結構間違えて覚えてました(^^;

今から25年ほど前に、どうしてもコピーしたかった曲がありました。
私と同世代か、それより年上のサックス吹きなら、一度は吹いたとこある曲
David sanborn ”Run for Cover”
当時、
サックスが入るバンドに行くと、だいたいベーシストがこの曲やりたいんだよね~~!!と提案されてました(^^;

CDバージョンの演奏のコピー譜は発売されてましたが、やりたいのは以下のライブ演奏版のソロだったんですよね。

当時発売されていたVHSのビデオを回しながら、なんども聞いて耳コピしました、残念ながら譜面はもう手元にないのですが、何回も何回も練習したので、当時は、耳コピ譜は覚えてしまってました。

ところがですよ・・・・最近、生徒さんが、これコピーしたいということで、久々に、よくよくライブ版音源聞いてみると、自分の覚えてる音使いが違うところが多々ある・・・・吹いてるうちに変化したのか、そもそも耳コピした時に、違う音を譜面に書いてたのか・・。多分後者だと思いますが(^^;

25年ぶりに、再採譜してみようと、気持ちも新たに耳コピし採譜しました。ちなみに、このライブ音源はメチャクチャ有名なのですが、サックスソロのコピー譜面は見たことないんですよね・・・。

結果的に言うと、自分が覚えてたのと、結構な勢いで違ってましたwwwww
当面、自己満練習メニュー入りにします 😆

 

※諸事情により、譜面は配布・公開できません・・すみません。
皆さんも頑張って採譜してみてください。

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

手癖での間違い

サックスやエアロフォンでもそうですけど、手癖で音を間違う現象ってありますよね。

簡単に言うと、ファが出てくると、なんだかすぐファ#の指で吹いてしまうとかね 😛
そういう時、吹いてる本人は「意図的に間違った音に行きたい訳ちゃうんです・・か・・勝手に・・指が・・・」ってなってますよね 😉

レッスンでもそういう症状の人がよく出現しますが、そういう時は、ちょっとしんどいですが、こういうのやってみてください。

これは、羅列された音符はメロディーもスケールもへったくれもあったものでは無いですよ 😆

メトロノームに合わせて任意のテンポでサックス・エアロフォンやってみてください。

PDFもダウンロードできるようにしておきます → 

サックス教室 フイテマス 藤本匡光 エアロフォン

 

1時間のデイリートレーニングメニュー

いわゆるデイリートレーニングと呼ばれる練習メニューは人それぞれだと思いますが、例えば”1時間分のメニュー”と考えると、ご自身の内容はどうでしょう?

「1時間の練習だと何をすれば??」と質問を受けることも多いのですけど、例えば1時間しかできないのであれば”1時間で出来ることを増やすために1時間練習する“という禅問答みたいな答えになりますかね 😆

ある練習、例えばメジャースケールでもいいですけど、初期段階は1時間で出来るのはたかが知れています。
全調を譜面を見ずに制覇するのに何週間・何か月もかかるでしょう。でもそれを積み重ねていくと、1時間で全調できるようになり、30分でできるようになり、15分で・・・と続けていけば、例えば♩=120で、このバターンで八分音符で吹くと、1時間のうち48秒でメジャースケールを単純に全調吹く練習が完了します。そしたら、あと59分12秒他の事を練習できます。
で、59分12秒で出来ることを増やすために、上記の繰り返しですね。
1時間 と言わずに 2時間 に出来る日があれば、倍以上の効果的な練習ができますよね。

色々な事を取り込もうとし過ぎて、なにを練習したのか分からなくなるよりは、ターゲットを絞ったトレーニングをコツコツやって処理速度を上げ、余裕が出て来たらそれに+別メニューを・・とやっていく方が達成感もあるとは思います。

practice僕自身も毎日最初30分にやるメニューはルーチンメニューです。
でも、その30分のメニューも、初期段階ではメチャメチャ時間がかかっていたことです。

自身のルーチンメニューを作って、練習できるときは、まずそれを消化して「サックスやら頭やら指やらを温めてから」練習に入れるようにするといいかもです。
ですから、まずはあなた専用のルーチンメニューを作るために日々練習してみてください。

なお、”ロングトーン”はテンポあげて時間短縮に命をかけないでくださいね 😆

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

jazz etude

jazzサックス向けのetudeや教本は沢山出てますよね、代表的なものとしてはJamey Aebersoldのシリーズです。
ちなみにAPPLE MUSICでJamey Aebersoldと検索すると、沢山バッキングトラックが出てきます。
まあ、音源だけ買うより本も一緒に買った方がいいですけどね。

