時給400円…まあ・ええか

これまでは『投資』というと、10年ほど前から投資信託を少しだけ積立でやっとりました。最近ようやく持ちなおしてはきましたが、去年コロナで大暴落しまして…汗 今更ですがちょっとだけ空き時間に株の短期トレードをはじめてみました。最低限の知識だけで開始ですけどね…
その最低限の知識はここ2週間でたかだか2冊だけ本を読んだくらい・・・あとは、今更『あのときもっとちゃんと勉強しときゃよかった…』と後悔しても仕方ないんだけど、株のネット取引の黎明期(2000年)に、とある大手証券会社がネット取引を普及するために無料配布した、株式投資のイロハに関するCD-ROMの制作に弊社が関わらせていただきましてね。

その時に担当の証券会社の人がこのCDロム制作チーム向けにわざわざ勉強会を開いてくれて、色々とご指南いただいたんですよね。『いまはまだネットでの株取引が始まったばかりですが、これからの株取引は誰でも簡単にできる時代になります、いまから始めたほうがいいですよ!!』と20年も前に言われていたのに汗・・・まあ、過ぎたことは仕方ない笑

ということで、いまいちど株式チャートの見方から復習し直して、とりあえず時間の有る時に一週間はいろんな会社のチャートを予想しつつ眺めるだけでいました。
最初は株トレードのシミュレーションサイトに登録して、数日やってみたりもしましたが、なんせシミュレーションなので最初に仮想1000万円スタートできるは、現実のお金じゃないから、全く痛みが伴わないのもあり、6000円の株を1000株とか平気で買ったりするし笑 そんな性格ではシミュレーションは合ってなかったですわ。
わたしゃ~少額でも実際に自分のお金で痛みを伴わないと身につかん…と痛感しましたわ。


いざ始めるにあたって、最低限の取り決めを決めをしました。意外とこうみえて超慎重派なんですよ笑
初心者ということもあり『現物取引のみ』で、証券会社の口座は投資信託用の資金とは別にして、最初に50万円だけ入金して、当面は減ったとしても資金を追加しない。基本的に取引は週をまたがない。などなど、他にも何個か自身の取り決めをしました。

50万円だけではじめるので、その金額だとせいぜい100株の単位株だと、一株4500円が限界だけど、それくらいの金額の株だと落ちる時は1分後に100円とか平気で落ちよるので…その逆もあるけど初心者にとっては値動きが怖いし。ということで、一週間ずっと見続けていたとある企業、1株だいたい1400円程度で±60円程度以内で推移している100単位株の某1社だけで始めることにしましたわ。

先週は4日だけ事務所に行く前の9時~11時を中心に合計6時間ほどやってみましたが…
初日・2日目(持ち越し) +1400
3日目 +210 (+500-290)
4日目 +800

蓋をあけてみたら先週は、手数料は無料の範囲内で多少税金引かれるけど、6時間やって+2400円 時給400円か…しょぼいけけどなっっっ笑でも、まあ、マイナスにならなくてよかったし、増えた分には銀行に預けているだけの金利より全然いいわな。まあ銀行は株と違って勝手に一瞬で資金が減ることはないけど笑 安定投資は投資信託超長期でつづけますので汗


4日目寄り付きで手痛い発注ミスしてしまって、発注取り消し操作に手間取っている間に急騰…間違えなければ+6000円位になったんですけど、過ぎたことはしゃーない汗 『あの時こうしてたらどうのこうの』も全く意味がないこともね笑 

※チャートは個人的に陽線→、陰線  表示にしとります

まあ、機会損失ではありましたが勉強代ですわな。ポチッとワンクリックで注文できる分、クリックは慎重にせなあきませんな。

あと、短期トレードだと日をまたぐのは超危険なのも見られた…、自身はその日持ち越ししてなかったけど、前日夜の同業種他社の悪い方向のニュースが影響して、その翌日当該会社の株も大暴落の日があった。まあ、わしみたいに少額でやってても、朝起きた翌日の寄り付きがこんなことになったら痛いわな…こわっっ


短期株取引をhight & Lowゲーム的に株に手を出したら、確実に資産を減らすということと、寄り付きの5分くらい前までの『板』は信用ならんことと、寄り付きは予想で買いを入れずに1分でも動向判断してからやな…とは感じましたわ。
しかし、政権の重大な発表より少し前に株価が動き始めるのは、情報握っている機関投資家が先に動き始めるんでしょぅかね…怖い世界です。


今後も小商い中心のお小遣いの範囲内でボチボチやってみますわ。
しかし自宅の12インチのノートパソコン1画面で株取引やるのはキツイこともわかった笑

Related Posts

トップへ戻る
テキストのコピーはできません悪しからず・・
タイトルとURLをコピーしました