サックスピンマイク audio-technica ATM35

最近主に使っているサックス用のコンデンサー型ビンマイク

audio-technica ATM35 (実売3.8万円前後)

音質はサックスや管楽器に美味しい帯域を際立たせるチューニングが施されている感じで、クリップポン付けで使いやすいですね。

価格帯の競合としては、AKGのC519M+B29L(パワーモジュール)となりますが、多少AKGの方が音質はキラキラした印象です(個人的感想)
AKGのC519Mはマイク2本同時挿しが出来て、さらにマイクそれぞれのバランスをパワーモジュールで変更できるので、ソプラノサックスとか長物をマイク二本運用なら優位性がありますね。

ATM35はバッテリーモジュール(電池駆動&ファントム電源対応)が付属していて、Low-cutスイッチも付いていて、マイクの最大入力値は143dB(電池時)、150dB(ファントム48V時)と、サックスの大音量てせも十分余裕があります。
AKG C519M のキラキラ感は、ソプラノとかソプラニーノに使いやすい印象で、ATM35はテナー・アルトなどの中音域あたりもしっかり出てくれる感じです。

まぁ、どちらも優秀なマイクなので ” 比べたら “という程度ですけどね。

ただし・・・ATM35には不満点も・・・。

バッテリーモジュールを腰に装着した場合、マイクからのシールドが7.6mもあるので、束ねても写真の通り嵩張る 😯
それでも腰につけて運用するのもありだけど、結局腰につけずに足元にパワーモジュール置いて運用しております・・・。
それでもシールドは3mもあれば十分なんですけど(^^;
サックス奏者限定の意見かもですが、ほんとシールド無駄に長い・・・長すぎる・・・。
このマイクの下位グレード PRO35はシールド1.8mと短いんだけど・・ATM35(マイクは専用設計みたい)はこの長さだけなんですよね(^^;

まあ、嘆いても仕方ないので、電気系強い知り合いに線を短くしてもらうか検討中です。

まぁ、そんな不満点もありますけど、手軽にサックスを宅録したりする場合でも、サックスらしい音色で高音質に録音できるので、ステージ使用と宅録使用両方を賄えるマイクだと思います。

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

ジングル的な17曲

とある案件でジングル的な曲(短めの曲)を17曲分の制作・・
しかしまぁ・・なかなか捗りません(^^;

頭のイメージは先行しているんだけど、音に落とし込むとなるとねぇ・・・まあ、毎度毎度の事なんですけどね(^^;

でも今回は締め切りまで、まだ少しだけ余裕があるので今日は帰宅してやるのです🤣

「テンパった今日の制作仕事は、猶予があるなら明日に延ばしてしまえ!!」😅

はい・・この調子で日々延ばし続けると、締め切り前にテンパるのは知ってます😥

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

AIの音楽分野への進出

AI 人工知能が今後どんどん進化してくると、この職業は無くなる とか雑誌で特集されたりしていますが、実際現時点でもAIにとって代わってきている職種や分野は多くなってきていますよね、IBMが提供している人工知能Watsonは知らず知らずのうちに利用しているかもしれません。
それ以外にも身近なところでは、スマホなどの音声アシスタントなども人工知能ですし。

まあ、すぐうちらの年代は、映画ターミネーターを思い出して、AI進化で破滅に向かう人類を想像してしまいますが 😆

音楽の世界も例外ではなくて、AIが作曲するソフトも開発されていますし、実用域に達してきています。
楽器の演奏に関しては、ロボットがとって代われないかと思いきや、既に10年くらいまえにはTOYOTAさんが作った人型ロボットはトランペットを華麗に演奏していましたし、現在のロボットはバイオリンを演奏できるレベルに達していますから、AIと連携すれば即興演奏も出来るでしょうし、もう既に出来るのかもしれませんね。

動画ではサックス奏者ロボットが居なくて、ちょっと安心しましたが(^^;

うちの音楽制作用PCにも、まだちゃんと使っていませんけど、人工知能を利用するソフトを導入してみました。

先日の記事でも書きましたけど、私もそこそこ音楽業界が長いとはいえ、音のミックス作業はサウンドエンジニアという専門の職種があるわけでして、私みたいなにわかエンジニアでは一筋縄にはいかない事ばかりでして(^^; その部分をAIが補ってくれるソフトウェアです。楽曲1曲辺り少なくても40トラックは最低でも使いますので、そのそれぞれのトラックの整音作業を私レベルでやると、ほんとめちゃくちゃ時間がかかり、さらに各トラックを良くしても、他のトラックと一緒に鳴らすと全然良く無かったり、トラック同士で周波数干渉してモコモコしたり・・の繰り返しです(^^;
試しにそのソフトを今までの制作楽曲でトラックに挿して、ある程度どんな感じにしたいかを指示して試してみると、結構使えるやん!!という印象を受けました。ていうか、1トラックに私レベルで1時間かけて、なんとかカタチにもっていったものが、AIが解析含めて10秒くらいで最適化されて提案された結果を聞くと、殆ど私の1時間作業と同じか、それに近い提案を出して来よりました😱 ほんと、ちょっとした衝撃ですww

