自分の楽器のシリアルナンバーしってます?

昨日ようやく逮捕されましたが、ミュージシャン界隈では問題になってたベース専門店の店長(経営者)が、顧客から預かった楽器を質入れ換金したとして逮捕されました。

実のところ、これまでも似たようなケースが、楽器修理店でもおきていまして、詳しくは書きませんけど、管楽器修理工房でも全く同じような状況で、店主が逃げたままのケースがあります。

ックスが盗難に遭いやすいケースとしては

■車に乗せたままでの車上あらしで
■部活動・サークルの保管庫や、練習時に少し目を離した隙に
■ライブハウスなどの楽屋

幸にもサックスが盗難された場合
■警察に盗難届・遺失物届 ← 多分サックスくらいだと捜査はしてくれないんですけどね・・。届け出には、最低でもシリアルナンバー記録が無いと、どうすることもできません、出来れば購入記録・保証書などの証明書は必要となりますね。
■サックス関係販売店・質店の協会団体に盗難の旨連絡 シリアル番号などを伝えて、気を付けてもらうようにお願いしてみる
■SNSで拡散する・してもらう
■オークション・フリマ系サイトの監視
とかですかね・・

仮に、オークションなどに出品されてて、既に落札されてしまった場合、盗品だとしらずに落札した方は ”善意の購入者” ですから、2年以内なら「その楽器、実は盗難に遭った私の楽器です」と善意の購入者に返還請求も出来るそうですが、善意の購入者が支払った落札代金分は、支払うことになります。

分のサックスだと証明するには
■自分の楽器のシリアルナンバーは控えておく
■購入時の保証書などをケースに入れたままにせず別保管
■購入店に購入記録があれば写しをもらう

■サックスの写真を詳細に撮っておく

盗難じゃなくても、電車の棚網に置き忘れて・・とか、よく聞く話ではあります、電車に忘れた場合は駅員さんに相談、各路線の遺失物保管所に連絡。

実は私も、以前一度だけ電車に忘れてしまったことがあります(^^;
楽器3本持って電車に乗って、1本は網棚に・・・降りた時は2本・・・幸いその時はすぐに気付いて、駅員さんが数駅先の駅員さんに、乗っていた車両の網棚確認を手配をしていただいて、すぐに見つかりました、ラッキーでした(^^;

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

お気軽にコメントをどうぞ!!