ほかに個人的にお勧めなのは、世界的サックス奏者Bob Mintzer氏が出しているシリーズです。
Mintzer氏はJAZZ教育にも力を注いでおられ、自身が書き下ろした曲を中心に教則本を出版されています。
昔手に入れようとしたときは、渋谷のヤマハで取寄せをお願いして・・結構高かった・・のですが、いまはアマゾンでも買うことが出来ます 😮
このシリーズではMintzer氏の模範演奏を聞けるだけでも値段分の価値がありますし、とにかく”こびない演奏”をしておられます。教則本だと、どうしてもその方の個性を消した感じで粛々と吹いているものも多いのですが、このシリーズはMintzer氏の魅力を余すところなく感じることができます。

初級者~ には ”15  Easy jazz  Blues Funk“(リンクはBb用です) がお勧めですね
mintzer1

中級者~     には “14 Jazz & Funk Etudes”(リンクはEb用です)とか良いと思いますが、こちらは結構な難易度です。
mintzer2

ほかにも数シリーズありますので、ネットで検索してみてください。

最近では、BAND IN A BOX など、pcやスマホでバッキングしてくれるソフトが便利でいいですけど、やっぱのジェイミーやBob Mintzer氏の教本付属のCDに入っているPlay-Along(バッキング演奏)は、一流のミュージシャンが実際に演奏しているものに合わせて吹けるので、とても勉強になります:-P

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

「譜面は読めたほうが幸せ!!」でしょ? その⑥

さて、今回はすこし難しいですが、是非挑戦してみてください 😉
教室 区切り線
今回題材として取り上げるのは、クラシックの有名曲 ラヴェル 「ボレロ」 です。
この曲には中間部でテナーサックスとソプラノサックスのソロが入りますが、サックスの吹く短調の主題のリズムを把握してみましょう。

今回はリズム譜を書くというよりは、音を聞きながら譜面を見て、「こう表記するんだ」としっかり譜面をロストしないように目で追ってください。

僕も昔、譜面を読む練習を始めたころに、このボレロの譜面を何回も見ながら、「こう書いてあるときは、こう吹くのか」と、視覚からリズムを覚える練習をしたので、紹介してみます。
教室 区切り線
まず、「ボレロ」のリズムですが、曲を通してこのリズムが繰り返されます。

※ tempo =65 で作ってます。

ある年代以上の方は、「水戸黄門」のテーマのリズムとして認識されますかね 😆

「ボレロ」は3拍子でして、このリズムを譜面にすると
ボレロリズム
 タン タタタ タン タタタ タンタン タン タタタ タン タタタ タタタ タタタ 

この2小節をずーーっと繰り返します。
これまで見て来たリズムパターンには無いですよね・・でも、まあ、こう書くんだ と思ってください 😉
※3拍子は  を描くように指揮を振るイメージです。

■先ほどのリズムに拍のカウントを入れてみると、こうなります

教室 区切り線
■次に、サックス以外のカラオケも聞いてみましょう。上で聞いてリズムに注意しながら拍をとってみてください。
メトロノームカウントは入れてあります。


リズムがとれるようになったら、次にメトロノームカウント無しバージョンで拍をとってみましょう。
弦楽器が拍を刻んでることに気づきましたよね。

教室 区切り線
では、本題!!
上でリズム(拍)をとれるようにしてもらったのは、拍がわからないと譜面も読めませんからね。

それでは、ボレロのサックスソロ部分の譜面を見てみましょう。

ボレロ

教室 区切り線
■サンプル演奏はソプラノサックスで録音してみました。

拍をとりながら譜面を追う練習を何度も繰り返し行ってください。
繰り返しているうちに、視覚からの情報でリズムが理解できてきます ← うまく言えませんけど 😆

 


教室 区切り線

どうでしたか、ちょっとまだ難しいかったしれませんが、譜面を読もうとする姿勢が一番大事です 😉
よく言われる事ですが、譜面は世界の共通語です!! 耳で覚えてサックスで吹いてた曲も、いまいちど譜面を見て、リズムを意識しながら吹いてみてください。
2か月もすれば譜面が読めるようになってますから 😎

 

教室 区切り線2
サックス教室 東京 池袋 サックスバナー 「譜面は読めたほうが幸せ!!」でしょ? サックス教室 東京 池袋 サックスバナー

その①
その②
その③
その④
その⑤
その⑥
教室 区切り線2

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

「譜面は読めたほうが幸せ!!」でしょ? その⑤

さて、今回は実際の曲のリズムを書いて読んでみましょう。

教室 区切り線
題材は、わりとみんな知っているであろう「コナン」でやってみましょうかね。


出だしのAメロをリズム譜にしてみましょう。0:14~0:30 の範囲になります。
出来れば一度、自分でリズム譜を書いてみてください。
リズム譜はドとかレとか音の高さは書かなくていいので、出だしの
「 タタ|ターン|ターーン| 」 を譜面にしてみるわけです。 ※  | “ は拍を区切っています。

