新製品が気になる今日この頃

ここ最近、オーディオインターフェースの新製品が続々と発表されてまして、気になる製品が多いわけです。

以前は音楽制作者は必然的に使っていたオーディオインターフェースですが、やはり限られた人達が使っているだけのニッチな市場だったわけです。しかし、昨今アマチュアの方がyoutube等で、どんどん演奏や歌をアップするようになって、更に良い音で発表したいというニーズが高まってきた事もあり、性能が優れて価格も抑えられた製品が出て来てますね。

私も愛用しているUniversal Audioから発売された新製品 ” Arrow“ これは、サックスの録音にも、もってこいな仕様です!!細かい説明はしませんが(^^; Unisonテクノロジーを使うことで、名機と呼ばれるマイクプリアンプ等を再現できるので、わざわざ他にマイクプリを買う必要がないので、トータルコストは断然安くなります。
Unisonテクノロジーについては、藤本健さんのDTMステーションをリンクしておきますね。

おっっっなんとタイムリーな、丁度DTMステーションでもArrowの記事がアップされたてました。←私の説明より全然わかりやすいです(^^; ほんと健さんはすごい。

わたしもメインはこのUnisonテクノロジーを使用したオーディオインターフェース appolo twinを使っています。

使いだしてからは手持ちの実機のマイクプリはあまり使わなくなりました(^^;

単体マイクプリ実機は、なんだかんだ良いのを買うと、最低でも7.8万円以上からの価格になるので、それを考えると、オーディオインターフェースに、名機シミュレートUnisonテクノロジーが組み使えるArrow はお得ではないでしょうか。

もう一つ紹介しようと思ってたら、こっちもDTMステーションさんが、いち早く記事にされてたので、リンク貼るだけにして手抜きさせてもらいます~ → DTMステーション Steinberg UR-RT2・UR-RT4
これも、機能に対して、とんでもない価格設定(お安い)で出してきますね。
先のUnisonテクノロジーは、実機(名機)の挙動を極力正確にシミュレートするテクノロジーで、特にアナログ時代の名機をデジタルで再現する事にたけていますが、このSteinberg UR-RT2・UR-RT4 には、実際にアナログトランスを搭載しているという、なんとも贅沢な製品です。まだ発売前なので、サックスを録音するとどうなのかは未知数ですけど、前評判は上々なので、是非サックスでも試してみたいですね。

私が初めてプロ向けのオーディオインターフェースを買った20年ほど前は、恐ろしく高価でした。今や2万円前後のオーディオインターフェースも、マイクプリ部・再生部は高音質になって素晴らしいのですが、ざっくり言うと5.6万円以上くらいから、さらに音質が一皮むけます 😛

昨今はソフトウェアシンセなど、PC内部でほとんどの事がデジタルで完結できる時代ではありますが、うちらみたいな生楽器・歌を録音する場合には、アナログ音をマイクでひらって、デジタルに変換してPCへと送ってあげないといけない訳で、その変換を担うオーディオインターフェースのマイクプリ部の性能は、出来ればその価格帯くらいからのオーディオインターフェースを選択する方が、後々の買い替える必要が無いので、結果的に安上がりになるんではないでしょうか。
今回紹介した二機種なら、宅録環境において後々、ランクアップ買い替えしなくても、十分に使い倒すことが出来ると思います。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

音楽の基礎を楽しみながら

私もEDM系の曲を作ったり、即興演奏をする際に使っているAbleton Live の発売元さんが、音楽の基礎を実際に音を出しながら学べる日本語版ページを公開されました。
簡単に音楽を制作するループ手法・レイヤーでの制作をインタラクティブに触りながら体感できる楽しいページなので、紹介しておきます!!上級編も遊びながら、とてもためになりますよ。

 

ableton news letter より引用

先日、発表した無料インタラクティブ音楽学習サイト Learning Music が、日本語に対応しました!

音楽について無料で学ぶ ›

今お使いのブラウザから Learning Music へアクセスするだけ! ビート、メロディ、ベースライン、コード、曲構造など、音楽制作の基礎を無料で学べるだけでなく、 Learning Music で制作したものをAbletonのLive Setとして書き出すことも可能です。

インストールの必要は一切なし! インターネットに接続されていれば、どんなブラウザからでも Learning Music にアクセス可能。思い浮かんだアイデアをすぐに形にしていくことができます。

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

サックス録音で揃える必要のある機材

茨城県のkさんから“サックス録音で揃える必要のある機材”について質問いただきました。
私も含めてサックスの録音は難しいと感じておられる方が多いようですね。実際のところサックスの音質感まで考えると難儀ですよね・・。私も未だに試行錯誤の連続でして「こうすれば大丈夫」ということを自信をもってお伝えできません・・・😅
録音技術には、その道のプロ”レコーディングエンジニア”という職業があるわけですから、そう簡単にノウハウを得ることは出来ないんだと自覚しています。しかしながら昨今は、いわゆる宅録される方も多いですし、またどんどん自身で録音することで、演奏を客観的に聞く事も出来ますから、演奏の質の向上にとって、録音は良い事だと思います。

教室 区切り線

質問に戻りますが、pc環境での宅録の場合、始めるにあたっての必要機材はこんな感じです。

■パソコン  winなら8万前後~

最近のモデルならノートでもデスクトップでも大丈夫ですね
録音するときはスタジオ借りたりという人は、機動性を重視してノート環境もいいですね。
スペック的には、2世代前からのcore i5  か i7のCPU・メモリは出来たら8G以上 ※OSは必ず64bitバージョンで

■USBオーディオインターフェース 1.2万円位~

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22mkII とか手軽で良いですね。これから機材をそろえる場合は、オーディオインターフェースには”音楽レコーディング用のバンドルソフト”が付属している場合が多く、スタインバーグのインターフェースには、DAWソフト(後述) Cubase AI  がバンドルされているので、それをPCにインストールすれば録音環境が出来上がります。

■DAW (Digital Audio Workstationの頭文字とった略称) 0円~

まあ、簡単に言うとpcで音楽制作を行うためのソフトウェアの事です。
先ほどのインターフェースのところで述べた、バンドルソフトもそれにあたります。バンドル版はフル機能版の機能制限版となり、ソフトによって様々なグレードが販売されています。最初はバンドル版(機能制限版)で無料から始めても問題ないですよ。

有名どころでは Cubase  とか protools とか studio one とか Ableton Live とか・・・多種多様なソフトがあり、楽曲制作手順や、作成する音楽のジャンル、使い方によって、得意不得意がそれぞれあります。
殆どのソフトはフルスペックバージョンとは別に、数段階の廉価バージョンがあり、機能制限や、ソフトに含まれるプラグイン・ソフトウェア音源数などに差異があります。

■マイク 2万円前後~

簡単にサックスらしい音色で録音するには、AKG・シュア・オーディオテクニカ・・・etc から発売されている、管楽器用のピンマイク(コンデンサーマイク)で録音するといいですよ。
それらは、管楽器の美味しい部分の周波数特性を活かせるようにマイクチューニングされていますので、録って出し でも結構サックスらしい音色で録音できますから、それだけでもやっていけます。

※マイクにはダイナミックマイク・コンデンサーマイク・リボンマイク・・・などがあります、そのあたりはネットで調べてみてください😅

少し欲が出てくると、ちょっと高めのコンデンサーマイクやらリボンマイクやら・・と欲しくなってきますが、ほんとマイクって良いものは高いので、ポンポン買える人は少ないですよね・・。欲がでる原因としては、やはり録音の質感やら空気感といいますか、さらに音質向上させたくなってきます(^-^;

比較的手が出しやすい2万円~3万円前半のコンデンサーマイクとしては、オーディオテクニカのAT2050やAT4040 ,AKG C214あたりではないでしょうか。好みは分かれますが、C214がキラットした音色で録れるのでアルト・テナーでも使えますし、特にソプラノと相性がいいですね、AT2050・AT4040は飾らない素直な音色で録音できるので、ある意味万能選手ですかね。万能選手はメリットでもありデメリットな時もありますけどね・・。

サックス宅録だとこのあたりのマイクで必要十分だと思います、なぜならそれ以上の価格帯のマイクを買っても、今度は録音環境の影響(部屋の防音とか音場の影響)も大きなると思いますね。

そのあたりのマイクを使って、すこし離れたところから左手の中指辺りを狙ってセッティングしたり、色々と方法があります。
好みにもよりますが、ベルに直接向けるのはあまり個人的にはお勧めしません。

海外のユーチューブでは、レコーディングエンジニアの方がサックスの録音について、色々なマイクセッティングノウハウを伝授してくれてる動画があるので、探してみると良いと思います!!

こういう比べる動画も面白いですよね

■マイクスタンド 2,000円~

サックスだけを録音するなら、ショートブーム式のマイクスタンド が便利ですね。

安いやつだとこういうのとか
http://www.chuya-online.com/products/96634/index.html

■マイクケーブル 1,000円位~

コンデンサーマイクなどを使う場合は、マイクからオーディオインターフェースに繋げるために、マイクケーブルが必要になります。3メートルあれば十分だと思います。

こういうやつ
http://www.soundhouse.co.jp/search/index?i_type=c&s_category_cd=680

■ヘッドフォン 15,000円~

まあ、ヘッドフォンはゆくゆくは悩みの種になること間違え無し😆
とりあえず買うなら、録音時の聞きやすさも兼ね備えている定番ヘッドフォン、sony  900stですかね。

教室 区切り線
また、最低限の必要機材をパック販売しているものもあります。

例えば、これ↓
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22mkII Recording Pack

これだと、オーディオインターフェース・バンドルDAW・コンデンサーマイク・マイクケーブル・ヘッドフォンがセットで3万円位です。ここから、レベルアップに合わせて、それぞれの機材を更新していくのもいいかもしれませんね。
教室 区切り線

上記以外にも、揃えると便利な機材も沢山ありますが、まずは上記を揃えたら、サックス宅録環境はひとまず完成です!!

まあ、以前にも書きましたが、マイクをはじめ、それぞれの機材には”底なし沼”が存在いたしまして、もっと上え もっと上え となってくると ”泥沼” にどっぷりハマります・・😅

録音環境がそろったら、後々”ミックスダウン”についての悩みが押し寄せてきますので、ですからある意味、これからの長い期間の趣味として、やることに事欠かないと思います😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

windows10

私のDAW環境はMACからスタートしたんですが、今は全てwindowsになっている。ちなみに最初に買ったマックは事務所にまだ飾っていますけど、電源入れると画面にはヘンテコな模様がでるだけで、ご臨終されてます😅

皆様のお仕事でもそうだと思いますが、特定のソフトは以前のOSでしか動かないとか、最新のものでも動くけど不安定とか・・・OSのアップデートには気を使うと思います。
私も、一番古いOSで今でも現役なのが、ネットから遮断されたXPなんですけどね(^^; まあ、こやつは今更ながらSSD化してるので、ストレスもなく動いてくれますが、いかんせん32bitのOSなので、メモリの4Gバイト制限もあり、昨今の重たい作業では心許ないですけどね。サウンドカードも今や懐かしいPCIボード接続ですし。とはいえ、どうしても当時から使っていたとあるソフトが使いたいので、未だにたまに起動して作業しています。

いまDAW用メインマシンはwin10の64bitですが、win10使っている方ならご存知の事でしょうが、頻繁に勝手にアップデートしよります・・これが結構ドキドキなんですよね・・アップデート止める方法はあることは有るのですが、止めているアップデートが溜まってしまうと、つぎアップデートした時に環境が激変して、不具合も起こりやすいらしいので、仕方なく月1くらいは上げてます。

先日アップデートした後、まあアップデートだけが原因でもないのですが、起動できなくなってしまいました😫
これまでの経験で、大体の事は解決できちゃうんですけど😎今回はちょっとマザーボードの仕様とかもあり、BIOSではなくて、新しい仕様のUEFIとかいうので起動しているらしく、私のPCでは、それ自体が起動不可の状態からだと呼び出せない仕様みたいで、起動ディスクの変更がでず、DVDドライブに入れたOSディスクからの起動もできない・・・ちょっとお手上げ状態に・・・🤔

しばし悩んで・・・家のwin10で起動に何回も失敗したときに、win10のお助け機能が働いて、修復できるのを思い出し、起動後すぐに電源ボタンを押して強制終了を繰り返してみたが、これもなぜか上手くいかない。
どうやらSSDだから、思っているよりもスグに電源投入後OSを読み込みにいってしまってるようで、WIN10のあのクルクルマークがまわりっぱなしになる。これではお助け機能画面も出てこない・・・。

せめて、ssdのデータだけはサルベージしようと、以前作ったUSBブートできるLINAXを挿してみるも、こちらもブートディスクとして読みに行ってくれず認識しない・・・・。

 

困り果てて、もう最終手段をとることに😤
起動してすぐクルクルマークがでる直前に、電源ケーブルを引き抜くという、一歩間違えば故障する自虐な作戦をとることにした。※自己責任

電源投入後すぐにブチッッッと電源ケーブル引き抜くこと3回・・・4回目はブチッッッせずに様子を見る・・・

おーーーーー会いたかった!!!!!😍

ようやく、出て来てくれました😆

ここから、直近の復元用データに復元したら、無事通常起動して元通りになりました・・めっっちゃ疲れた😅

今回UEFIとかいう仕様を初めて知ったわけで、私のPCデフォルトUEFI設定では、電源投入時にF2やらF8押しても設定画面も出ず、bootメニューにはSSDからのみとなってて、win10システムで作成した、DVD回復ディスクやUSB bootも出来ない・・。
復元後ネットでUEFIを調べて、bootメニューを変更しておきました。。すこし時代に取り残されつつある感・・新しい事も学ばないとあきませんね。。

今回はちょと強引でしたが、win10のお助け機能に助けられました😬

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

PreSonus  Faderportをcubase pro9.0xで使う

PreSonus  Faderportをcubase pro9.0xで使うという、極々一部の方向けの記事ですが、ネット上に殆ど情報がないので書いておきます(^^;

追記
17/11/25  Cubase 9.5 でも動作確認いたしました。

教室 区切り線
cubaseが最新版から64bitオンリーとなりましたが、以前の32bitバージョンの時にPreSonus  Faderport(シングルフェーダー)を使っていた方で、64bitにしてから動かない・・・という話をチラホラ・・。

以下、windows10 64bit cubase pro9.xでのお話です。

結論から言うと、以前同様、全ボタン・ムービングフェーダー 問題なく使えます。
64bit版の .dllをダウンロードして、所定の場所に格納し、cubaseのデバイス設定からリモートデバイス(faderport)を新たに指定・・・すればいいのですが、このドライバのアップされている場所が、いかんせんPreSonusさんのサポートページでは見つけにくいのですよ・・・というか、正攻法で探しても見つからないんですよね・・・日本側のページにはありませんし・・。

ここにあります→ http://support.presonus.com/hc/en-us/articles/210042543-FaderPort-Cubase-Nuendo-Native-Mode-setup-for-Windows
より、Cubase/Nuendo 64 bit をダウンロードして解凍するとdll入ってます。

このdll、以前32bit時代はx86フォルダ内でしたが、64bitのフォルダにdllを移動して放り込みます。
(例 C:\Program Files\Common Files\Steinberg\Shared Components) ※cubaseをインストールした際の”ドライブ”階層下にあります、自身の環境で探してください。

すると、cubaseからデバイス追加、リモートデバイス追加で表示される機材リストに”faderport”が表示されるようになります。

教室 区切り線
ちなみに、Ableton live9 suite 64bit版でも、動きます。
http://support.presonus.com/hc/en-us/articles/210040033-FaderPort-How-do-I-set-up-my-FaderPort-in-Ableton-LIVE-
上記ページの通りやっても最初は無反応で・・・・どうやったか失念しましたが・・・今はトランスポート・ムービングフェーダーとも動いてます。

教室 区切り線

まあ、こうやって海外製品のサポートの判りにくさを体感すると、日本製品のサポートページは親切だなぁ と、改めて実感しますよね 😅

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

サウンドハウス

とあるお仕事で、サウンドハウスさんを訪れました。
楽器やっている人ならお世話になった事あると思いますが、機材関係を中心に通販専門で大手となった会社です。

私もこのブログで機材を紹介した際には、よくリンクを貼っていますが、だいたいその機材の最安値がサウンドハウスさんだったりします。〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
あと、商品レビューが音楽関係のプロのレビューが多いのか、肯定的なもの・否定的なものを含めて、とても参考になる事が多いですね。

本社は都内からはちょっと遠いんですけどね・・・
そこにはショールームも併設されていて、通販で販売されている実機が陳列されています。

で、ここの機材全て自由に使って試すことができるそうで、例えばマイクを選びたい時は、陳列してあるすごい数のマイクを使ってレコーディングしつつ試すことも出来るそうです。
モニタースピーカーもずらっと並んでいて、持っていった音源を実際に鳴らしながら選ぶこともできます。

予約は特にいらないそうですので、興味ある方は問い合わせしてみてください 😛

サックス教室 フイテマス 藤本匡光