サックス教室 音楽理論

コードネームの理解への道 8 実践編5

さて今回は今まで出てきたコードネームの音を聞いてみましょう。響き を知ることはコードの理解に不可欠ですから、それぞれのコードの響きを体感して 自分なりでいいのでイメージを持ってください!
border

CMAJOR

border

C_02

border
C_03

border
C_04

border
C_05

border
C_06

border
C_07

border
C_08

border
C_09

border

同じルートでも重なる音によってこれだけ多種多様な響きが得られます。

まだここに出てないコードも勿論あります。

border

 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

お気軽にコメントをどうぞ!!