大惨事の投薬

我が家の高齢ネコ ちょこさん17歳 幸いこれまで大病をすることなく過ごして来ました

しかしなんか土曜日にトイレに何度も行くし、トイレに籠ってたので心配になって観察した
ところ、排尿がうまくいっていない様子でした。
ネットであれやこれや調べてみると、どうやら膀胱炎の症状です。
翌日は比較的調子良く排尿していたので、経過観察することにしましたが、また昨日に
なって頻尿のご様子で、近所の動物病院に連れて行きました。

これまで動物病院には数回程度しか来たことのないチョコさんは、まさに借りてきた猫
診察台の上では置物のようになってました 😆
とても良い先生で、事細かに問診・触診してくださり、やはり膀胱炎の疑いが濃いという
ことで、抗生物質の錠剤を処方していただきました。

さて・・問題はここからでした・・・チョコも私も錠剤の投薬には慣れてなかった・・

最初は投薬を安易に考えててました・・

大好物のオヤッに5mm程の錠剤を忍ばせて与えてみました・・

バレて逃走

スーパーで鶏肉を買ってきて茹で、肉に切り込みを入れて錠剤を埋めてみた

バレて逃走

ここまで既に2錠を無駄に・・・動物病院では保険が無いので、薬も高いのですよチョコさん・・ 😐

以上、難易度の低い方法ではダメそうで・・・

口を開けて舌の奥に錠剤を入れる作戦に変更

私が失敗して錠剤が舌先に落ちてしまい、大惨事・・・
ネットでこの投薬方法の注意点に
「舌の付け根あたりに確実に錠剤を置く事、失敗すると猫が泡を噴く」と書いてあった
ネコは苦いものが口に入ると、反射的に大量の唾液が分泌されるようで・・
チョコさんの口から大量の泡が・・・ほんと想像以上の量で、びっくりした・・
部屋中大変なことになった 😆

ここまで3錠・・・・無駄に・・・。

もう、一人ではどうにも出来ないとの諦めと、泡が収まるのをまつのと
チョコが警戒心バリバリで机の裏に隠れて、わたしもクタクタ 🙄

妻の仕事終わりを待つことにして、帰りにチョコの大好物ロールケーキを買ってきてももらい
釣る作戦にした。錠剤もオブラートに包み、それを水で湿らせてゼリー状になったものを
食べさせる作戦にした。

案の定、あれだけ警戒していちチョコは、ロールケーキのクリームには警戒心もどこえやら
そこで、わたしがチョコを確保して口を開けさせて、つまが薬剤を投入、すぐにロールケーキ
クリームをチョコにあげたら、何もなかったように無事投薬できた 😆
ここまで3時間と無駄にした錠剤3錠・・・

今夜も同じ作戦で行こう 😆
てか、錠剤あと1錠しかのこってない・・明日貰いにいかねば 😯

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

お気軽にコメントをどうぞ!!