれば・・・という
悩みが一発解決ですね。
教室 区切り線
あと、オマケ機能というか、センターキャンセル機能が付いていますから、
実際の楽曲からカラオケに近い音源をスイッチ一つで再生できます。


※画像は取説より引用 https://static.roland.com/assets/media/pdf/GOMIXER_jpn01_W.pdf
教室 区切り線

これから演奏動画などを動画投稿サイトに高音質でアップしたい人やツイキャスユーザーには、実売1万円程度で最良の選択肢ではないかと思いますよ!!

ちなみにスマートフォン専用となっていますけど、電源をモバイルバッテリーなどからUSB給電してあげれば、モバイルミキサーとしても普通に使えるので、路上ライブや簡易環境でのライブなどで大きなミキサーを持ち歩かなくても、GO:MIXERもっていけばなんとかなっちゃいますね。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

お気軽にコメントをどうぞ!!