コード進行のグループ化

本日のサックスレッスンでは、アドリブ基礎練2-5-1の決まったモチーフ(フレーズ・リック)をあてはめる練習をしたんですが
曲における、コード進行は部分によって転調したり、セカンダリーや同主調借用が挿入されてますよね。
最初はコードだけの譜面でチャレンジしようとしても「コードアレルギー」的な人も多いと思います。
教室 区切り線
色付き譜面1

このような、コード進行でも、白地に黒字だけの譜面では、やはりアレルギーがある段階では
げっっっってなるもんです 😆

教室 区切り線
そこで、コード同士の連結(進行)をグループ化して、見やすくする方法が何通りかありますが。
理論書などではバークリー方式  カッコと矢印 使う方法が使われますよね。

こういうやつです
色付き譜面3

こうすることで、譜面における、その部分をグループ化して、ひとつの塊として整理できるわけです。
なんなら、このカッコの部分に調性を書き加えてもいいですし、調号を書いてもいいですし、
その辺は自分ルールで譜面を汚していけばいいのです 😉

教室 区切り線
次に紹介するのは、これも昔からある手法ですが、
色を付けてグループ化された部分を視覚的に見やすくする という方法です。

色付き譜面4

Em7 – A7  は key Dmajor の Ⅱ-Ⅴ
F#m7  は B7 の Rel.Ⅱm7 だけど、Dmajor keyのⅢm7でもあり、ダイアトニックの色合いを優先
B7  E7  はsec.D
・・・・・みたいな。

色付きにバークリー方式も併用するといいですね。
特に配色の決まりとかはないんですが、もしこの色付け方式をやるなら
あなた自身で調性ごとの色を決めて、その決定に従って、今後やる曲も彩色するほうがいいとは思います。
アドリブ練習初期において、とりあえず各調のイドフリミエロでソロを吹くときに、譜面をより視覚的に見やすくしたい場合には有効な手段ではありますね。

さらに、例えば Eb7→D  のところで、なんでここにこんな進行が入ってきたんや??・・・と悩み考えて、そして、あぁっっ!!と答えが出たら、さらにここに「気づき」を書き込むという風に、自身の譜面をグレードアップさせていって、どんどん「汚して」くださいね 😎

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

 

「4度圏」が生み出す模様

「4度圏」(circle of 4th) は、以前に何度も触れてきましたが、今回は4度圏上に「模様」を描いてみます。
理論を勉強したり、スケールやコードの構成音を視覚化できます。
描いてみると、この4度圏に、音楽の「小宇宙」を感じると思いますよ 😆  😆
border
さて、実際に何をやってみるかというと、コードの構成音・スケール構成音を
「4度圏」に描いてみます。

例として、
C を赤線
Cm 青線 で描画してみるとこうなります。
サックス教室音楽理論 四度圏6

border
【メジャースケール】
次にメジャースケールを描画してみましょう。
例はCmajorスケールです。
サックス教室音楽理論 四度圏3
きれいな模様がでてきましたねぇー
わかりやすいように、C の位置を11時に置きましたが
6時~12時側(左半分に)収まっています。

border
次にコードの構成音を描画してみます。
【dim7】
dim7 のコード構成音群は、3種類ですよね。
これを見たら一目瞭然ではないでしょうか。
サックス教室音楽理論 四度圏2

border
【#5】

次に、#5コードです、コード表記ではaugとか+5とも書きます。
このコード構成音群は4種類となりますので、描画するとこうなります。
サックス教室音楽理論 四度圏4
この#5コード時によく使われる、wholetoneスケール(全音階)は
構成音的には2通りで、描画するとこうなります。

サックス教室音楽理論 四度圏5

border

視覚的に見てみると面白いですよね!!
こういう風に、きれいな模様になるのは不思議じゃありませんかー。

サックス等のアドリブ練習の為に、曲のコード進行解析をする場合にも、
コード進行をこの4度圏上に描いていくと、面白い発見を沢山できますよ 😉
ぜひ楽曲ごとに「4度圏」模様を描いてみてください。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

 

あると便利な「くるくる circle of 4th」

色々と役立つcircle of 4thの表ですが、今ではスマホのアプリもありますし
紙媒体は必要ないと思うかもしれませんが、理論の勉強や、コード解析やら
とにかく手元にあれば重宝します。

今回はレッスンで使ってる、その名も
「くるくる circle of 4th」 をお見せいたします!!

って大したものではないんやけどね 笑

区切り線
こんな感じで回せます。

 

区切り線
もし、作りたい!!!!
って人がいたら・・・用に、印刷用ファイルおいときます。
ダウンロード
区切り線

【作り方】※雑な説明です・・。
1. pdfに入っている2枚を、A4に印刷してもらって、それぞれをガイドに沿って丸く切る
切ったものは、可能ならラミネーターで加工すると長持ち!!

