YANAGISAWA S-WO37

このお盆は基本的にお休みを頂いておりますが、YANAGISAWAのS-WO37の入荷チェックを依頼いただきましたので、お店まで行ってきました。

S-WO37はシルバーの管体が大変美しいシリーズですよね!! ほぼ受注生産品なので本数揃えての「選定」はまずできませんが、入荷時にチェックさせていただいて、気がついたところがあれば最終調整をお願いする感じです。

今回のWO37も吹いた瞬間「あ~この楽器ほしいわぁ~」となりましたw とにかく吹きやすくて、音色も上品ななかにもキラキラしててるとでもいいましょうか。
デタッチャブルネックのストレートとセミカーブドでは、わかり易いほど個性が変貌し、セミカーブドネックは、豊かなフワリとした音色になり、ストレートネックではエッジの効いたアタック感が素直にでました。一本で2度美味しい仕様ですねぇ。
気づいたら30分くらい楽しく吹いていました^^; もちろんチェックは一通りやりましたよぅーー

WOシリーズはソプラノ・アルト・テナーとも高音域がとても伸びやかな印象なのと、低音域は無理せずとも温かい音色が出せる印象です。さらにシルバーソニックの37シリーズは軽い感じで吹けるのに、「音の密度がとても濃い印象」を個人的に感じています。「音の密度」というのは・・なんといいますか、音の情報量とでもいいますか・・吹いた時に頭の上の方で響く感じでして・・・・wwww

なかなか気軽に買える金額でも無いですけど、セルマーのビンテージを買うくらいの予算組んでいる方は、一度WO37シリーズを試してみてもいいかもです!! と言いながら、ほぼ受注生産やいうてましたのにね^^; さらに店舗に飾ってあっても「試奏不可」の場合もあります。
んーーーーーーーーWO37シリーズ持ってる知り合い探して、是非お願いして吹かせてもらつください!!


余談ですが、今日は自宅からお店に直接でかけたので「よし、バイクでいってみるか!!」とハーレーで向かいましたが、気温36℃くらいだったでしょ・・で、エンジンの上に座る乗り物ですから、恐ろしく暑くて、片道せいぜい30分ほどでしたが、めっちゃくちゃバテましたわ。で、さらに店に行くとテレビクルーが居て、なんやインタビューされましたが、多分ボツですww

明日もめっちゃくちゃ暑いみたいですから、新型コロナ対策マスクも必要でしょうが、人の居ないところではマスクずらして、水分たくさん摂ってくださいね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました