一番古い記憶

先日、知り合いと話している際に、自身の一番古い記憶って何歳か?? という話になった。

よくよく考えても、いまいち小学校低学年が限界で、しかもなんという事のない、とっ散らかった断片ばかり・・・。

さらに、さらに考えていると、ある一つの古い記憶に辿り着いた。
今は亡き父との記憶である。
父は写真師で俳人でもあった。めちゃくちゃ真面目な人だったし、めったに怒らなかったけど、怒ると怖かった(ゴボウでバシバシにされたりw)子供のころからずっっっっと身体が弱かったらしく、めちゃくちゃキャシャな体してました。

んで、ある一つの古い記憶ってのが、ちょっとキチャナイ話ですけど(^^;

多分わたしが幼稚園生位だと思うけど、うちは1階が写真撮影スタジオで、スタジオ奥の階段から2階に上がったとこが住居でした。んで、その階段の一番下に和式トイレがありました。

まあ、んで小さかった私は、トイレでをしたんでしょうね。
んで、和式トイレアルアルで、昭和な人は誰しも経験があろう状況に追い込まれたんです。

用を足して水をながすも・・が水流と平行に鎮座していたために、ビクともせず、そこにが居座り続ける悲劇に見舞われました🤣 子供心に大変焦って、何度も流そうとするも、一回流すとタンクに水が溜まるまで待たないといけませんし、待って、また流してみますが、美しく水を二分するさんは、居座り続けます・・。

水を何度も流していると、スタジオに居た父が覗きに来た、状況を見た父は「こんな時は、こうするんや」的な事を言ったんだと思いますが、おもむろにさんに、セッティングを始めました😆

「こうしたら流れる、覚えておけ」と、まぁたぶんこんな感じの事を言われて、父が水を流すと、それまで居座り続けて、微動だにしなかったさんが、あ~れ~~~ と消えていった。

一番古い記憶として残っているということは、子供心に
「父ちゃん!! すっすげーーーーーーーーっっっ!!」
と思ったんだと思う。

本日は、父から相伝された
“秘儀!居座る大さん流し” を、今日は特別にお教えいたしましょう。

奥義
「トイレットペーパーを丸めて、流れの抵抗にするんじゃっっ!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
何かわからんけど、オヤジ・・ごめん 笑

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

 

お気軽にコメントをどうぞ!!