負け惜しみではないですけど、サックスのトラックに関しては、自分の方が自分の楽器の周波数特性を把握しているので、自分で作業したものの方が良い感じ!!だと思いましたけど😠
でもね、よくよく考えたら、サックス録音時の不要な60hz以下のLOWを削る為にLOW CUTかましたり、200hz~400hzあたり周波数帯から不快な周波数成分をちまちま探して削ったり、逆に足りない周波数足したりという作業は、AIはサックスのトラックであっても、ある程度判断して、たたき台までは瞬時に処理してくれるようです。
だからまずAIに周波数解析させて最適化させてから、そこから自分で作業した方が効率あがる気がします(^^; なんせ私が1時間かかることを10秒かからずにやりよりますからね・・。

それに、なによりサックス以外のトラック、ギターやらドラムやらベースやらe.t.cのトラックに関しては、私よりもAIのほうが細かい周波数特性のデータをもっているでしょうし(^^;
さらに、各トラックだけでなくて、それぞれのトラックが混じった時に出てくる周波数干渉まで、ある程度の精度で解析・対策できるらしい・・
プロのエンジニアさんは、そこを聞きわけてEQ対策をしてくれるのですが、まさに職人技でもあるそこらあたりの技術も、多少なりともAIが踏み込んでくれるようです・・すごい時代です。

とはいえ、現状、最終的な各トラックのバランスまではAIが判断してくれませんので、自分で聞いてミックスする必要はあるのですけど、近い将来そこら辺まで全部やってくれて、いくつものパターンを聞かせて「人間さん、あなたはどれが好きですか?」となりそうですね。
【まあ既にAIではないですが「こんな曲の雰囲気にしたい」と、目的の曲をまず読み込ませて、雰囲気を似せるイコライジングを提案してくれる機能は数年前からありますけど、現状でもそのへんの出来は”当たるも八卦当たらぬも八卦”ですけどねw】

あ、でも・・・いくら時代は進化しても、そもそも録音した自分のサックスの出音が良くないトラック素材をAIが良くしてくれることは不可能ですから、私を含めて皆さんも日々の鍛錬はしましょうね😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

ミックス修行

【無駄に長文です(^^;】

ミックス とは、ざっくり言うと音源制作にあたって、例えばサックスやらベースやらギターやらのトラックが並んでいて、それぞれの音量やら音質やら残響感を調整して、最終的にステレオ(2ミックス)に落とし込む作業のことなんですが、10年くらい前までは、この作業をサックス奏者がやらなきゃいけない状況はあまりありませんでした。

何故なら、それ専門の技術職であるサウンドエンジニアさんが居られて、スタジオでサックスを録音していただいたら、あとはエンジニアさんの作業でしたので。
エンジニアさんはマイク選択、立て方ひとつとっても、人によって違っていて、サックス奏者としては演奏するまでの御膳立ては既にスタジオに入る前には完了してて、言い方悪いかもですが、スタジオ行ったらサックス”音”の演奏素材を提供すれば仕事は終わっていたんです。

しかしながら、昨今のDAWの進化で所謂”宅録”が手軽になって、エンジニアさんが担っていた作業をある程度自分の環境でも出来るようになりましたが、結局のところ”エンジニアさんの職人技術”はDAWが進化してもそうそう盗めませんから、私みたいなのが真似事でミックスをし始めるにあたっては、そっち系の専門書読んだり、知り合いのエンジニアさんやアレンジャーさんに知恵をお借りしたりと、トライ&エラーを繰り返しています(^^; しかしまぁ・・・なかなか思った通りに行かないんですよね、でもその作業してるときって、ほんと時間忘れるくらい没頭できるんですけどね:lol:

10年くらい前まで”宅録納品”の場合は、サックスをうちのスタジオで録音して、その録音した素材をメールなりで送って、あとは先方が作品として完成するまでのミックスやらなんやらの作業をして世に送り出されていたんですけど、時代が流れるにつれて、オケ作ってサックス録音したうえで、私の方でほぼ完成までして納品しなければならない仕事が出て来だして、そらまぁ・・その辺素人な私がミックスすると、予想通りゴチャゴチャな音になってしまって、締め切り直前は顔面蒼白・・というのが続きました(^^;

なんせ、サックスにリバーブひとつかけるだけでも、しっかり手順踏まないと、モワンモワンとお風呂場サックス状態になりますから、どうやれば芯を残したまま深めのリバーブかけられるのか、知り合いのエンジニアさんに教示頂いて、それから何度もトライ&エラーです。