8分 | サックス教室 譜面の読み方 | 1208-4

譜面を読むための最大の近道は「書いてみる」ですから、間違えてもいいので是非五線紙にリズム譜を書いてみてください。
教室 区切り線
時間がかかってもいいので、リズムを譜面に書いてみましょう!!
■この曲の拍子は 4/4 です。

■出だしの 「タタ」 は 4拍目からメロディーが始まっています。
サックス教室 譜面の読み方
教室 区切り線
ちゃんと書いてみましたか??

書いてみたら以下を読んでください。
ほんと、ここでリズム譜を書いてみることは、めちゃくちゃ重要な作業ですからね。
ここを疎かにすると、譜面を読めるようになる学習が遠回りになります 😈教室 区切り線
では、まず、指定部分のリズムを聞いてみましょう
リズムを聞いてみて、再度自分の書いたリズム譜を確認してみてくださいね。


拍数を入れたもの

教室 区切り線
では、リズム譜を見てみましょう
サックス教室 譜面の読み方

このようになります。
休み16 は その② で書いたように、サックス教室 譜面の読み方 の先頭の八分音符が休符になっている記譜なので
ウンタタ」 と読んでみてください。

1208-4 これは 二分音符 です、4拍子では二拍分のばします。

1208-5 これは、付点二分音符 といいます、3拍分のばします。
付点 というのは、音符の頭右側に 点が付いてる事 を差しますが、この点がつくことで、つけられた音符の長さが1.5倍になります。

教室 区切り線

付点といえばその①にもでてきた跳ねこれも 最初の八分音符に点が付いていますよね、
付点八分音符 と 16分音符 が連なっていることになります。
まぁ、しかし、「タッッカ」というリズムで覚えていると思うので、1.5倍とかややこしい事は考えなくていいですよ 😆
教室 区切り線
今回やったように、例えば今自身で練習している曲のリズム譜を書いてみる、そして、自分の書いたリズム譜を読んでみる、読んでリズムを叩いてみて、その曲になっていれば正解ですから、いろんな曲にチャレンジしてみてください。

次回は、クラシック曲に入っているサックスソロを題材に、譜面を眺めて把握してみましょう。
教室 区切り線2

サックス教室 東京 池袋 サックスバナー 「譜面は読めたほうが幸せ!!」でしょ? サックス教室 東京 池袋 サックスバナー

その①
その②
その③
その④
その⑤
その⑥
教室 区切り線2

サックス教室 フイテマス 藤本匡光

 

「譜面は読めたほうが幸せ!!」でしょ? その④

さて、今回はタイを交えた基礎を練習してみましょう。
今までのところが出来た人でも、タイが入ってくると急にできなくなるってことはよくあります。

基本的に「一拍づつ処理していく」感覚を大事にして練習してみてください。

教室 区切り線
題材とする基本形は、前回やったこれにします
サックス教室 譜面の読み方

これの各部分にタイ挿入していきますよ、この基本形を
|タンタン|タンタン| タ ン | タ ン|
と、一拍づつに当てはめるようにして体に入れてから以下練習を進めてみてください 😉

教室 区切り線

譜面の読み方実践1206_1

 

教室 区切り線

譜面の読み方実践1206_2

 

教室 区切り線

譜面の読み方実践1206_3

 

教室 区切り線

譜面の読み方実践1206_4

 

教室 区切り線

譜面の読み方実践1206_5

教室 区切り線

どうですかー タイが入るといきなり難しくなりますよね・・
逆に、実際の曲では一旦「タイ」がない状態の、基本形を考えてリズムを理解する という、帰納的なとらえ方も必要になってきます。

これも慣れですけどね。

尚、今回は基本譜面にタイを付けていきましたので、記譜法的には別の書き方をする部分もありますが、今は気にしないでください 😆
例)

サックス教室 譜面の読み方

 

次回は、もうすこし踏み込んだ練習をしましょう!!
教室 区切り線2
サックス教室 東京 池袋 サックスバナー 「譜面は読めたほうが幸せ!!」でしょ? サックス教室 東京 池袋 サックスバナー

その①
その②
その③
その④
その⑤
その⑥
教室 区切り線2

サックス教室 フイテマス 藤本匡光