◆◆ アドリブ理論等 ◆◆

広告
◆◆ アドリブ理論等 ◆◆

スケールの通り道-ホールトーンスケール(全音音階)

『ホールトーンスケール(全音音階)』の作り方を説明しまみますね 各種スケールにはそれぞれ特色がありますが、すでにホールトーンスケールを勉強した人は知っているように、ホールトーンスケールの構成音グループは2系統しかありません。
◆◆ アドリブ理論等 ◆◆

一心不乱・悩みも忘れられる!! かも…な吹きまくり練習

うちのレッスンでアドリブ初心者の少し音階に慣れてきた人にやってもらう『強制的没入練習』なんですけど、まあ正直、最初はなんやスケール気になってしもて没入できませんし、ループ音源ようわからんようになって
サックス・アドリブの基礎

結構間違えて覚えてました(^^;

今から25年ほど前に、どうしてもコピーしたかった曲がありました。 私と同世代か、それより年上のサックス吹きなら、一度は吹いたとこある曲 David Sanborn "Run for Cover" 当時
◆◆ アドリブ理論等 ◆◆

jazz etude

jazzサックス向けのetudeや教本は沢山出てますよね、代表的なものとしてはJamey Aebersoldのシリーズです。 ちなみにAPPLE MUSICでJamey Aebersoldと検索すると
サックス・アドリブの基礎

コード進行のグループ化

本日のサックスレッスンでは、アドリブ基礎練2-5-1の決まったモチーフ(フレーズ・リック)をあてはめる練習をしたんですが曲における、コード進行は部分によって転調したり、セカンダリーや同主調借用が挿入
サックス・アドリブの基礎

「4度圏」が生み出す模様

「4度圏」(circle of 4th) は、以前に何度も触れてきましたが、今回は4度圏上に「模様」を描いてみます。 理論を勉強したり、スケールやコードの構成音を視覚化できます。 描いてみると、この4
サックス・アドリブの基礎

あると便利な「くるくる circle of 4th」

色々と役立つcircle of 4thの表ですが、今ではスマホのアプリもありますし 紙媒体は必要ないと思うかもしれませんが、理論の勉強や、コード解析やら とにかく手元にあれば重宝します。 今回はレッ
サックス・アドリブの基礎

ドミナント その2

昨日のドミナント その1につづいてのお話です。 Cメジャーのダイアトニックコードで、シとファを同時にもつ和音を調べてみましょうー となりまして、G7 とBm7b5が増四度の関係性を
サックス・アドリブの基礎

ドミナント その1

先日メジャー・ダイアトニックコードにおける「機能」の話を レッスンしてた時に、生徒さんから の 「G7」   と   の 「Bm7b5」 は どちらも機能はドミナント【D】なのに、なぜ「Bm7b5」は
サックス・アドリブの基礎

メロディック・マイナースケールとジャズ(メロディック)マイナースケール

今日のレッスンで、マイナースケールの話になりました。 ※以下、細かい説明省いてますので、中級者の方以上の内容になるかもです、すいません :-( マイナースケール(短音階)は ■自然的短音階(ナチュラ
サックス・アドリブの基礎

Major key Lick 1

さて今日は短いフレーズを練習しましょう。 まず題名にある「Lick」とは「即興演奏においてのフレーズの一節」のことを言います。 文章でいう「単語」みたいなものですね、Lickを沢山引き出
サックス・アドリブの基礎

とにかくPentatonic scaleは吹けるようにしときっっっ!!!

さて今日はPentatonic scaleについてです。 Pentatonic scaleは非常に使いやすくて・便利で・覚えやすくて さらに使い方次第ではとても「サックスらしく」聞こえます。 Cメ
コードネームを理解しよう!

コードネーム 理解への道 目次

コードネームを理解しよう!

コードネームの理解への道 6 実践編3

ここまでコードの基本構造を勉強してたきましたが きっとまだ頭の中は グレーー な感じだと思います。 沢山のコードの構成音を実際に自分で解いてみて、経験を積むことで理解が深まりますし、もっと頭の中はす
コードネームを理解しよう!

コードネームの理解への道 8 実践編5

さて今回は今まで出てきたコードネームの音を聞いてみましょう。響き を知ることはコードの理解に不可欠ですから、それぞれのコードの響きを体感して 自分なりでいいのでイメージを持ってください!
コードネームを理解しよう!

コードネームの理解への道 7 実践編4

コードネームの理解への道 7 実践編4
コードネームを理解しよう!

コードネームの理解への道 4 実践編 1

前回お話したコードネームの理解への道 3 表記法則 を もういちど見てください。 その1   3度 と 5度 と 9.11.13(テンション) その2 7度については まとめると 表記はこのよう
コードネームを理解しよう!

コードネームの理解への道 3 表記法則

今回は表記法則をお話します。 (コード表記はそれを解く方法論を身に付ける必要があります。サックスは単音楽器ですから、異なった4音を同時に鳴らすことはできませんが、分散和音 という形で、連続して構成音を
コードネームを理解しよう!

コードネームの理解への道 2 コードとは

この章をお読みになるまえに今一度前章の コードネームの理解への道 1  音程と度数 を マスターしてください。これを曖昧なまま進めても すぐに頓挫してしまいますから、頑張ってください!! ではコード
コードネームを理解しよう!

コードネームの理解への道 1  音程と度数

コードネームには 例えば C7  Cm7  Cmaj7 など数字と略号が使われます。これは 音程 を学ぶ事で理解できてきます。そもそも 音程 とは? これは以前にもお話しましたが → コチラある音 と
コードネームを理解しよう!

音名とは

音名というのは ドレミ とか CDE とそれぞれの音の呼び方の事なんですが、音名は各言語によって違ってきます。 ここでは代表的な 英音名 ドイツ音名 日本音名 イタリア音名 を紹介します。 英
サックス・アドリブの基礎

メジャースケールの練習

サックスの音階(スケール)でいちばん基礎でも有り重要なメジャースケールの効率的練習方法を解説しています。
◆◆ アドリブ理論等 ◆◆

コード理論とアドリブの入り口

アドリブの練習を始めるにあたって、最低限必要な知識・練習を紹介しています。
トップへ戻る
テキストのコピーはできません悪しからず・・
タイトルとURLをコピーしました