ソプラニーノリガチャー アホ実験

サックスはリガチャーの変更で音色は変化するか

最近は、本番でも実践投入しているソプラニーノサックス、わりと周りの評判は上々で安堵していますが、アルト・テナー・ソプラノに比べて、リガチャーの影響がとてもシビアだということに気付き始めた今日この頃(^^;
まぁ、このソプラニーノサックス、購入後、何だかんだ部品交換したり、調整したり、改造したりで、手がかかりましたけどね(^^;

んで、次の段階として、時間を作ってはアホな実験を繰り返しているわけです 😆
なんせ、ソプラニーノサックス用のリガチャー自体の販売数も少ないので、結局、有りものの改造か、テキトウなものwを使って実験してるのですが・・

教室 区切り線
マイクはSM58を適当に立てて、ベルをマイク直撃で録音。
マウスピースは最初から付いてたのを削ったりゴニョゴニョ改造したやつ
リードはファイブラセル ソプラノサックス用4番で代用
教室 区切り線
①付属してきたリガチャー

下ネジ一本止めのオーソドックスなタイプ

教室 区切り線
②ブルズアイ ルーク改
ソプラノ用の内側に牛革を足して、径を調整

巻き系 わりと抵抗感あり

教室 区切り線
③輪ゴム w

ほんと留めてるだけで、抵抗感ほぼ無し、あれ・・・結構良いかも・・でも、見た目貧乏くさいのと、リードが動くw

教室 区切り線
③ハリガネ

100均の園芸コーナーとかにある、太目のアルミ製
これはこれで有りやねぇ・・似たリガチャーも売ってるしね。

教室 区切り線
ここまで極端にリガチャーで音質が変わることは、アルト・テナー・ソプラノではあまり起こらないんですけどね(^^;

やってみてわかったことは、個人的にソプラニーノのリガチャーは、あまりリードを押さえ過ぎないタイプ(③④系  😆 )で、リガチャー自体の抵抗感があまり無いものが良い気がする。既製メーカーだと、ハリソンみたいな、”点留め”系ですかね、でもハリソンのソプラニーノ用はたぶん無いだろうし・・・。
“ハリガネ”を綺麗に形成・・・・オシャレな色付き輪ゴムにする・・・いやいやいやいや・・カッコ悪いよね・・ww

現実的には①のリードとの接点部分を改造する方向が良いかもしれませんわ。

ふぅ・・・もうすこし悩んでみます 😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

 

コメント