2. くるくる を固定するための厚紙か段ボールを用意

3. 1で切り出した紙の中心点(マークしてあります)に針などで穴をあけて、下から
◇台紙 ◇英音名円シート ◇線の書いてある円シート の順で針金とかクリップ伸ばしたのとか長い目の画鋲でまとめる。

3. ここがちょっと難儀すると思いますが、一番下の台紙と、外側に来る線の書いてある円シートを、動かないように軸にボンドなどで固定。
厚紙の裏側に来る軸もボンドでとめる。
このとき、線紙は時計と同じように12時6時の線は垂直にして固定してねー。

要するに可動部は英音名の円盤だけにします。

手順3 は試行錯誤してください 🙄

・・・・映像見て作り理解してから作成してみてください ・・・
って作る人いるかね  :mrgreen:

sax_border_line

ドミナント その2

昨日のドミナント その1につづいてのお話です。

Cメジャーのダイアトニックコードで、シとファを同時にもつ和音を調べてみましょうー

150821

となりまして、G7 とBm7b5が増四度の関係性を持った
コードになり、機能として ドミナント と判断されます。

区切り線
さて、ここで話を元に戻しますが、そもそもの疑問は

区切り線
150820-3  の 「G7」   と
150820-4  の 「Bm7b5」 は
どちらも機能はドミナント【D】なのに、なぜ「Bm7b5」は (D) とカッコ付きで弱気なんですか??
150820-5
区切り線

「ドミナント・モーション」という言葉をご存知でしょうか?
日本語だと「解決」とか「終止形」と呼ばれてましたけど、ドミナントが
トニックに進むことですね。

これは増4度の不協和な音程が、トニックに進むことで協和音程になり
スッキリ!することで生まれます。
逆に言うと、トニックの前に増4度の音程を含むドミナントを置くことで
トニックのスッキリ感を演出しています。

これだけだと、Cメジャーキーで考えると
G7 →C△7
Bm7b5→C△7
どちらもOKということになりますが、ここで音のそもそもの「進む方向」「進みたがってる方向」が関係してきます。

それは
4度圏 時計回り方向です。
150821
G はCに誘因される(進もうとする)
CはFに誘因される
FはBbに誘因される
・・
・・でぐるっと回ります。

何で誘因されるかって・・・その辺はあまり深く掘り下げません
心理学とか哲学とか引力・重力とか・・・深みにはまりますからね。
倍音列が関わっているというのが、一番理解しやすいのですが、
また別の機会に。

でこの流れをCメジャーキーであてはめると
150821_4

となります。

Bm7b5→C△7 を使ってはいけない ということではなくて
上記の理由から
G7 →C△7 のほうが、より自然に流れるわけですね。

あなたが作曲家なら、どちらを選びますか?
より自然でしかも理にかなったのを選びますよね 😆
実際現代に引き継がれている、JAZZ・popularほとんどの曲が
V7 → I△7 のドミナントモーションとなっています。

※なお、勉強を進めていくと ♭II7  → I△7 もよく出てくるしカッコイイ!!ことがわかってきますが
今回は割愛します。

sax_border_line

ドミナント その1

先日メジャー・ダイアトニックコードにおける「機能」の話を
レッスンしてた時に、生徒さんから
150820-3  の 「G7」   と
150820-4  の 「Bm7b5」 は
どちらも機能はドミナント【D】なのに、なぜ「Bm7b5」は (D) とカッコ付きで弱気なんですか??
150820-5

と質問を受けました。()ついてると弱気・・・そうですよね 笑
僕も初めて学んだとき、同じように「????」でした。

なんでこの () がついているかってのは実に奥が深い・・・。
ドミナントはドミナントなんだけど・・・実務上はねぇ・・・
みたいなニュアンスです。

まず、というか、ここに書くためにすごい大雑把な説明になりますが 😯
ドミナントたるための必要条件として、そのコードの構成音の中の、ある音とある音の音程に、#4(増4度)の関係が含まれる というのがあります。

増4度は C からみると F#(G♭) になります。
F#(G♭) からみた C も#4(増4度)の関係です。

4度圏で見ると反対側との対関係になります。
150820-1
4度圏表を「時計」とみたてて
今12時のところに「C」がいますから 12時 と 6時 で1対
1時 と 7時 で ・・・・というふうに、12半音の中での組み合わせで増4度の関係になる組み合わせは、対線上となり合計6対あります。

区切り線

で、話をCメジャーの世界に戻してみますけど、Cメジャーのダイアトニックコードは
C△7  Dm7   Em7   F△7   G7   Am7   Bm7b5
となりますが、この中で増4度の関係性を含んだコードがすなわち
ドミナントになります。

ピアノで考えてもらうと、Cメジャーの音列は「白鍵」のみですよね、
すなわち黒鍵になる♭や#がつく音はないわけです。

さきほど増4度の関係性は6対あるといいましたけど
4度圏でみたときに、対になるセットで白鍵のみでのセットは一つしかありません。
150820-2
他のところだと、たとえば G と D♭ が対になってますが、D♭が黒鍵にななるのでCメジャーの音列には含まれません。
同じ理由で
C  と Gb  ×
D と Ab  ×
・・・・

