Aerophoneでのベンド奏法について

こんにちは藤本です。さて、よく質問いただくAerophoneでのベンド奏法について、超簡単に書きますね。

エアロフォンのシステム2.20から、ほんとベンド奏法が自由自在になりまくした。
ただ、ここでよく頂く質問で「うまくベンドが出来ない」というものがあります。

以下、言葉をオブラートにつづまず書きますけど・・・ 😯

結論から言うと「そう簡単にベンド奏法は習得できません 🙄 」

音楽的なベンド奏法は、ポピュラー系サックスでは中級者~上級者のテクニックです。ですからエアロフォンがサックスと同じようにベンド表現が、繊細に出来るようになったってことは、上級なコントロール表現が可能になったということでありまして、その日から出来るわけではありません。日々練習して習得する必要があるということです。逆に、適切な指導の下練習することで、ベンド奏法も効率的に習得することは可能です、それでも数か月は最低かかりますし、音楽的ベンド奏法は年単位で日々練習の積み重ねとなります。

でも、これって `楽器` としては当たり前のことで、練習すればその分上達するわけですから、電子楽器とは言え、上達の喜びがあるわけです。

ベンド練習方法は、サックスで習得するのと、全く同じ基礎練習から始める必要がありますが、文章だけで簡単に書く事ができませんから、割愛させていただきますが・・(^^;下顎を上下に緩めるだけでは、音楽的ベンド奏法はできません・・。

是非お近くにサックス上級者の方が居られたら、ご指南いただいてください。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

お気軽にコメントをどうぞ!!