「譜面は読めたほうが幸せ!!」でしょ? その①

僕もサックスレッスンのFAQでは
「譜面は読めなくても大丈夫です!!」と書いてますけど、サックスを始めた当初は譜面は読めなくて当たり前ですからね 😉
残念ながら、中学までの音楽の授業では、譜面を読めるようになりません。
それは授業が悪いわけではなくて「譜面を読みたい!!」という、本人の意思がなかったと思うので
読む練習をしなかっただけですね。と言っている、私もそうでしたけど 😆

さて、サックスを始めた方は、すでに「譜面を読みたい!!」という意思が芽生えてるのではないでしょうか。
でしたら、読む練習をすれば大丈夫です。
教室 区切り線
さっそく、【譜面を読めたら幸せ計画】にうつりましょう 😆

今からでてくる譜面は、すべて4拍子の 1拍分で収めるリズムです。ほとんどのサックスの譜面は、以下のリズムの組み合わせです。ですから、今回は以下のリズムを「歌える」ようにしていきましょう!!

以下の譜面では、音程は ラ になってますけど、今回はリズムを読めればいいので気にしないでください。
下の8個のリズムが読めれば、譜面の殆どのリズムは読めます!!

教室 区切り線
①  
4分      「タ~ン」 と歌いましょうかね
教室 区切り線
②  8分      タン タン
教室 区切り線
③  16分-1   タン タタ」
教室 区切り線
④  16分-2   「タタ タン
  ※③の逆ね
教室 区切り線
⑤  跳ね    「タッッカ」 馬が走るリズム「パッカ」と同じリズムね
教室 区切り線
⑥  逆跳ね    「タ タ~ン  ※⑤の逆ね
 「キャシャーーン」みたいな・・わかる人だけでいいです 😆 
教室 区切り線
⑦  16分-3   「タ タン タ」
教室 区切り線
⑧  8分3連    「タ  タ  タ」 ※3連符は走りやすいので「こたつ」とか3文字の言葉をあてはめて、スピード感をつかんでください!!
教室 区切り線
それでは、実際に上の歌い方で下の譜面をみて声をだして練習してください。
教室 区切り線
① 「タ~ン」
練習1

教室 区切り線
② 「タン タン」 

練習2

教室 区切り線
③ 「タン タタ」
練習3

教室 区切り線
④ 「タタ タン」
練習

教室 区切り線
⑤ 「タッッカ」 or 「パッッカ」
練習4

教室 区切り線
⑥ 「タ タ~ン」 or  「キャシャ~ン」 😆 練習9-1

教室 区切り線
⑦ 「タ タン タ」
練習5

教室 区切り線
⑧ 「タ タ タ」 or 「こたつ」 or 「コネコ」 or 「オカネ」・・・ 😆 
練習7

教室 区切り線
では、全部並べて

まずは 「歌詞」つき
サックス教室 譜面の読み方

教室 区切り線
次は自分で歌詞をつけて歌いながら
サックス教室 譜面の読み方

教室 区切り線

次回は休符の入ったパターンを練習してみましょう 😎
教室 区切り線2
サックス教室 東京 池袋 サックスバナー 「譜面は読めたほうが幸せ!!」でしょ? サックス教室 東京 池袋 サックスバナー

その①
その②
その③
その④
その⑤
その⑥
教室 区切り線2

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

お気軽にコメントをどうぞ!!