ソプラノ

AE-20

【速報!!】Aerophone AE-20 発売決定!!

❗❗❗❗❗突然ですが 新型エアロフォン AE-20 大発表です!! ❗❗❗❗❗ 本日22年1月7日(金)10時 新型エアロフォン『Aerophone AE-20』 情報解禁されました!! AEシリーズ
◆◆ アドリブ理論等 ◆◆

一心不乱・悩みも忘れられる!! かも…な吹きまくり練習

うちのレッスンでアドリブ初心者の少し音階に慣れてきた人にやってもらう『強制的没入練習』なんですけど、まあ正直、最初はなんやスケール気になってしもて没入できませんし、ループ音源ようわからんようになって来
寝言

忘れたのか、もともと無かった感覚なのか

先日生徒さんが、その生徒さんの友人が使わなくなったソプラノサックスを譲っていただいたということで、楽器を持っていらしました。とにかくピカピカのほぼ新品で市場では40万円程度するシロモノです。調整もほぼ
MASAX-YouTube-movie

2004年のアルバムから №4 -freya-

2004年のアルバム再アップシリーズ、ラストは'freya'という曲です。過日に書きましたとおり、このアルバムの曲はすべてソプラノサックスで演奏していますので、この曲もソプラノサックスでの演奏です。メ
MASAX-YouTube-movie

2004年のアルバムから №3 -snow air-

引き続きアップしました。'snow air'という曲です。これも2004年にリリースしたアルバムの中からです(もう17年も前なので、ほっといたら埋もれるだけやないですかー で掘り起こしています笑)。こ
MASAX-YouTube-movie

2004年のアルバムから №1 -WIND FIELDS-

自身がYouTubeに一番最初(2011年)にポツリとあっぷした曲でもありますが、今一度映像つけてアップし直しました。この曲は2004年にリリースしたので、もう17年も前の曲です。 この曲は私にとって
DTM音楽制作

Englishman in New York

私が高校生の時(1987年)に発表された曲で『なんや!!このサックスかっこええ!!』とブランフォード・マルサリス氏がソプラノ・サクソフォーンを演奏しているとは当時は全く知らずに聞いていましたわ。 今回
寝言

オブリフレーズ

YouTubeネタですけど、最近の選曲は、ちょっと懐かしい80年代あたりの『洋物』に手をだしてますが、いま作っているのは『そんなに売れた曲か??』と思うと人が多い選曲かもしれません。実際はめっちゃ売れ
◆◆ その他のカテゴリ ◆◆

このところ宅録つづきでしたが

コロナの影響もありますが、ほとんどの録音お仕事は自分とこで宅録してトラック納品が続いていました。でも、今日はセクション三人でのスタジオ録音にお声掛けいただきまして行ってきました~。 テンポが190近い
AE-30 (Aerophone Pro)

Aerophone Pro 発表!!!

Rolandよりエアロフォンの最新機種『Aerophone Pro』が発表されました!!いち早く情報をお伝えいたします!!
DTM音楽制作

BGMにでも・・どうぞ

仕事以外ではあまりこういう曲は書いてなかったのですけど、いわゆるアンビエント曲を作ってみました。 ソプラノでも良かったんですけど、たまにはソプラニーノサックスも使ってやろうということで^^; 『なんと
MASAX-YouTube-movie

曲をアップロードしました(YouTube)

お友達作曲家・アレンジャーの藤木哲君が作曲した曲にソプラノサックスで参加いたしました。ジャンルとしてはambient musicです。メジャーのお仕事をしながら、彼がライフワークとしているSound 
サックスのリードについて

Rico Plasticoverリード

20年以上前に使っていた懐かしいリードが出てきました。デイヴィッド・コズ氏も20代の頃に使われていたリードですね。Ricoのリードに薄くプラスティックコーティングされていまして、現代の人工リードとケー
◆◆ 豆知識 ◆◆

チューナーの▼ 意味知っていますかぁ

レッスンで質問されたので、ここにも書いておきますね。 センターの 0 を挟んで左右にクサビマークのついているチューナーをお持ちの方も多いと思います。下の写真で赤く色づけした0を挟んだ左右の▼記号ね 生
「ビンテージ」と呼ばれるサックス機種

YANAGISAWA SN-600

結局、なんだかんだ悩みましたが、知り合から1960年代後半か1970年頃のヤナギサワのソプラニーノ・サックス SN-600を手に入れました。ほら・・10万円の給付金もあったし・・・でも電動自転車かった