そんな状況で始めたのが、サックスで名曲シリーズだったんです、このシリーズを作り始めたのは、録音やらミックスの経験値を上げたかった というのが自己満足的な取り組みでした。
ですから、サックスで名曲シリーズは曲によってはひどい状況のものもありますし、全然音質やらバランスが一定してなくて、チグハグ感半端ないです(^^;

オケも全部自作しているのは、結局ミックスの作業までを一貫して自分でする勉強の為なので、トラック毎に作る手順を学びたかったからなんです。それが裏目に出て、仕事の合間に作業をして、ようやくサックスを録る段までくるのに一か月以上かかることも珍しくありません・・。

最近アップした「糸」でいうと、トラック数は46トラックでしたが、ミックスは3回やりなおしました(^^;
実は2年前にオケはある程度作っていたんですけどね。

以前は、ミックスを進めるにつれ、なんかごちゃごちゃになってきても、それでもそのまま悪あがきして調整を続けてモガいて、結局何~とも改善せず、ごっちゃごっちゃのままで、最後は力尽きて「まぁ、ええか・・」となった事もおおくて、アップロードして、あとあと「もっとちゃんとしとけばよかった・・」と、後悔するわけです(^^;

知り合いに「ごちゃごちゃしてどうしようも無い時は、思い切って一回リセットして、ミックスを0からやった方がいいよ」と助言いただきまして、最近は一日かかった作業であろうが、もうどうしようもなくなったらリセットすることにしました。

わたしの使っているCUBASE ですと、ミックスコンソールの左上の▼押すと”Mixconsoleチャンネルをリセット”という項目があって、それを選択すると一日・二日かかって作業していたことが、一瞬でゼロに戻りますw 押す瞬間はなんともいえん緊張感です 😆  もちろんバックアップを取った上ですけど、結局バックアップしたゴチャゴチャなファイルに戻って来ることはないんですけどね 😆

そんなこんなで、一応の完成となってからも、「あぁ・・・このトラックもうちょっとなんとかしておけばよかった・・」と反省は山ほどありまして、特にドラム関係はいつも頭が痛いのです・・。

ソフトウェア音源やらプラグインは、各社、一年に何回かやたら安く販売されるタイミングがあるので、そのタイミングでギター・ドラム・ベース音源やらマルチ音源やらVSTプラグインやらを買い足してきました。
ドラム音源は基本的に簡単に使えるセットものを中心に、サンプリング素材やら、持っているマルチ音源に含まれるドラムキット使ったりしてますが、使い方が下手なのもありますけど、いまいちコレってのがなくて・・毎回難儀します。
難儀するミックス作業の最大の難所もドラムトラックでして、ドラムのパーツそれぞれの音素材自体がそもそも良くないと、結局全体でミックスすると、なんか埋もれてしまったりしちゃいますし、無駄に音圧だけを消費してしまって、モコモコしたりと・・。バスドラ一つ調整するにも、ほんと色々と手順・ノウハウがあるようで、それを書籍とかで見よう見まねでやっていくと、あっという間に1時間とか過ぎてます・・、それでもいざセットで鳴らすと・・・とかアルアル地獄です 😯  エンジニアさんの職人領域ですから、そう簡単に出来ないことも分かってますけどね 🙁
そうこうして気が付くと、ドラムトラックにえらい時間かかりすぎるうえに、完成度はさほど上がらないわけで、今使っているドラム音源ではなくて、投資で多少でも楽になるなら・・と、丁度半額セールしているドラム専用音源(BFD3)を買い足しました。
今回の”糸”では間に合わなかったので、次からは使ってみたいと思いますが、買い替えたからと言っていきなりクオリティを上げられるほど甘くはないでしょうし、そんな腕ももっていませんけど、なにかしら作業が少しでも楽になったら儲けものです、溺れる者は藁をも掴むですかね 😂

そんな自己満勉強がてら上げてたYoutubeも2000人以上登録頂けて、ほんと有り難いです🙇 これからも各トラックつくりからミックスまで”修行”のため、ペースはとてもとても遅いと思いますけど、よろしくお願いいたします🙇

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

win10 updateで大惨事

いつも勝手にアップデートされるwindows10・・・事務専用のパソコンではそれほど危惧していないんだけど、音楽制作用のPCでは、自動アップデートは怖いわけですよ・・。

基本的に自動アップデートをしないように設定していたつもりだったが、なんか今回は電源入れたら「更新中・・電源を落とすな」の表示が出て、勝手にアップデートされた 😯

まあ、定期的に纏めてアップデートはしているんだけど、基本的にはすぐ飛びつかず、ネットとかで不具合ないか確認してから、時間の余裕のある時にアプデしているわけですが、今回は不意を突かれた形である。なんで勝手に・・なんか設定弄ってしまったかな・・ちょっとわからないけど、これまでは個人的にはアップデートで不具合を起こしたことは無かったのだけど、結構な割合で、ソフトに不具合が・・という話も聞くわけです。