で F とB の対だけは両方 白鍵ですからになります。

次回はCメジャーのダイアトニックコードで、このF音とB音が同時に含まれる、コードを調べてみましょう。
区切り線
今回の内容は理論をまだ勉強していない人にとっては難解ですよね・・・
是非その時が来たら、いまいちど見直してください。

sax_border_line

メロディック・マイナースケールとジャズ(メロディック)マイナースケール

今日のレッスンで、マイナースケールの話になりました。
※以下、細かい説明省いてますので、中級者の方以上の内容になるかもです、すいません 🙁

マイナースケール(短音階)は
自然的短音階(ナチュラルマイナースケール)
和声的短音階(ハーモニックマイナースケール)
旋律的短音階(メロディックマイナースケール)
この3つが代表的ですが、jazz・ポヒュラーの演奏では、これ以外にもマイナー調時、使える音列が色々と出てきます。

区切り線
今回は
旋律的短音階(メロディックマイナースケール)にスポットをあてます。

まず調号の簡単なところで、Aメロディックマイナースケールはmelodic_jazz_minor
ご存じのとおり、上行と下降とでは赤色の部分の音が変わってきます。

要するに下降するときはAナチュラルマイナーにしないと、F#・G#のままでは
A Major的な「明るさ」が出てくるためなんですけど、
この上行と下降の使い分けが意外と面倒ですよね 😆
とはいえ、使い分けてる曲ってほとんど聞いたことないですけど・・。

で、ここで登場するのがジャズ(メロディック)マイナースケールです。
※以下ジャズマイナースケールと記します。
この扱いずらい下降時も、上行と同じにしてしまえ!!ってことです。
(すごい雑な説明ですけどね 笑)

さっき書いた
下降するときはAナチュラルマイナーにしないと、A Major的な明るさが
出てくるため】を
無視していいのか???? と疑問に思うと思いますが、
今は「気にせず吹けるようにしなっっ!!」です (笑)
jazz_minor
区切り線
聞こえ方のサンプルをアルトサックスで吹いてみました。
Am コードにおける(実音 Cmコード)それぞれの音列です。

旋律的短音階(メロディックマイナースケール)でのサンプル
melodic_play

「どん底の暗さ」とまではいきませんけど、結構な度合いで落ち込んでる気分ですよね 笑

感想には個人差があります。 😆  (W)
区切り線
ジャズマイナースケールでのサンプル
jazz_minor_play

「ずっとくよくよしててもアカンな・・」と落ち込んだ気分から、すこし前向きな気持ちが
芽生えようとしてません?? 笑

感想には個人差があります。 😆  (W)

区切り線

実際の曲中で、是非二つを使ってみて、自分なりに
音列の響きの「色合い」「景色」「広がり」の違い
感じてみてください。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

Major key Lick 1

さて今日は短いフレーズを練習しましょう。

まず題名にある「Lick」とは「即興演奏においてのフレーズの一節」の
ことを言います。

文章でいう「単語」みたいなものですね、Lickを沢山引き出しに入れることで
即興演奏時のフレーズが増えていきます。言葉を覚えて話ができるのと同じですね。
赤ちゃんが2.3歳までに単語を覚えて、徐々に喋れるようになる過程を想像してください。
皆さんのアドリブ練習も同じ過程を経て、カタコトから徐々に上達していきますから!!
区切り線
さて、今回とりあげるのは Major key Lick の一つです。
Major key Lick は簡単に言うと、Major key の調性部分で
そのkeyにあった Lickを使うことができます。

今回のフレーズも、基本は先日やったpentatonic scaleを基本として、半音階が入ることで
スリリングなフレーズです。

これは私の昔使ってた練習ノートに書かれてた一節なのですが、
たしかGrover Washington,Jr氏のソロ中の一節だったような・・・
すいません・・・わすれちゃいました、昔書いたときに誰のフレーズかちゃんと明記しておくべきでした  🙄

区切り線

lick1

ダウンロードはこちら
ダウンロード

■アルトサックスで演奏したサンプルです。

//sax-players.net/musicsheet/wp-content/uploads/2015/08/lick1.mp3

区切り線

lickの練習は、同じフレーズを全調に移調してそれをひたすら
練習していきます。根気いりますけど・・。
最終的に、譜面は見ないで吹けるようにします。

ただ、フレーズの構造をよく理解してから練習していくと効率が上がりますー
たとえば今回のフレーズは、そのキーの「ド」からフレーズが始まって
そこから半音階で「ミ」まであがって・・・みたいにフレーズをよく研究してから
トライしてみてください。

あと16分音符のところはジャズレガートを基本としたタンギング位置です。
タ タヤ タヤ タヤ    タヤ
区切り線

暑い日がつづいていますが、練習できるときに頑張りましょう!!

サックス教室 フイテマス 藤本匡光