セカンドオピニオン?

ギックリ腰は回復しましたが、左耳がどうもまだ変でして、先日の花粉症でお世話になっている耳鼻咽喉科の先生を信用していないわけではないですが、いかんせん街のお医者さんなので細かい検査を実施していただいてなかったので、別件で通院している某大学病院を受診してみることにしました。

その大学病院は自宅から徒歩1分でして利便性は抜群ではありますが、大学病院は受診までのハードルは結構高く、基本的には紹介状がないと診察してもらえません。
まあ、そうしないと軽度な症状の患者が溢れ、研究機関としての機能が果たせなくなるからだと思いますけどね。

私はその大学病院で、普段は別科(外科)を受診してますが(命には関わらない持病)、今回の耳鼻咽喉科は紹介状などはございません。
まず、受付で症状を伝えてから、耳鼻科担当医にお伺いをたてたのち、受診可能かどうかの判断を下されるという事でした(^^;
受診否認の場合は大学病院以外を探す事になります・・。
私と同じように紹介状持たずに来られて、判定待ちの人たちが、ロビーの一角にあるスペースに集められていましたが、やはりその中には受診否認を告げられて、ちょっとお怒りの年配の方も・・・

そんなこんなで、10分ほど自身の”判定待ち”時間を経て、幸い?? 受診可能という事で、そのままその科の受付へ。

診察は2時間後・・・まぁ、飛び込みできたので仕方ありません😅

ただ、診察前に聴力検査を行うとのことで、検査室に通されました。よく知っている ”ピー”音の検査は勿論でしたが、骨伝導での検査やらと、えらい細かい検査をしてくれました。その辺り、大学病院に来た甲斐を感じました🤣 聴力検査用の2畳ほどのブースの遮音性が素晴らしくて、めっちゃ何処のメーカーか気になったりしましたけどね😆

結果としては、高音域は両耳ともこの年にしては聞こえてましたが、どうも左の低音200hz辺り(勝手な推測)が聞こえずらいと言うか、ほぼ聞こえてない感じでした・・まあ、これは自己診断なので、その後の先生のお見立てを待ちましょう。

受付から2時間ほどしてようやく診察室に呼ばれました。
先ほどの聴力検査結果をモニターで確認しつつ、やはり左耳の聞こえが悪いそうでした。
めまいの症状を検査するゴーグルを付けてみると、やはり軽度のめまい症状もでているとか・・。
聞こえずらい要因は、ストレス・脳・睡眠障害・生活習慣病・・・等々多岐に渡る事と、以前ベル麻痺で楽器が吹けなくなったことも有りますし、来月脳MRIを含めて精密検査とあいなりました。
ついでと言ってはナンですが、睡眠時無呼吸症候群も妻から指摘されていたので、そちらの検査も行うことに相成りました。

いやはや、いきなりの病人感・・・しかし食欲は旺盛のままなのですよ😅
まあ、” 健康診断 “として脳MRI受けると保険効きませんからよしとしましょう(^^;

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

 

お気軽にコメントをどうぞ!!