6月13日(土)~レッスンを再開します!! 【詳細はコチラ】

ios13.5 ある意味待ちに待った機能追加!!

iPhoneのソフトウェア・アップデートが来ました
何が嬉しいぃぃぃぃって

マスク着用時にFACE ID搭載デバイスのパスコードフィールドに素早くアクセスできるようになります。

もうね・・iphone10にしてからというもの、花粉症の人間としてはマスクしているとFACE ID使えないので難儀してたんですよね。
マイクしているとロック解除するにしても、マスクを一旦ずらすか、マスクをしたままとりあえずFACE IDで認証失敗させてから、画面を一度上にスワイプしてパスコード画面にしてからパスコード入力して・・・と・・・。

でも、13.5からは、マスクしていることを検知すると、Face IDは一回失敗して画面スワイプは必要だけど、そのままパスコード入力画面が出るようになります。
まあ・・・1秒位短縮されるだけなんですけど・・・ww

まぁ、もちろん今回のこの機能は、新型コロナウイルスで世界的にマスクする人が増えたからこそ付加されたわけですけどね。

また、本来の新型コロナ対策としては、アップルとグーグルが共同開発した、接触追跡アプリのAPIも追加されたようです。
これは、個人情報を極力収集せずに、もし感染者が出た場合に、その感染しちゃった人も接触追跡アプリを利用していた場合には、接触したひと(接触追跡アプリを使っていることが前提)のスマホ画面に「あんさんと接触した人に感染者でました・・」みたいな感じで表示されるらしい・・・あるいみ緊急地震速報くらい怖いですけど・・。

まだ、日本が政府としてこのAPIを利用するのかは知りませんけど・・感染拡大防止手段としては、とても素晴らしい取り組みではないですかね。

タイトルとURLをコピーしました