で、今回、私もついに洗礼を受けました🤨

メインで使っているCUBASE PRO9.5の挙動がおかしくなって、とりあえず初期設定ファイルを再構築するも、Faderportが動かず・・再度.dllを入れ直して、認識させたら、Faderportは動くようになったものの、今度はCUBASEにも読み込まれるAbsolute 3の挙動がおかしくて、見つからないファイルだらけ・・・なんやねん・・・アップデートでなんか階層が変更されたのか??

もう、仕方ないので、これを機に、PC内でファイルが散らばってたのを、整理する意味でも一旦全てアンインストール後に再インストールする事にしたが、Absoluteだけで90 GB以上あるわけで、半日潰れてしまった😫

その他、DAWとREASON10はとりあえず放置・・多分動くだろうけど、今日は起動して見ないことにする🤐

今思えば、winアップデートをロールバックして、正常に動いてたバージョンに戻しても良かったのですが、今後改善されるとも限らないので、アップデート後の環境で動くようにしてやる・・と考えたのが、間違いだったのかもですな(^^;

さらに強力にwin10自動アップデートを強制停止するソフト見つけたので、入れておきます😑

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

新製品が気になる今日この頃

ここ最近、オーディオインターフェースの新製品が続々と発表されてまして、気になる製品が多いわけです。

以前は音楽制作者は必然的に使っていたオーディオインターフェースですが、やはり限られた人達が使っているだけのニッチな市場だったわけです。しかし、昨今アマチュアの方がyoutube等で、どんどん演奏や歌をアップするようになって、更に良い音で発表したいというニーズが高まってきた事もあり、性能が優れて価格も抑えられた製品が出て来てますね。

私も愛用しているUniversal Audioから発売された新製品 ” Arrow“ これは、サックスの録音にも、もってこいな仕様です!!細かい説明はしませんが(^^; Unisonテクノロジーを使うことで、名機と呼ばれるマイクプリアンプ等を再現できるので、わざわざ他にマイクプリを買う必要がないので、トータルコストは断然安くなります。
Unisonテクノロジーについては、藤本健さんのDTMステーションをリンクしておきますね。

おっっっなんとタイムリーな、丁度DTMステーションでもArrowの記事がアップされたてました。←私の説明より全然わかりやすいです(^^; ほんと健さんはすごい。

わたしもメインはこのUnisonテクノロジーを使用したオーディオインターフェース appolo twinを使っています。

使いだしてからは手持ちの実機のマイクプリはあまり使わなくなりました(^^;

単体マイクプリ実機は、なんだかんだ良いのを買うと、最低でも7.8万円以上からの価格になるので、それを考えると、オーディオインターフェースに、名機シミュレートUnisonテクノロジーが組み使えるArrow はお得ではないでしょうか。

もう一つ紹介しようと思ってたら、こっちもDTMステーションさんが、いち早く記事にされてたので、リンク貼るだけにして手抜きさせてもらいます~ → DTMステーション Steinberg UR-RT2・UR-RT4
これも、機能に対して、とんでもない価格設定(お安い)で出してきますね。
先のUnisonテクノロジーは、実機(名機)の挙動を極力正確にシミュレートするテクノロジーで、特にアナログ時代の名機をデジタルで再現する事にたけていますが、このSteinberg UR-RT2・UR-RT4 には、実際にアナログトランスを搭載しているという、なんとも贅沢な製品です。まだ発売前なので、サックスを録音するとどうなのかは未知数ですけど、前評判は上々なので、是非サックスでも試してみたいですね。

私が初めてプロ向けのオーディオインターフェースを買った20年ほど前は、恐ろしく高価でした。今や2万円前後のオーディオインターフェースも、マイクプリ部・再生部は高音質になって素晴らしいのですが、ざっくり言うと5.6万円以上くらいから、さらに音質が一皮むけます 😛

昨今はソフトウェアシンセなど、PC内部でほとんどの事がデジタルで完結できる時代ではありますが、うちらみたいな生楽器・歌を録音する場合には、アナログ音をマイクでひらって、デジタルに変換してPCへと送ってあげないといけない訳で、その変換を担うオーディオインターフェースのマイクプリ部の性能は、出来ればその価格帯くらいからのオーディオインターフェースを選択する方が、後々の買い替える必要が無いので、結果的に安上がりになるんではないでしょうか。
今回紹介した二機種なら、宅録環境において後々、ランクアップ買い替えしなくても、十分に使い倒すことが出来ると思います。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン