歳をとるということ

最近でも練習していると、今まで気づかなかったことに気づくことが多々有る。
なんなんでしょう・・もう30年以上サックス吹いているのに(^^;

んで、20数年前20代前半の頃の、とある映画のサントラレコーディングでのソプラノ吹きまくり曲の演奏を聞いてみると、いまにはない勢いとイケイケ感がある。
それを”若さ”というのかもしれないけど、挑戦的な感じというか・・・でも今聞くとちょっと攻めすぎで違う気がする😅
監督さんに”この曲は行ききっちゃってください”と指示された記憶はあるけど、”小難しいフレーズを、めいっぱい詰め合わせ”的な演奏である😅 まあ、それはそれで悪くはないんだけど・・・

最近はといえば、ほんと基本的なところではあるけど”歌い方”を考え直している、メロ、ソロも含めて。いままでも、もちろん絶えず考えていたことではあるけれども、ようやく、なんとなくではあるけど、向かいたい方向が見えてきたというか、なんつーか。
きっと天才肌の方は、もっと早く気づくかもしれないけど、そこは凡人のわたくしです😅

まあ、これからまだ歳をとることで、色々と気づきや考え方も変化していくのであろうけど、それはそれで音楽というものとの長い付き合いには必要なんかもしれないですね。

 

なんか、ようわからん個人的な日記でした😬

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

お気軽にコメントをどうぞ!!