出来上がりが雑や・・

寝言

また、ソプラニーノサックスネタですが・・・。

なかなか、ソプラニーノサックスのユーザーが少ないのもあり、”専用品”が殆ど無いので、代用品を探す事になるわけです。

ケースは付属の物でも十分チッコイので、先日の大阪・名古屋には、大きめのボストンバッグにソプラニーノケース入れて、さらに着替えやら衣装も入れて・・なんて事もできましたけど、それでも楽器本体の二倍くらいの大きさなので、さらにコンパクトに持ち運べるケースを物色中・・・しかし専用品は無いので、特注するか、作るかw、代用できるケースを物色しております。
セルマーのソプラニーノ(120万)だったら、間違いなく特注ケースの選択肢でしょうけど、なんせ本体安いので、そんな贅沢は柄にあいませんから 😆
教室 区切り線
スタンドは、 K&M クラリネットスタンド ベル収納タイプがベル径はバッチリなので、楽器を支える支柱部分にウレタンを張り付けて、問題なく代用可です。

 

昔ソプラニーノ使ってた時は、ソプラノ用のスタンドにパテ盛りしてって、楽器を立てられるようにてたんですけど・・嵩張って仕方なかったのですよ 😆
このK&Mも、サックスと同様、収納時にはベルに収まるので、ほんと優れものです。

教室 区切り線
次に、無くてもまあ問題ないのですが、キークランプも欲しい・・こういうやつね ☛ これ

無くても良いアクセサリーだし、コルクを使って代用することも出来るんだけど、コルク挟んでキー閉じていくのは、装着に手間がかかる・・・、ズボラな私には、キークランプは手放せませんので、既に7セットもってます(^^;
普段使わない楽器には付けっぱなしにしてて、普段使うやつも、吹かない時は装着しておりますが、しかしながらソプラニーノ用なんてありません(^^; まあ、正直、キークランプなんて、形状さえ知ってれば、クリーニングに出した時の針金ハンガーで作れる感じですから、持っているソプラノ用を参考に、作ってみました 😛

制作時間15分、100均で買ったアルミハリガネと、グルーガンと、硬質ウレタンパイプ、材料費150円位かw
出来た!!!が・・・キーもしっかり閉まるけど・・・汚いwwww

ええねんええねん・・・
人前でつけるもんちゃうんやから🤣

教室 区切り線
先日、別の中国製某ソプラニーノサックスを吹く機会があったんだけど、それは もう・・全然ダメダメでした😅
価格も、そこそこいい値段する代物でしたが・・・
自分のは、たまたまポテンシャルのある楽器制作工房さんと、たまたま組み立てた人がそこそこ技術を持ってた人だった・・とか、運が良かったようで、十分使える代物ではありますが、まあ・・買ってから色々と手はかかってます(^^;

恐ろしいほど”中国製サックス”はバラつきが激しいので、お金をドブに捨てる覚悟で怖いもの見たさの方以外は、安易に手は出さないほうが無難です^^;
まあ、それでも、一部中国製楽器メーカーのクオリティは年々上がってきてますから、近い将来、台湾・ベトナム生産のサックスに引けをとらない中国メーカーが出てくるでしょう。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

コメント