脳MRIの検査結果

本日仕事前に先日受けた脳MRIの検査結果を聞きに受診してきました。
結果から言いますと、脳MRIでは何の問題も発見されませんでした、ちょっと安心しました。

何だかんだ検査結果を聞くまではナーバスになって、変な夢見たりしてたのも事実でして(^^;
先生が診察室の画面にメチャクチャ細かく綺麗に映し出された私の頭部断層画像をマウスホイールでグリグリすると、輪切りの連続画像がアニメーションの様になって、なんだか変な感じでした。
「これが小脳で、三半規管・ここは・・なになにを司る部位ですよ」と大学病院の先生って、皆さんメチャクチャ丁寧に説明してくれるので安心感あります。
「血管だけ映した画像これで」と血管が網の目の様に映し出された立体的画像を、こまかく説明しながら診断してくれました。

MRIの結果脳の問題なしというのは安心しましたが、耳鳴りはそこそこしてたりしまして、これに関しては原因が多岐に渡る為、一旦投薬は継続して様子をみるそうです。まあ、今日の聴力検査は、耳鳴りに邪魔されながらもほぼ正常値だったそうです。

あ・・どうやら、MRI撮影時に寝てた影響はなかったそうですw

—————————————-
以下余談ですが

以前わたしが患ったベル麻痺(顔面麻痺)もそうでしたが、やはりなんかおかしい・・・と感じたら、仕事休んででもすぐに信頼できる大きな病院を受診したほうが良いですね。
町医者さんが悪いわけではないですが、出来たら大学病院や総合病院のが、科を跨いでの検査もしていただけますし。

ベル麻痺の時は、今思えば左耳後ろのリンパ節に数日前から違和感があって、ある朝突然歯磨きして口濯ごうとしたら、口に含んだ水が意図せずドバ~って漏れまして、なにが起こったのか呆然となりました。
その足で救急病院に行って脳梗塞の検査などを受け、点滴等の処置をしていただいたので、数か月かかりましたが、幸い元通りまで回復出来ました。もちろんその数か月はサックス吹けませんでした(^^; アンブッシャが出来ないので超初心者の頃に戻ってました 😆

管楽器奏者としては、口周りに後遺症が残ってしまうと、それまでの演奏はほぼ出来なくなってしまいます。実際ベル麻痺(顔面麻痺)が原因でサックスやトランペットを辞めた方も数人存じております。
不幸にもそんな症状がある日突然降りかかった時は、とにかく一刻も早く受診してください。
—————————————-

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

お気軽にコメントをどうぞ!!