silver

最近アルトはずっとselmer SA80-Ⅱを使っていますが、派手なシルバープレートの新入りです。

てか、よくよく考えてみるとシルバープレートは今まで一度も買っていませんでした 😛

今までアルト遍歴は、カイルのブラックニッケル以外は全部管体はラッカーでした
Selmer mark7 (フラセル)
Selmerr SA80-Ⅱ (現在メインで使っているやつ)
Selmer mark6 (アメセル)
Selmer mark7 (アメセル)
Selmer mark6 (アメセル)
カイルベルス(BN)
Selmer リファレンス
YAMAHA 82Z
Selmer SA80-Ⅱ

ちなみに、アメセルばっかり買ってた時期は、もう20年以上前です 笑
当時はアメセルでもアルトは60万円前後で取引されていたので、昨今のような目の飛び出る金額ではなかったのです 😆
某専門店でデビットサンボーン氏が実際に使った楽器でも58万円で売りにでてたりね、消費税も3%の時代です。売るときにも金額が目減りしなかったので、転がしてました 笑
でも結局今もメインなのは初期に買ったSA80-Ⅱてのが、なんとも皮肉な結果ですよね w このSA80-Ⅱは発売直後日本輸入第一弾の楽器なんですよ とよく分からん自慢もしておきます 😆

んで今回のシルバープレートはキャンノンボール 😆  縁あってうちにやってきました。このモデルはキャンノンボールの中で最高級ラインではないんですけどね、現在使っているマウスピースとの相性がいい感じなんです。
「まぁ、SAXは高けりゃ良いってもんでもないからねぇ」とアメセル買ってた時期の自分に言ってやりたいです www

このサックスはいわゆる「今風」な鳴り方をするんですけど、音程とか音量のコントロールはやりやすいですね、スムースジャズなんか吹くと気持ちいいです 😛

タンポもメタルリゾネータータンポ・バネ等も質の良いものを使っているようですね。
シルバープレートはラッカーよりもダーク寄りになる傾向がありますけど、僕の今のマウスピースがハイバッフル系なので、ほどよく中和されて丁度いい感じではあります。

まあボチボチ育ててみますかね、楽しいもんです 😆

 

お気軽にコメントをどうぞ!!